プロたん全サイト直近で一番アクセスの多かった特集記事を、ランキング順に掲載しました。お正月明けから腎臓仙(じんぞうせん)のご注文が全国からどっと寄せております。32包の2個セットをお求めになりますと、送料、手数料が無料となります。(但し、沖縄県・離島を除く)

銭(ぜに)払えば何でも買えるは大間違い。

   

銭(ぜに)払えば何でも買えるは大間違い。

当店会員様に関しては、私とは電話を通じて、コンタクトを何度も賜り、又は遠路からもご来訪も頂き、私の性分をよく熟知されていると思われる。
誤解を生じるといけないため、当初にお話しておくが、当店の会員様においては決してそのようなことは無いと断言できる。

ikari

しかしながら、最近の非会員様(ビジターお客様)について。

突然の電話又はご来店にて申し込まれる高額の漢方薬につき、当店スタッフで申し合わせている質問事項、つまりお薬の使用者ご本人とのいくつかの対話。最低でもこれをクリアしなければ、店頭販売はおろか郵送もできない事としている。

当質問内容には「個人情報が詐取されるから!????」という理由で一切お話してくれない方が多い。
さらに、「高い漢方を買ってあげるのだから、いちいち詮索されたくない。」と、怒鳴りだす始末。 いつどこで見たのか、大手企業の個人情報漏洩問題などを言われてくる。

それと、血圧が異常に高く、腎症も併発されている方に、濃い人参製剤などとうてい合わないものを多量にお求めを希望される方がいる。
時間をかけて説得するも、聞く耳もたずで、業を煮やして、挙句にレジ前カウンターに万札をずらり並べて・・早くしろと言わんばかりに。

この上は、他のお客様にも迷惑をかけるので、さすがに私も雷(かみなり)が落ち、早々にお引取り頂くことにしている。
ネットを介しての電話も全く同様である。

薬剤師として敢えて申せば、お薬を購入するには当人のためにも、飲み合わせなど、一定のルールを厳守するのが必定であり、それをよくよく熟知しているであろう傾向的には私と同じ「団塊世代」の方に多いのが残念だ。

一体全体、どういうことなのだろう。悟れとまでは言わないが、年齢相応の深みと重み、疾病に対しての真摯な態度をと、後輩らに教示する年代でもあるのに・・・・たく。
同じ世代の人間として実に恥ずかしく、嘆かわしい限りである。

電話でも内容をこちらが伺い、今は薬よりもまずは最寄の医療機関の受診を勧めると、怒りは冷めず「責任者を出せ!、責任者を!・・・」と意味のない言動を繰り返す。

今時の若い方のほうが余程しっかりしている。

銭(ぜに)払えば何でも買えるは大間違いである。。

スポンサーリンク

【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)


sajiclub2016

スポンサーリンク

栃本の3つの丸剤

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。