玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

新たなる選択肢?!ウチダの雲南貴精(粉末状)300gバラ (特別バージョン)への人気

   
スポンサーリンク

unnan100

unnan101 unnan102 unnan103

新たなる選択肢?!ウチダの雲南貴精(粉末状)300gバラ (特別バージョン)への人気

 

ウチダの雲南貴精540粒を手がけて20年以上を経過し、数多くのお客様からの支持を得ていますが、ここへ来てちょっと気になる現象が起きています。

ウチダの雲南貴精(うんなんきせい)センター直送まホットな製品をお送りします。
雲南貴精(粉末状)300gバラ (特別バージョン)
1日摂取の目安は6グラム。粒と比較するとずっと経済的。好みで匙増減できる。粉のご要望は以前から、多数のお客様からお問い合わせ頂いておりました。より本格派、よりこだわり派、より雲南貴精を愛されるお客様へご提供申し上げます。

 

錠剤タイプ(粒状)の需要が少しずつ減り、逆に粉末タイプ(粉末状)300gバラがここ近年、大幅に伸びています。過日は、おなじみの漢方相談のお客様が「錠剤タイプの雲南貴精ですが、今度は粉末状を飲んでみたいです・・・。」とのお申し入れが連続でありました。

慌てて、「雲南貴精(粉末状)300gバラ」をウチダセンターへ発注するシーンが増えてきたと感じております。

お客様に伺ってみると、どうもその原因はランダムに発行している「プロたんメルマ」からも由来するようですね。(笑)

その記事は・・・。

「雲南貴精(粉末状)300gバラ (特別バージョン)」

 

スペシャルバージョンとして、雲南貴精の粉末状300gもご用意しております。
1日摂取の目安は6グラム。粒と比較するとずっと経済的。好みで匙増減できる。
粉のご要望は以前から、多数のお客様からお問い合わせ頂いておりました。
より本格派、よりこだわり派、より雲南貴精を愛されるお客様へご提供申し上げます。

・・・と、いうことで。

結局、トータル的には毎年、少しずつですが雲南貴精のファンは増えつつありますが、最終的には錠剤タイプよりも粉末状300gの方が売れるようになるのかと考えたりしています。

 

たしかに、原末は非常に濃く飲みにくいため、枳穀抽出エキスを入れているのがミソでして。。本製品である「雲南貴精・粉末状」を水に溶かして飲むと、かなり「いける味」なんです。

1日摂取の目安は6グラム。粒と比較するとずっと経済的で、かつ好みで匙加減できるというのもマニアにはたまらない逸品かも知れませんね。

錠剤タイプの雲南貴精を飲まれるのは、もはや「素人の領域」とまでは言いませんが、漢方の鉄人の視野には既に「雲南貴精(粉末状)300gバラ」しか映らない模様の.昨今です。

名称:霊芝抽出エキス、田七人参末加工食品

原材料:霊芝抽出エキス、田七人参末、枳穀抽出エキス、バレイショデンプン、結晶セルロース

摂取の目安:1日6gを目安に水又はお湯でお召し上がりください。

保管及び取扱い上の注意:開封後はフタをしっかり閉め、直射日光や湿気の多いところを避け、冷暗所に保存してください。

販売元:株式会社 ウチダ和漢商事RT 東京都荒川区東日暮里 4丁目4-10

区分:健康食品

お客様へ 2018年12月より当製品の価格表示が定価表示となります。
当製品の価格表示はメーカー意向により2018年12月よりサイト上には定価表示とさせて頂きます。会員特割モードは、会員登録をされて、会員IDとパスワードにてログインをされてからご覧ください。なお、非登録会員様におかれましては、サイト表示の定価販売となります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。既存会員様は何もすることはございません。いつも通りログインをされて、いつもの会員価格をご確認の上、お求めください。

※会員価格は月毎に変更されます。ご購入時に必ずご確認ください。

非会員様からの「会員価格お問合せ電話」「会員価格お問合せメール」は一切お受けできません。

PCカート(パソコン)

kakakukakunin0
SPカート(スマホ)
kakakukakunin1

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
健康補助食品
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト