ユーグレナの爆発的加速で、市場が凄いことになっている。。

   

midori3

prohatena
東大発のバイオベンチャー企業「株式会社ユーグレナ(euglena Co.,Ltd)」は会社設立後まだ間もないが、世界で初めてミドリムシの屋外大量培養に成功した会社である。

設立スタッフらは若く、バイオの世界における科学者・研究者の集団とも言える。

その後は、ご承知の方も多いと思うがあっという間に昨年末に東証一部に上場した。

社長(東大卒)の年齢が若いがそ、れを支える取締役も全員若い。
事業所(本社)とラボ(研究所)が2つ、総勢50人にも満たない会社の株価が恐ろしいほど高値である。
株の専門家もしばし傍観、躊躇してしまうほどユーグレナは今まさに驀進中である。

『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』の社長の名言に後押しされるように、その開発パワーは単なる健康食品(ユーグレナ・ファーム)の分野に留まらない。

ジェット燃料、ディーセル燃料、強化プラスチック、化粧品(B.C.A.D)、災害時保存食品、未来食材、エネルギー対策などなど各分野に「ミドリムシ」は拡散しつつある。
提携資本も多く、JX日鉱日石、日立製作所、清水建設、ANA、電通、伊藤忠商事などなど、ここには書ききれないほど大手も本格稼動を開始した。

なお、本年度(2015年)に入り、1月に株式会社ユーグレナは第1回日本ベンチャー大賞「内閣総理大臣賞」を受賞している。

そもそもユーグレナは植物と動物の両方の性質をもつ地球上でもめずらしい素材である。
なんと魚や野菜などが持つ59種類の栄養素が含まれている。
さらに、植物特有の「細胞壁」がなく、非常に高い消化率となっているのも注目だ。
また、食物繊維と同じように不要な物質を取り込む性質がある「パラミロン」が存在し、ダイエットの味方にもなり得る。
・・ということで、健康補助食品として、健康維持、栄養バランスを保つためにも大いに活用できる素材である。

さて、具体的な商品の話に移るが、ご本家「株式会社ユーグレナ」から発売されている「ユーグレナ・ファーム緑汁(みどりじる)】が好評である。

■ 「ユーグレナ・ファーム緑汁(みどりじる)」
midori
なお、当製品はメーカー直売、直送品(ネット専門)のため、当店では取り扱えません。
従って、ぜひメーカー通販の公式サイトからお申込みください。
詳細は先方のサイトに記述されています。
↓ ↓ ↓ ↓


スポンサーリンク

実は、ユーグレナ素材の商品化に大手製薬メーカーの武田薬品、小林製薬も名乗りをあげた。

midori2

武田は既に健康補助食品「緑の習慣」を発表し好評だ。

現在では健康食品にだけ留まらず、医薬品としていずれはアリナミンのようなブランド商品に育てる計画があるかも知れない・・と知人から情報を得た。

また、小林製薬は、今回は医薬品なみの基準、全成分表示(1粒250mgという高単位)、無添加で、さらに薬剤師の電話相談室を設置するという熱と気合の入れようだ。
その健康補助食品は、「石垣島のユーグレナ」というそのもの「ずばり」の名称である。(笑)

「石垣島のユーグレナ」
小林の製品をもご紹介する理由として、1粒250mg。
売価は、120粒(30日目安)が税込5,184円である。これが非常にお安くなる。

・・そのカラクリとは?
「定期購入(途中で中止できるシステムなので安心)」
・・でなんと初回が税込1,000円(送料無料)、2回目からは税込4,665円(送料無料)と、大変お買い得となる。
従って当初は定期購入で申し込まれるとお得だ。

なお、当製品はメーカー直売、直送品(ネット専門)のため、当店では取り扱えない。
従って、ぜひメーカー通販の公式サイトからお申込みください。
少しでもわからないことがあれば、先方のスタッフ(薬剤師)が親切に教えて頂けると思います。
↓ ↓ ↓ ↓