プロたん全サイト直近で一番アクセスの多かった特集記事を、ランキング順に掲載しました。本年は花粉症の漢方へのお問い合わせが例年よりも倍増しており、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)、鼻優(びゆう)などが上位に入りました。

小太郎漢方 銀翹散(ぎんぎょうさん)のエキス細粒の製造中止

銀翹散エキス細粒G「コタロー」と、銀翹散エキス錠N「コタロー」

銀翹散エキス錠N「コタロー」が製造中止
小太郎漢方製薬の匙(さじ)倶楽部シリーズの銀翹散エキス錠N「コタロー」は5月18日現在、メーカー製造中止により、現段階では在庫はありません。6月上旬から新たに商品名を変更し、再出発をいたします。
なお、90包の細粒タイプもセンター在庫限りとして、在庫が終了次第、販売中止といたします。(在庫には限りがあります。ご注意ください。)
本年6月~7月にかけて、これら銀翹散の素材を用いた新商品が発売されます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

リニューアル発売されました。

冬だけではなく、時節の変わり目や、夏風邪などオールシーズンを通じて利用できる漢方薬として、 先にご紹介した小太郎漢方の「金羚感冒錠(きんれいかんぼうじょう)」または「エキス散」である「金羚感冒散(きんれいかんぼうさん)」を推奨するものです。
辛涼解表の薄荷(はっか)、淡豆鼓(たんずし)、牛蒡子(ごぼうし)と、金銀花(きんぎんか)、連翹(れんぎょう)で軽度に発汗すると同時に、消炎・抗菌作用によって炎症を抑制し、解熱させる。

gin02

薬剤師プロたん
GW(ゴールデンウィーク)直前に小太郎漢方から発売された銀翹散エキス細粒G「コタロー」と、銀翹散エキス錠N「コタロー」のご案内をさせて頂きます。

共に〔第2類医薬品〕です。

銀翹散につきましては、当店でも従来から松浦、八ツ目、ウチダとそれぞれ製剤名「銀翹解毒散」、「銀翹解毒丸」として皆様にもすっかりお馴染みになっていると思います。

ご存知の通り、近年の素材不足から供給品薄となり、悲しいかな現状の当店での取り扱いは松浦とウチダ(素材は松浦)の「銀翹解毒散エキス細粒」のみとなりました。

製品名も変更され、全面的にリニューアルされました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

冬だけではなく、時節の変わり目や、夏風邪などオールシーズンを通じて利用できる漢方薬として、 先にご紹介した小太郎漢方の「金羚感冒錠(きんれいかんぼうじょう)」または「エキス散」である「金羚感冒散(きんれいかんぼうさん)」を推奨するものです。
辛涼解表の薄荷(はっか)、淡豆鼓(たんずし)、牛蒡子(ごぼうし)と、金銀花(きんぎんか)、連翹(れんぎょう)で軽度に発汗すると同時に、消炎・抗菌作用によって炎症を抑制し、解熱させる。

【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)


sajiclub2016

スポンサーリンク

栃本の3つの丸剤

スポンサーリンク