玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

ウチダの牛黄3g(100mg用さじ付、桐箱入り) としてリニューアル、再デビュー。。

   
スポンサーリンク

ウチダの牛黄3g(100mg用さじ付、桐箱入り) としてリニューアル、再デビュー。。

 

ウチダの牛黄の従来品5gタイプが突如としてリニューアルし、3gタイプとして再度デビューしました。
折からの、素材の枯渇、価格の高騰などメーカーであるウチダさん独自の苦肉の策とでも申しましょうか。。内容量を減じても価格は実質上の値上げですので、小売りの立場としては「頭痛のネタ」がさらに増えました。

まさに異常事態の発生です。店主の心境としては「針の筵(むしろ)」。。
しかし、このような状況下でも顔色一つ変えず、今度はおいくらになったのでしょうか?と、ご質問をされ、『あっ・・そう』と、粛々とお買い物されるお客様もマジでいらっしゃる。ただただ頭の下がる思いです。

その反対に、「とてもきついお叱り」のお客様も多く、挙句に「もうこの店からは買えないね・・」と言い残されてそのままお帰りになる方もいらっしゃる。とほほです。

本物志向の方に、特にプロたんが推奨するウチダ和漢薬の牛黄(ごおう)。
小さな瓶の中に、牛黄そのもの(100%)が3g入っています。
飲み方は成人の方で、添付の小さなさじ、すりきり1杯でちょうど100mgの牛黄が服用できます。
これを朝晩の1日2回、服用いたします。

なんでも本物志向で、実際の「原薬」と触れ合いながら、こつこつ根気よくお続けになられる方にはまさにうってつけの「牛黄(第3類医薬品)」です。

 

 

スポンサーリンク

ウチダの牛黄の概要

ウチダの牛黄

項目 内容
医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 強心薬(センソ含有製剤等)
承認販売名
製品名 ウチダの牛黄
製品名(読み) ウチダノゴオウ
製品の特徴
使用上の注意

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
本剤を服用している間は,他の強心薬を服用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
5~6日間服用しても症状がよくならない場合

効能・効果 解熱,鎮けい,強心
効能関連注意
用法・用量 次の1回量を1日2回,朝晩に服用する。

[年齢:1回量]
成人(15歳以上):100mg
15歳未満:服用しないこと

用法関連注意 添付のサジはすり切りで1杯が約100mgです。
成分分量 1g中   成分 分量
ゴオウ 1g

添加物 無し
保管及び取扱い上の注意 (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
消費者相談窓口 会社名:株式会社ウチダ和漢薬
電話:03-3806-4141
受付時間:9:00~17:30(土,日,祝日を除く)
製造販売会社 (株)ウチダ和漢薬
会社名:株式会社ウチダ和漢薬
住所:東京都中央区日本橋本町4-2-8
販売会社
剤形 散剤
リスク区分 第3類医薬品

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
第3類医薬品牛黄製剤
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト