7/18 このたびの「平成30年7月豪雨」で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

今年の夏は松浦の「参苓白朮散」じんりょうびゃくじゅつさんで悪循環STOP!!

スポンサーリンク

今年の夏は松浦の「参苓白朮散」じんりょうびゃくじゅつさんで悪循環STOP!!

今年の夏は松浦の「参苓白朮散」じんりょうびゃくじゅつさんで悪循環STOP!!

薬剤師プロたん

ここでいう悪循環とは??

あなたの胃腸の不調→ 下痢→ 元気が出ない→ 胃腸の不調→ 下痢・・・の繰り返し。

「なんとなく食欲が湧かない」、「病気でもないのになんだか下痢気味・・・。」。。

そんな方におすすめの処方「食欲不振、慢性下痢、病後の体力低下、疲労倦怠」を効能に持つ 松浦漢方の「参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)」300包又は450gボトルで、今年の夏はぜひ体質改善してください。

【効能・効果】

体力虚弱で、胃腸が弱く、痩せて顔色が悪く、食欲がなく下痢が続く傾向があるものの次の諸症:食欲不振、慢性下痢、病後の体力低下、疲労倦怠、消化不良、慢性胃腸炎

【成分・分量】※散剤ですので添加物はありません。

本品3包(4.5g)又は4.5g中 ニンジン(人参) 0.474g ビャクジュツ(白朮) 0.631g ブクリョウ(茯苓) 0.631g サンヤク(山薬) 0.474g ヘンズ(扁豆) 0.316g レンニク(蓮肉) 0.316g キキョウ(桔梗) 0.316g ヨクイニン(よく苡仁) 0.789g シュクシャ(縮砂) 0.316g カンゾウ (甘草)0.237g 添加物 なし

ポイント!【剤型】

生薬そのものを粉末にした散剤です。(エキス剤ではありません。) 優しい効果の生薬が多い分、しっかりと生薬の持ち味を出すため、原典に近い散剤です。 独自製法で極小粒に仕上げており、「口内に張り付く」、「飛散しやすい」といった散剤特有ののみにくさを改善しています。

【参苓白朮散とは?】

和剤局方を出典とする処方で、下記の効果を有します。

■益気健脾(胃のエネルギーを補充) ■滋補脾陰(下痢で失われた体液を補充) ■滲湿止瀉(体内の余分な水分を追い出し、下痢を止める)

【処方構成】

脾胃の不調に用いられる四君子湯 (人参、白朮、茯苓、甘草)

+(プラス)

脾胃の水を抜き、元気を補充、下痢を止める生薬 (よく苡仁、蓮肉、扁豆、山薬、縮砂、桔梗)

※食品にも用いられるような優しい生薬が多数使われており、「胃腸が弱くてお薬を飲むとすぐもたれてしまう」方にも安心して飲んで頂きたい漢方です。

【参苓白朮散はこのような症状の方に推奨しています。】

胃腸が弱く・・・

□常に下痢状態 □熱や寒気もないのにだるい
□食欲が湧かない。元気が出ない
□薬を飲むのが不安。薬を飲むと胃が荒れる
□病後で、胃腸がまだ本調子ではない

お仕事でかなり神経をつかわれて、体力が低下している時。 例えば昼食後、すぐに腹痛と腹鳴を生じ、慌ててトイレに行くと、軟便・下痢などが継続する時。

※最近の漢方相談ではよくこのような事例(お若い中間管理職さん)が多いと思います。 あなたは、大丈夫ですか?

当処方は適証であればてきめんに効果が上がります。 慢性的な状態の方には、ぜひ体質改善として長期おすすめできます。 ぜひお試しください。

 

松浦ファン、とくにボトルを好まれる方にとっては注目ですね。 今回のボトルは450gです。

■松浦 NO.35 参苓白朮散〔散剤〕450g 徳用ボトル

→ https://www.pro-drug.com/cart/goodsprev.cgi?gno=20130308001

■松浦 NO.35 参苓白朮散〔散剤〕1.5g×300包

→ https://www.pro-drug.com/cart/goodsprev.cgi?gno=20130308001300

 

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。


 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
未分類
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018