【緊急!】台風24号・25号の通過影響による九州方面への発送・配達について

やはり予想通り、この夏は廉価価格帯の南米産「牛黄カプセル」がダントツ!

   

0gou

やはり予想通り、この夏は廉価価格帯の南米産「牛黄カプセル」がダントツ!

薬剤師プロたん

酷い暑さです。
台風13号の進路影響もあって、今週はひょっとして40度超えも有りとのことです。
例年から察するに本格的な盛夏はこれからなのに・・・。異常ですね。

実は当店舗の裏庭に設置している温度計が40度を突破していました。驚きです。(正式発表では36度ぐらいかな・・)
さきほど13時30分に当店舗が位置する全域に高温注意報がメールにて通知されたようです。
皆様も体調に充分気をつけてください。

さて・・
商品管理担当の橋本からの連絡で、
7月1日から本日までの牛黄製剤の販売状況(もちろん当店のみの)データーを見た。

やはり当店においては、従来からの「牛黄カプセル(1位)」「牛龍黄(2位)」がダントツで上位である。
近年稀にみる高温注意報が続いている昨今、熱中症や脱水症状などのニュースの最中、店主としては気になるのは牛黄製剤の動きである。

当店へのメーカー意向としては、オーストラリア牛黄である「牛黄カプセル・極」や「ゴオウ カプセル オーストラリア産」へスイッチしたいところであるが、そうもいかないようである。(苦笑)
特に「牛黄カプセル・極」は、発売当初は多くの注文を頂いているが、7~8月現在では圧倒的に南米産「牛黄カプセル」が注文数もお問合せもトップだ。

その理由として、

 

■南米産「牛黄カプセル」の方がコスト的に非常に有利であること。

■私のサイトにおける記述で、「品質追求は牛黄カプセル・極」を推奨するが、効果は従来からの南米産「牛黄カプセル」で充分。・・・という私見。

あくまでも私見ということで記述したが、これに関する多くの「反論」は、お電話やメールで拝聴、拝読した次第。
ただ、小生私見に断じて変更はありません。

■実店舗における田中店長の説明。
メーカーサイドのビリルビン値比較データーは、南米産「牛黄カプセル」のお客様リピート率、現在までの効果実績を覆すものでもない。・・・という現場意見。
彼女の意見は「メーカーデーターはあくまでも物理的なデーターであり、要はお客様方からの効き目の意見を優先。」なのだそうで、いやはや。。

・・という以上3点の要因が今回の結果に繋がっていると思う。

ウチダ和漢薬担当者の情報としては「牛黄カプセル・極」の方が市場では売れているとのニュアンスもあったが、果たしてどうなのか?

いずれにしても、当店に関してはウチダ和漢薬の南米産「牛黄カプセル」の天下は当分続きそうだ。

また、今回2位に入っている「牛龍黄」であるが、これは暑さ寒さは関係なく、平素から免疫系への目的を有した固定客が大半を占め、本来ならばここ4年間連続1位の製剤である。
たまたま、猛暑続きの今回の夏期、「牛黄カプセル」に一時的に逆転された形となった。

重ねて申し上げると、年間トータルで言うと当店における牛黄製剤は複合剤である「牛龍黄(ごりゅうおう)ウチダ」が実質上1位独走である。

0goryu2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
第3類医薬品
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
腰痛・肩こり・背痛・睡眠負債に特許申請の次世代マットレス【ビブラート1】Vibrato1

日本人好み・日本人の体型に合った、やや硬めの高反発マットレス1層目【特許出願中】
直に体と接する面を波状にすることで、体圧をマットレス全体に分散。体型に合わせた変形で体への負担を軽減します。
2層目・3層目 快適な睡眠環境を重視し、しっかりと体の重さを支える150N・200N。(N[ニュートン]/硬さの単位)
老若男女、全ての人にフィット体重が軽い方から100kg超えの方まで柔軟に変化し、質の高い快適な睡眠が続きます。

プロたん漢方2・漢方総合公式サイト

本気の臭い対策特集

汗をあまりかかない季節になったとしても、自ら発する体臭や臭いはとても気になるものです。俗に加齢臭、わきが臭、ムレ臭、ニキビ臭とか言われているようですね。汗はアポクリン腺とエクリン腺の2種類の汗腺から分泌されます。特にアポクリン腺が出す分泌液と、皮脂腺から分泌される成分が混ざりあうと、菌が発酵・繁殖しニオイが発生します。日常のケアの一環として以下会社の製品をご紹介いたします。