プロたん会員になると、会員価格でお買い物。会員特割特典!会員登録はこちらから・・・。
年末年始休暇に伴う発送停止のお知らせ
実店舗『薬のプロたん』は29日(土)~新年6日(日)まで年末年始休暇といたします。
年内配送のご注文は、メーカーセンターの都合により25日(火)に締め切らせて頂きます。それ以降のご注文は新年7日(月)以降の発送となりますのでご了承ください。

炙甘草湯は、体力をつけ、動悸や息切れをやわらげる漢方処方です。

   
スポンサーリンク

shya

炙甘草湯(しゃかんぞうとう)は、体力をつけ、動悸や息切れをやわらげる漢方処方です。

【本日の処方解説シリーズ】

本日は炙甘草湯(しゃかんぞうとう)という方剤です。

動悸や息切れをやわらげる漢方薬です。

「救心」や「六神丸」、牛黄製剤と違い、緊急時ではなく、慢性疾患対応の漢方処方となります。

※全体的な漢方処方の動きから比較しますと、当処方は動きは極めて緩やかです。

※しかし、根強いユーザーは意外と多くいらっしゃいまして、無いと当方も困りますので、取り扱いリストからは外せません。

スポンサーリンク

【炙甘草湯(しゃかんぞうとう)の概要】

■体力をつけ、動悸や息切れをやわらげます。

■顔色が悪く疲れやすい人で、皮膚の乾燥や口の渇き、
便秘(コロコロ便)などをともなうときに適します。

【炙甘草湯の構成生薬と主な働き】

炙甘草湯の構成生薬は下記の9味です。

■滋養作用のある「炙甘草」や「人参」
■動悸によいとされる「桂皮」や「阿膠」
■水分を保持する「麦門冬」や「麻子仁」
■貧血症状を改善する「地黄」

これらが渾然一体となりよりよい効果を発揮します。

・炙甘草(シャカンゾウ)
・人参(ニンジン)
・桂皮(ケイヒ)
・阿膠(アキョウ)
・麦門冬(バクモンドウ)
・麻子仁(マシニン)
・地黄(ジオウ)
・大棗(タイソウ)
・生姜(ショウキョウ)

■方剤名でもある主薬の「炙甘草」は、火であぶった甘草のことをいいます。
火を通すことで、体力を補う作用が強まるとされます。

■適応証(体質)は、虚証(虚弱)、燥証(乾燥)となります。

【甘草成分のための注意事項】

■適さないケース→ アルドステロン症、ミオパシー(筋肉障害)、低カリウム血症。

■注意が必要なケース→ 胃弱(食欲不振、吐き気、嘔吐)、下痢や軟便のある人など。

※従って初めて服用される場合、気になる点などありましたら
ご注文前に必ず当方の薬剤師とご相談ください。

【炙甘草湯の特徴】

■炙甘草湯(しゃかんぞうとう)は、別名を復脈湯ともいいます。

■心悸亢進と脈の結滞とを目標にして用いるが、脈の結滞のない場合にも用いてよいとしています。
益気通陽・滋陰補血

■炙甘草湯:は、補気生津の炙甘草が主薬で人参・大棗で補佐されています。

■滋陰の地黄・麦門冬・阿膠は陰血を滋補し、麻子仁とともに潤腸通便に働きます。

■辛温の桂枝・生姜は血脈を通じます。

■心陰陽両虚
脈の結代・動悸・息切れ・焦燥感・不眠・不安感・便が硬いあるいは便秘

■肺気陰両虚
乾咳・無痰あるいは少痰・痰に血が混じる・るい痩・息切れ・自汗あるいは盗汗・喉の乾燥・便秘

【当店で取り扱っている炙甘草湯の製剤】

大手漢方メーカーでも取り扱いの少ない漢方処方です。
松浦漢方及び剤盛堂にラインアップされており、その存在は希少価値と思います。

■炙甘草湯エキス細粒(松浦)37番

※こちらは繁用で、多くの顧客様がいらっしゃいます。
※500g徳用ボトル入りと300包徳用の2アイテムを取り扱っていますが、
両方ともに人気があります。(最近は500g徳用ボトルが多いです。)

 

NO.37 炙甘草湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
漢方通販のことならプロたん。漢方のデパート「プロたん」は東京都青梅市にある漢方・薬草の激安販売専門店です。

 

シンキ粒 500gバラ (炙甘草湯):剤盛堂(隋証シリーズ)上級者向き

※こちらは濃厚のエキス散の製剤で、分包はなく、当店では年に1度ずつ、
2~3人のお客様がご希望されるに留まっています。
※従って、お取り寄せ商品となります。
※平日3日ほどお待ち頂ければ発送可能です。

 

シンキ粒 500gバラ 炙甘草湯
プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
特集記事第2類医薬品松浦薬業
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト