顔で笑って・・・心で泣いて・・そんな貴方に「アンセイ錠」を推奨

   

この時期、精神不安、不調など錯雑した証が多いのです。。

薬剤師プロたん

薬剤師プロたんです。
an1
暑くなったり、寒くなったりで・・はっきりしない天候模様です。
こんな時に少し油断をするとお風邪をひきやすく、充分に気をつけてくださいね。

さて、このように季節の変わり目はなんとなく不調に陥ることが多いですね。

日々の体調の中で、従来からの自身の「証(しょう)」とは又違った症状が出現したり、極端に言えば、のぼせたり又は寒くなったりでいわゆる「錯雑」とした「証」の変動もあるようです。

夏の暴飲からの影響で胃腸機能の疲れもちょうど今頃にでるケースも多く、
原因のはっきりしない、「なんとなく胃部・腹部膨満感」や時折「うっ」とくる吐き気など、
あいまいな症状。

慌てて医療機関を受診されても検査では「異常なし」。。汗

そんなご経験をされたことはありませんか?

そのような時には、胃腸機能の賦活に優れた剤盛堂の「フラーリンJ 錠 90錠」を当店では
推奨しております。いわゆる前述した錯雑症(証)治療薬とも言えます。

an2

そして本日のメインでご紹介する漢方製剤のお話。

同じ剤盛堂の漢方で、この錯雑と季節に「なんとなく精神的に不調」の方にお勧めの製剤がございます。

皆さん、本日の表題、「顔で笑って・・心で泣いて」です。

憶えがありませんか?

会社でも、そしてご家庭でも、皆の手前あまり不調のことは話せませんよね。。
周囲を気遣い、明るく振舞い・・・でも、限界はあります。

決してご無理はされないで下さい。

良い漢方があります。

コストはそれほどかかりません。ご心配なく。

ansei

その名も「ホノミ アンセイ錠」。読んで字の如く、ズバリ「心身あんせい、あんてい」ですね。

商品名も憶えやすいです。

半夏厚朴湯をベースに開発されたこの製剤は服用しやすい錠剤タイプ。
剤盛堂のエキス錠は品質良く、その効果も充分に期待できます。

取得している効能・効果は・・・

体力中等度をめやすとして、気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、
ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う次の諸症:不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声、のどのつかえ感

いかがでしょうか?
いくつか該当する症状があるようでしたら、一度ご検討ください。。

さらに・・ストレスを受け、長引くと独特の「喉のつかえ感」が出現することもあります。
いわゆる梅核気(ばいかくき)と言ってちょうど梅の種がのどにつかえている感じが継続します。

この場合の処方の目安すとして、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)が掲げられますが、

剤盛堂ではこれを飲みやすい錠剤として販売し、皆様からの好評を得ています。

不安観念が強く、つかえ感、さらに胃の調子が悪い時などにはぜひお試しください。
成分は100%生薬素材、安心な漢方です。

前述した、「フラーリンJ 錠 90錠」とも併用が可能でございます。

「ホノミ アンセイ錠」は360錠からで、お求め安い価格設定。

「アンセイ錠」の詳細、価格につきましては、以下のページに掲げております。
ぜひご覧ください。

気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う不安神経症に・・・
「ホノミ アンセイ錠 360錠」

※ご不明な点ございましたら、ご遠慮なさらず、
当店薬剤師までご連絡ください。
懇切丁寧にご説明申し上げます。

店舗「薬のプロたん」
電話:0428-25-8682
月曜日~金曜日(土・日・祝をのぞく)
朝10時~夕刻5時まで受付

剤盛堂

スポンサーリンク