7/11 先般の各地における水害の影響により、配達不能地域及び配達遅延が発生しています。

藤瘤(ふじこぶ)・菱実(りょうじつ)・訶子(かし)・よく苡仁(よくいにん)についての資料

スポンサーリンク
WTTC製剤「コイクシン」の入荷!
WTTC製剤「コイクシン」のお問い合わせを日々頂いております。 ・コイクシンは 一般的には費用的に有利な500g徳用ボトルをご家庭で使用し、併せて、外出先では60包、つまり分包タイプをタイムリーに服用できる形が便利かつ...

薬剤師プロたん

藤瘤(ふじこぶ)・菱実(りょうじつ)・訶子(かし)・よく苡仁(よくいにん)についてのご質問が非常に多く、以下、上記の薬草(又は生薬)の資料として掲載いたしました。

【以下 資料】


 

136927

藤瘤(ふじこぶ)

科名: マメ科
別名: ノダフジ
生薬名: トウリュウ(藤瘤)
原産: 日本

山野に自生するツル性落葉樹。ツルは右巻きで、5月から6月に蝶のような形の花がたくさん咲く。
民間では種子を緩下剤などに用いられてきた。
樹皮にできている瘤(こぶ)を用いる。イソフラボノイドに癌の抑制作用があると言われている。
学名: Wisteria floribunda DC.

hishi

菱実(りょうじつ) ヒシ(菱 Trapa japonica)はヒシ科の一年草の水草。池沼に生え、種子は食される。

晩秋になると堅い核果をつくる。この実は名のごとく菱形で、左右に二つ角状の突起をそなえている
局方・タンニン酸と一致する成分が含まれ抗トリプシン作用を示す。
菱の実 菱実(りょうじつ) 滋養強壮、止痛、解毒作用がある。
抗癌作用もあると言われ、胃癌、子宮癌、乳癌などに利用される。

生薬ラテン名 Trapae Fructus
生薬英名 Water Chestnut
科名 ヒシ科 Trapaceae
基原 ヒシ、ヒメビシ又はメビシ
薬用部位 果実
選品 未詳
主要成分 ステロール
臨床応用 解熱、健胃、滋養強壮薬、消化促進、駆虫、解毒、抗癌作用があるとして民間的に用いられる.
頻用疾患 消化不良、暑気あたり、下痢、発熱
※中国ではトウビシの果実を「菱角」と称し、生薬製剤の原料にされる。果実のでんぷんは食用または酒の醸造に用いる。

kashi

訶子(かし) 訶梨勒(かりろく)アユールヴェーダの重要薬草

産地:インド、ミャンマー原産
ミロバラン(シクンシ科の落葉樹)の果実
タンニンやエラグ酸などを含み、収れん止瀉(しゅうれんししゃ)作用がある。
鎮咳、収斂、抗菌などの作用があり、慢性腸炎などの下痢、慢生気管支炎などの咳などに用いられる

生薬ラテン名 Chebulae Fructus
生薬英名 Myrobalan Fruit
科名 シクンシ科 Combretaceae
基原 ミロバラン Terminalia chebula Retzius
薬用部位 成熟果実(核を取り除いた訶子肉は,タンニンの含量がやや多い)
選品 皮殻が黒くて,内部の実が多く,味の渋いものが良いとされる (NI).
主要成分 タンニン Tannins:
タンニン20~40%: Ellagic acid, Gallic acid, Luteolic acid, Chebulic acid
薬理作用 抗菌(煎液:ブドウ球菌,チフス菌)、抗ウイルス(エキス:単純ヘルペスウイルスなど)、抗HIV、抗動脈硬化、免疫調節作用.
臨床応用 収斂、止瀉,止血、鎮咳薬として、慢性喉頭炎、喉頭結核、腸出血、痔漏出血、子宮出血、慢性子宮炎、帯下、その他各種の痢疾に応用する。
頻用疾患 下痢、泥状水様便、脱肛下血、呼吸困難、咳嗽、失音、嗄声、不正性器出血、帯下、頻尿
含有方剤 響声破笛丸
帰経 肺・大腸
性 平
味 苦・酸
神農本草経
中医分類 固渋薬 (収渋薬)
薬能 渋腸斂肺,降火利咽.久瀉久痢,便血脱肛,肺虚喘咳,久嗽不止,咽痛音唖に用いる.

ypkuinin

よく苡仁(よくいにん)
ハトムギ(イネ科の一年草)の種子
イボ取りの薬草として有名

生薬別名 ハトムギ
生薬ラテン名 Coicis Semen
生薬英名 Coix Seed
科名 イネ科 Gramineae
基原 ハトムギ Coix lacryma-jobi Linné var. mayuen Stapf
薬用部位 成熟種子を乾燥させたもの。
選品 類白色で粒が大きく,虫害のない新鮮なものが良品
主要成分 脂質、多糖類、ステロール、アミノ酸、アルカロイド
Coixol
薬理作用 呼吸作用(小量;亢進,大量;麻痺)、肺血管拡張作用.
臨床応用 利尿、消炎、鎮痛、排膿薬として、浮腫,リウマチ、神経痛などの身体疼痛、化膿症などに応用する。
また民間では,イボ取りの薬として用い、滋養、強壮薬にも用いる。
頻用疾患 浮腫,、尿量減少、発熱、身体が重だるい、胸が苦しい、下痢、関節の腫脹・疼痛、しびれ、肺化膿症、虫垂炎、泥状水様便、帯下
帰経 脾・胃・肺
性 微寒
味 甘・淡
神農本草経 上品
中医分類 利水滲湿薬
薬能 健脾滲湿、除痺止瀉、清熱排膿、水腫、脚気、小便不利、湿痺拘攣、脾虚泄瀉、肺癰、腸癰、扁平疣に用いる。
薬徴 浮腫を主治する也。
備考 第十六改正日本薬局方収載品。

WTTC製剤「コイクシン」の入荷!
WTTC製剤「コイクシン」のお問い合わせを日々頂いております。 ・コイクシンは 一般的には費用的に有利な500g徳用ボトルをご家庭で使用し、併せて、外出先では60包、つまり分包タイプをタイムリーに服用できる形が便利かつ...
プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。


 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
特集記事
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018