甘露飲(かんろいん)は、口内炎、舌の荒れや痛み、歯周炎の漢方として推奨

   

《オーラルケアのために。口腔内炎症のスペシャリスト》

甘露飲(かんろいん)エキス細粒G「コタロー」のご紹介

薬剤師プロたん

いつもお世話になります。 本日は最近特に話題となっている甘露飲(かんろいん)という漢方処方をご紹介いたします。

この処方は口腔内のトラブル(口内炎や口臭)や歯肉炎、歯槽膿漏などにも効果があり、中高年のみならず若い世代からも注目されている漢方処方です。

甘露飲

【処方の特徴】

口中や舌に口内炎や潰瘍ができ、熱いものや冷たいもの、辛い刺激物などを食べるとしみて、酷い場合には口に物を入れただけで激痛が走り食べられない。 また、歯茎が腫れて膿んだり出血する。 甘露飲は胃の炎症を鎮め、口中を潤すことにより、口腔内のさまざまなトラブルに対応する。

配合生薬は9種類と多い。 ジオウ カンゾウ セッコク バクモンドウ インチンコウ オウゴン キジツ ビワヨウ テンモンドウ

【処方内容】

■和剤局方・積熱門に「胃中喀熱、口気(口臭)、歯ぎん腫爛(しぎんしゅらん・歯槽膿漏)、時に膿血、口舌生瘡、咽喉腫痛するもの(中略)」とあり、 胃に湿熱が留まること(慢性炎症)によって起こる、歯槽膿漏や口内炎、咽頭炎などに使われている。

■大塚敬節先生は「脾胃に湿熱があり、裏にお熱があって、しかも胃腸が弱く虚証を呈し、口舌、咽頭、歯茎などが腫張びらんして膿血を出すものに良い」と言われている。

■甘露飲の証は陰虚内熱(体液が不足して熱を帯びる)で、慢性病や疲労による消耗や陰液(体液)が虚したことによって、熱を生じ口腔内が乾燥し粘膜が萎縮している状態。 このタイプの口内炎は、再発を繰り返したり難治性のものが多く、慢性病に付随して発症したり免疫異常を伴うことが多い。

■日本では中高年の80%が歯周炎を起こす歯周病(歯槽膿漏)を患っているといわれる。 歯周病は歯が抜けるだけでなく、最近では糖尿病や心臓病などの血管系の病気を悪化させることがわかってきた。 本方は歯周病の原因であるドライマウスを改善し、歯周病菌を抗菌し、歯周病などの歯茎の病気(はれ、やせ、出血)を改善するほか、糖尿病などの血管系の病気にも期待されている。

甘露飲

【甘露飲とその製剤】

口腔は食事や呼吸、発声などが行われ外部と接しているため、口臭を気にする現代人では、歯ブラシや口腔洗浄液などを使ってオーラルケア(口腔内の手入れ)を熱心に行う方が多くなってきました。 口腔内のトラブルは単に口腔粘膜や舌苔、歯や歯茎などの疾患に限らず、上部消化器疾患や呼吸器疾患などによる二次的な疾患の場合もありますので、原因疾患をしっかりと治すことも大切です。

口腔内のトラブルでよくみられるのが、口内炎や舌の荒れそして歯茎の腫れです。 このような口腔内の炎症を鎮めてくれるのが甘露飲エキス細粒G「コタロー」です。 口内炎がよくできる人、舌が荒れて痛い、歯茎が腫れるなどの症状を改善する効果があります。

【甘露飲(かんろいん)エキス細粒G「コタロー」の価格】

甘露飲(かんろいん)エキス細粒G「コタロー」の価格はこちら

甘露飲(かんろいん)のことならプロたん漢方2

1

2013042801

甘露飲(かんろいん)エキス細粒G「コタロー」90包

甘露飲(かんろいん)のことならプロたん漢方2

500

201304280500

甘露飲(かんろいん)エキス細粒G「コタロー」500g徳用ボトル

甘露飲

甘露飲エキス細粒G「コタロー」

医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 漢方製剤
承認販売名
製品名 甘露飲エキス細粒G「コタロー」
製品名(読み) カンロインエキスサイリュウGコタロー

製品の特徴  

口腔は食事や呼吸,発声などが行われ外部と接しているため,口臭を気にする現代人では,歯ブラシや口腔洗浄液などを使ってオーラルケア(口腔内の手入れ)を熱心に行う方が多くなってきました。口腔内のトラブルは単に口腔粘膜や舌苔,歯や歯茎などの疾患に限らず,上部消化器疾患や呼吸器疾患などによる二次的な疾患の場合もありますので,原因疾患をしっかりと治すことも大切です。
口腔内のトラブルでよくみられるのが,口内炎や舌の荒れそして歯茎の腫れです。
このような口腔内の炎症を鎮めてくれるのが甘露飲エキス細粒G「コタロー」です。口内炎がよくできる人,舌が荒れて痛い,歯茎が腫れるなどの症状を改善する効果があります。

使用上の注意


■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
 生後3ヵ月未満の乳児。

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,歯科医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
 (1)医師,歯科医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。
 (3)胃腸の弱い人。
 (4)高齢者。
 (5)次の症状のある人。
  むくみ
 (6)次の診断を受けた人。
  高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

[関係部位:症状]
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感,腹痛

 まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。

3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
 下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
5.長期連用する場合には,医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

効能・効果 体力中等度以下のものの次の諸症:口内炎,舌の荒れや痛み,歯周炎
効能関連注意

用法・用量 食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2~3時間を指します。

[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包または2.5g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包または1.7g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包または1.3g:3回
4歳未満2歳以上:1/3包または0.8g:3回
2歳未満:1/4包または0.6g:3回

(大入り剤に添付のサジは,大が1.0g,小が0.1gの計量用となっております)

用法関連注意
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

成分分量 3包(7.5g)中   

水製エキス 6.3g (ジオウ4g,バクモンドウ・キジツ・カンゾウ・インチンコウ・ビワヨウ・セッコク・オウゴン・テンモンドウ各2g)

添加物 含水二酸化ケイ素,ステアリン酸マグネシウム

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
 (誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
 (分包剤のみ)
(6)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。
 (大入り剤のみ)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)ビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。
 (大入り剤のみ)

製造販売会社 小太郎漢方製薬(株) 添付文書情報
会社名:小太郎漢方製薬株式会社
住所:〒531-0071 大阪市北区中津2丁目5番23号
販売会社
剤形 散剤
リスク区分等 第2類医薬品

文責:薬のプロたん
住所:東京都青梅市長淵5-543
有限会社プロドラッグ
お客様漢方相談室
受付時間:月~金曜日 10:00~17:00(祝日を除く)
電話:0428-25-8682

甘露飲(かんろいん)エキス細粒G「コタロー」の価格はこちら

甘露飲(かんろいん)のことならプロたん漢方2

小太郎漢方エキス細粒G 価格等の詳細は≫

小太郎漢方エキス細粒シリーズ(匙倶楽部)
スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク