味麦地黄丸(みばくじおうがん)エキス錠N「コタロー」を掲載。

   

baku2

薬剤師プロたん

繰り返す咳、口の乾き、肌のカユミの体質改善に

服用しやすい錠剤タイプ

【味麦地黄丸(みばくじおうがん)】

■味麦地黄丸は清時代の医学書『医級』に記載されている。
■別名を「八仙長寿丸」ともいわれる。その名の通り高齢者に使用される機会が多く、高齢者喘息や乾燥性咳嗽によく用いられている。
■六味丸と同じく、若い人にも使用できる処方である。

【味麦地黄丸(みばくじおうがん)の特徴】

【肺と腎の陰虚を改善する処方】咳を体質から改善することができる。

腎陰を補う代表処方である「六味丸」に、肺に潤いを与える麦門冬と咳を鎮める五味子を配合した処方である。

地黄 補血、強壮、止血、滋潤
沢瀉  利水、止渇
山茱萸 滋養、収れん、止血、鎮痙
茯苓 利水、健脾、滋養、鎮静、血糖降下
山薬 滋養強壮、止瀉、鎮咳
牡丹皮 消炎、止血、鎮痛
麦門冬 清熱、潤燥、鎮咳
五味子 鎮咳、止汗、強壮

■特に高齢者の息苦しい咳によく用いられる。

■糖尿病による口渇や、皮膚の乾燥によるカユミなどに応用される。

■老化とは腎の衰え(腎虚)によって起こる。中でも体の潤いを担う腎陰が不足するもの腎陰虚という。

■肺を潤す力が弱まると喘息様の咳が現れる。このような方の体質改善に、味麦地黄丸が用いられる。

■麻黄剤が強すぎる方に最適である。

■肌の乾燥を目標に用いる。

【味麦地黄丸(みばくじおうがん)の製剤ご紹介】

のみやすくて便利な錠剤タイプです。
他に、細粒タイプも発売中です。

体力中等度以下で、疲れやすく胃腸障害がなく、ときにせき、口渇があるものの次の諸症:からぜき、息切れ、下肢痛、腰痛、しぴれ、排尿困難、頻尿、むくみ、高齢者のかすみ目、かゆみ

【効能・効果】

体力中等度以下で,疲れやすく胃腸障害がなく,ときにせき,口渇があるものの次の諸症:からぜき,息切れ,下肢痛,腰痛,しびれ,排尿困難,頻尿,むくみ,高齢者のかすみ目,かゆみ

【成分・分量】
成分分量 30錠中
エキス散 5.5g (ジオウ4g,サンシュユ・サンヤク各2g,タクシャ・ブクリョウ・ボタンピ各1.5g,バクモンドウ3g,ゴミシ1g)

baku2

■味麦地黄丸(みばくじおうがん)エキス錠N「コタロー」630錠

味麦地黄丸エキス錠N「コタロー」

医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 漢方製剤
承認販売名
製品名 味麦地黄丸エキス錠N「コタロー」
製品名(読み) ミバクジオウガンエキスジョウNコタロー

製品の特徴

せきは一般に肺や気管支などの疾患によって発症するものです。
一方,漢方では腎虚(じんきょ)といわれる老化によって発症するという考え方があります。
漢方では,「呼吸」の「呼(吐く息)」は肺がコントロールし,「吸(吸う息)」は腎がコントロールすると考えています。
したがって,老化によって慢性化した呼吸の障害(特に息が深く吸えない,息苦しい)がある場合は,腎虚によると考えて治療をします。
そのような時に用いられるのが味麦地黄丸です。
味麦地黄丸エキス錠N「コタロー」は,老化(腎虚)の色々な症状を伴う,からぜき,手足腰の痛みやしびれ,小便の出が少なかったり多かったりする排尿異常,視力の衰え,乾燥による皮膚のかゆみや口の乾きなどに用いられるお薬です。

使用上の注意

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。

2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

[関係部位:症状]
消化器:食欲不振,胃部不快感,腹痛

3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

効能・効果 体力中等度以下で,疲れやすく胃腸障害がなく,ときにせき,口渇があるものの次の諸症:からぜき,息切れ,下肢痛,腰痛,しびれ,排尿困難,頻尿,むくみ,高齢者のかすみ目,かゆみ
効能関連注意

用法・用量 食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2~3時間を指します。

[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):10錠:3回
15歳未満7歳以上:7錠:3回
7歳未満5歳以上:5錠:3回
5歳未満:服用しないでください

用法関連注意 小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

成分分量 30錠中

エキス散 5.5g (ジオウ4g,サンシュユ・サンヤク各2g,タクシャ・ブクリョウ・ボタンピ各1.5g,バクモンドウ3g,ゴミシ1g)

添加物 カルメロースカルシウム(CMC-Ca),含水二酸化ケイ素,クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),クロスポビドン,軽質無水ケイ酸,ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン,アメ粉

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

製造販売会社 小太郎漢方製薬(株)
会社名:小太郎漢方製薬株式会社
住所:〒531-0071 大阪市北区中津2丁目5番23号
販売会社
剤形 錠剤
リスク区分等 第2類医薬品

■味麦地黄丸(みばくじおうがん)エキス錠N「コタロー」630錠

スポンサーリンク

小太郎漢方・匙倶楽部シリーズをご希望のお客様へ

yakuzaishi
代表電話:0428-25-8682
※平日のみ10時~夕刻5時まで
※電話口で必ず「小太郎の、さじくらぶの問合せ。」とお話ください。
※すぐに担当薬剤師に代わります。
※緊急時薬剤師直通:090-1653-9903

なお、初回お申込みのお客様は、漢方相談の事前に会員登録を必須といたします。(必ず、現在使用中の薬剤、既往歴、アレルギー歴などご記入ください。秘密厳守いたします。)
また、メールアドレスが無いお客様も、お電話で会員登録が可能ですので、お気軽にご相談ください。

プロたん会員登録プロたん会員ログイン

kanriph
【薬剤師からのお願い事項】
当、小太郎匙倶楽部シリーズは、数ある漢方製剤の中でも、素材が極めて良質、かつ各製剤は専門性を有し、ご希望の際は薬剤師である私、遠藤か「薬のプロたん」の店長田中とご相談の上、お申込み頂く形となります。
特に初めてのお客様から「なぜネットから購入できないのか?」とのお問い合わせを日々頂きますが、このシリーズは、当店のショッピングカートを駆使した買物システムは使用できません。
例え今回「ネット販売が解禁」であっても、このシリーズだけは特別であって、前述の通りの手順を経てお渡しという形となります。また、当然ですが投薬後のアフターフォローも実施いたします。
電話で価格についての交渉をされる方も多いですが、既に販売価格はサイト上に提示しており、一切ご容赦頂いております。
なお、冷やかし半分、かつ長時間電話をされる方がいらっしゃいますが、後に控えている他のお客様へのご迷惑となりますので、問答無用で断りしております。
自身の慢性的な疾病と向き合い、優良な漢方製剤で真剣にQOLを少しでも改善したいとお考えになるお客様のみ、お渡しできる漢方とご理解ください。

小太郎漢方 匙倶楽部(さじくらぶ)

スポンサーリンク

 




sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


冒頭から恐れ入りますが、10月1日(2017年)より、再度、当店の全国送料がほぼ全面的に変更となりました。以下のように当店の「送料」は、前回(7月1日)と同様に地区別(都道府県別)の送料となります。今回は関東地区は不変で、他地区の送料が変更となります。
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ