辛夷清肺湯 (しんいせいはいとう)は頑固な慢性鼻炎、蓄膿症、鼻茸(はなたけ)、嗅覚障害などに良い。

   

680

【処方解説:辛夷清肺湯 (しんいせいはいとう)】

繁用処方として著名です。もともとは慢性鼻炎、蓄膿傾向のある方々の漢方として著名です。
アレルギー性鼻炎の季節においても、症状の酷い方(特に鼻閉)にも適応いたします。

辛夷清肺湯 (しんいせいはいとう)は鼻炎の症状が進行し、鼻茸(はなたけ)、嗅覚障害などに良いとされる方剤です。

また、処方名の「清肺湯」の通り、潤肺止咳薬が配合されているので、肺熱(咳嗽、痰が黄色い、あるいは痰が少ないなど)・肺燥にも用いられ、その適応範囲が実に広い優秀処方です。

【用い方】

慢性の副鼻腔炎には個々の証により差異はありますが、一般的には葛根湯加川弓辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)が第一選択とも言われています。

当店では当処方(葛根湯加川弓辛夷)を原典とする漢方製剤「鼻優S」びゆうが非常によくご注文を頂き、現在もなお全国からお問合せを頂いております。

「鼻優S」大草薬品

平素は当店においで頂き感謝申し上げます。例年の花粉症、アレルギー性鼻炎の時期の件ですが、春は3月~4月、そして秋は9月~10月と概ね決まっていましたが・・・・。近年になりその様相に微妙ですが変化があるようです。何でも「地球温暖化現象」に結び

ところが・・生来は「蓄膿症」又はその傾向のある方。
特徴としては乾燥傾向なので鼻水はなく(あっても膿性鼻汁)、嗅覚障害などを伴う方。
さらに眉間周囲に熱感を帯び、熱証が強く疼痛が治まらない方がいらっしゃいます。

このケースではさすがに上記の「鼻優S」ではなかなか効果がでませんので、当処方「辛夷清肺湯 (しんいせいはいとう)」をご紹介しております。

さらに、単独で無効の方には、小柴胡湯(しょうさいことう)を合方するケースもあります。

いずれにしても、「辛夷清肺湯 (しんいせいはいとう)」は頑固な慢性鼻炎、蓄膿症の特効漢方といえましょう。

さて、辛夷清肺湯 (しんいせいはいとう)の詳細につきましては、以下で特集ページを開設しております。

ぜひご覧下さい。

小太郎漢方 辛夷清肺湯エキス細粒G「コタロー」・鼻づまり・慢性鼻炎・蓄膿症(副鼻腔炎)に 「辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)」...
スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク