W機能性表示(記憶力を維持する・中性脂肪を下げる)の『サトウDHA&EPA』(2018/06/16)

紫根牡蠣湯(しこんぼれいとう)の煎じ薬とエキス細粒剤

スポンサーリンク

紫根牡蠣湯(しこんぼれいとう)の煎じ薬とエキス細粒剤

薬剤師プロたん

こんにちは。いつもお世話になります。

もともと難治なリンパ腺炎(乳腺炎、乳がんに起因する症状)、痔疾患(痔ろう)、各種皮膚炎をはじめ、頸部リンパ腫、甲状腺腫などに人気のある「紫根牡蠣湯(しこんぼれいとう)」。
この紫根牡蠣湯(しこんぼれいとう)にエキス細粒剤が小太郎から新発売されております。
詳細は→ 水戸藩と紫根牡蛎湯(しこんぼれいとう)
→ https://www.protan2.com/archives/13151

 

製剤としては、当店では従来から煎じ薬1本で通してきた歴史があります。
但し、煎じるのが面倒。煎液の香りがなんとも言えない臭いで、どうしても飲みにくい。
しかし、効き目がよろしいため、この20年以上に渡り、患者様方からは絶対的な支持を得ておりました。

近年になり、下記のように添付文書の変更を繰り返し、「頸部リンパ腫,全身リンパ節の腫・・・」の項目は削除され、「乳腺の痛み、痔の痛み、湿疹・皮膚炎、貧血、疲労倦怠」に変更されました。
それでも、乳がんをはじめとする各種腫瘍には「紫根牡蠣湯」の処方が絶大な人気を得ていることには変わりありません。

大黄が含有されておりますが、同時に升麻も入っておりますので、激しい下痢はほとんど起こしません。
素材的に甚だ稀少な紫根と当帰をメインにしており、効能効果は異なっていてもその構成は紫雲膏(しこん)と極めて類似しています。

紫根には組織修復作用、再生作用、免疫作用などを有すると言われ、貴重な天然資源の一つとも言えます。

紫根牡蛎湯(しこんぼれいとう)。ぜひあなたの漢方養生の一つとして組み込みください。

 

 

1000

ウチダ和漢薬の煎じ薬、(煎)紫根牡蠣湯(しこんぼれいとう)
https://www.pro-drug.com/cart/goodsprev.cgi?gno=20070210042

ウチダの(煎)紫根牡蠣湯(しこんぼれいとう)

成分分量 1袋中   成分 分量
トウキ 5g
シャクヤク 3g
センキュウ 3g
シコン 3g
ダイオウ 1.5g
ニンドウ 1.5g
オウギ 2g
ボレイ 4g
ショウマ 1g
カンゾウ 1g

2012年6月7日に特に【効能・効果】が以下のように改訂された

(旧)皮膚やリンパ腺の頑固な疾患で,慢性痼疾となり貧血,疲労の傾向にあるもの:乳腺症,頸部リンパ腫,全身リンパ節の腫
「痼疾こしつ」とは長期にわたって治癒しない頑固な慢性疾患を指します.

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
(2012年6月7日改訂)体力中等度以下のもので、消耗性疾患などに伴うものの次の諸症:乳腺の痛み、痔の痛み、湿疹・皮膚炎、貧血、疲労倦怠

新しく発売されたエキス細粒剤(小太郎漢方)で、分包タイプ、90包と500gバラの2種類のアイテムが存在します。
こちらはさらさらした細粒剤ですので飲みやすいです。

1

小太郎漢方製薬 紫根牡蛎湯(しこんぼれいとう)エキス細粒G「コタロー」
→ https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-30-78

成分分量 3包(6g)中   成分 分量 内訳
水製エキス 5.2g
(トウキ4g,ボレイ3.2g,シャクヤク・センキュウ・シコン各2.4g,ショウマ・オウギ各1.6g,ダイオウ・ニンドウ各1.2g,カンゾウ0.8g)

【効能・効果】 体力中等度以下のもので,消耗性疾患などに伴うものの次の諸症:乳腺の痛み,痔の痛み,湿疹・皮膚炎,貧血,疲労倦怠

プロフィール
この記事を書いた人
protan

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

protanをフォローする
腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。


 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
未分類
スポンサーリンク
protanをフォローする

sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018