玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

一元漢方錠剤シリーズ350錠タイプの外箱包装(アイボリー色)のお取り扱いについて。

   
スポンサーリンク

 

一元漢方錠剤シリーズ350錠タイプの外箱包装(アイボリー色)のお取り扱いについて。

薬剤師プロたん

いつもありがとうございます。

本年度当店の上期、漢方薬シリーズにおけるリピート率トップは一元漢方の錠剤シリーズでした。
厚く御礼申し上げます。

先般よりサイトを通じて皆様にお話しをしておりますが、当店の取り扱いにおける一元の漢方錠剤シリーズ350錠タイプは従来からの専売品のデザインから一般流通品の包装(アイボリー色)に変更となります。
専売品と一般流通品とを比較しますと包装デザインが異なるだけで、中味(容量・成分・効能効果等)や価格は全く変わりません。
この二つ違いは「流通ルートの違い」であり、以前より大別されておりました。

このたび、メーカーの意向により、今後のインターネット販売時には350錠タイプのみ一般流通品の包装(アイボリー色)を使用して欲しい旨、2013年9月に依頼を受けました。
従って、当店では今後は店頭販売(実店舗)では「専売品」で、インターネット販売では「一般流通品」のパッケージと考えておりましたが、お客様方の混乱や当店在庫管理をも熟慮し、そのお取り扱いを全て一般流通品の包装(アイボリー色)に順次入荷次第統一させて頂きます。
変更期日は9月を予定しておりましたが、メーカー準備に1ヶ月を要し、この10月中旬から本格的に変更されつつあります。(店売りも全てアイボリー色となります。)

ご注意
※包装が変更となるのは350錠タイプのみです。1000錠、2000錠タイプは従来通りです。
※製品アイテムにより、パッケージ変更日に一部バラつきがございます。ご了承くださいませ。

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
未分類
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト