参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)とは?

   

参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)とは?

薬剤師プロたん
プロたんです。
いつも拙稿をお読み頂いて感謝申し上げます。

本日は四季を通じての処方です。

処方名は「参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)」です。

【参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)とは?】

jinrei1

※じんれいびゃくじゅつさん・・とも呼ばれます。

著名な医書「和剤局方」に収載されている薬方です。

【ポイント】

補益脾胃、健脾理気、収斂止瀉、滲湿の4点が効能であり、脾気陰両虚の代表の処方とも言えます。

滲湿とは・・・体内に停滞している湿を除去して下痢を改善。

つまり、脾気・脾陰・脾湿・脾虚に対応した配合で構成されています。

【参苓白朮散の構成生薬】

人参・甘草・白朮・茯苓・ヨク苡仁・扁豆・山薬・蓮肉・縮砂・桔梗

■以上の10味です。

(それぞれの働き)

人参・甘草・白朮・茯苓・ヨク苡仁・扁豆 → 補益脾胃

白朮・茯苓・ヨク苡仁・扁豆 → 滲湿(湿を除去)

山薬・蓮肉 → 収斂止瀉

縮砂・桔梗 → 健脾理気

■構成生薬は胃腸を補うものが中心で胃腸の機能低下を補い、湿を除き、停滞を巡らし、気を整える。

■このことにより、食欲不振・下痢・浮腫・帯下に応用例が多いです。
■胃腸が虚弱で食欲がなく、だるくて下痢・軟便気味な人などに。
■便臭が少ないのも特徴。
■穏やかに水をさばき胃腸を整える生薬が多く配合されており、胃腸虚弱者の慢性的な下痢に良いとします。
■また、地黄製剤を用いると下痢する症例や慢性の下痢で真武湯を使って効果がないケースにも応用されます。

【参苓白朮散の処方コンセプト】食欲がなくて、食べると下痢をする人

jinrei2

(こんな男女に向いています)・・貴方を含めて周囲にいませんか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
基本的には食欲がなく虚弱で、貧血し、疲れやすく、冷え症。

※最近特にお若い男性が多いですね。体格はとてもしっかりしているのですが。

よくよく聞いてみると、以前から軟便傾向で、昼食時間に社内食堂で少ししか食べられず、多めに食べるとすぐにトイレに駆け込むタイプ。

下痢しても汗して出すとサッパリするタイプです。

※但し、これが慢性化して長期に及ぶと消耗します。
※早めに漢方で対応しましょう。

■四君子湯に理気利水薬(気を巡らし、水をさばく生薬)と止瀉薬が配合されています。

■体内で停滞した水が、粘性を帯びて食欲不振・食べると腹が脹る・泥状便などの湿痰の症状があらわれるときにも有効です。

【参苓白朮散との処方比較・鑑別】

matu500

■参苓白朮散
食欲がなく、食べると下痢する方。水の代謝が悪い。

■補中益気湯
元気がなく血色が悪い。消化器は力がなく下垂している。手足が倦怠。

■六君子湯
食べると眠くなり、体力がない。吐き気を感じる。

■五苓散
むくんで、口渇し、小便の出が悪い人の下痢に。

■人参湯
お腹が冷えて嘔吐や下痢症状。尿量多く、色はうすい。

【参苓白朮散の製剤のご紹介】

各社それぞれ特徴をもって発売しています。ご参考ください。

※人気の松浦。最近は経済的な500gのお求めが多いです。
※但し、500gボトルは計量匙ですくって服用するため、漢方初心者には不向きですので、ご容赦頂いております。
この場合には迷わず分包タイプにされてください。
松浦 参苓白朮散エキス細粒

※近年では抜群の人気の小太郎匙倶楽部シリーズ。一ヶ月分からご購入が可能です。
※小太郎匙倶楽部シリーズはメーカーとの約定によりショッピングカートを外しております。基本は薬剤師に直接お電話をする注文となります。
※初回お求めの節は、必ず会員登録をされて、お手数でも当方の薬剤師、又は登録販売者にコンタクトの上、いつくかのご質問にお答えください。詳細は≫
小太郎 参苓白朮散料エキス細粒G

※人気の杉原商店の散剤です。大瓶400gのみの取り扱いです。
※原末を好まれる方は推奨いたします。(製剤としては漢方中級者~上級者向きです)
※お取り寄せ品ですので、返品・交換はできません。お申し込み時によくご検討されてからご注文ください。
杉原の参苓白朮散

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク