帰耆建中湯(きぎけんちゅうとう)の類方由来

   

【気血両虚、中焦虚寒】

LL

本日の特集は「気血両虚、中焦虚寒」・・です。まさに今の私がそうです。。(苦笑)

陽気は良いのに、ぞくぞく寒気。
朝からぼ~っ。胃腸の調子が悪くゴロゴロ。
なぜかひどい疲労感。
ぼんやりしていましたら、田中店長に叱られました。汗

【帰耆建中湯(きぎけんちゅうとう)の類方由来】

実は・・朝起きたら腰痛になっていました。とか、
足がピリピリするような神経痛で、慌てて病院に行ったけど、原因不明・・というご相談が多いです。

芽吹く頃って人体にもいろいろと起きるんですね。
こういうケースでは漢方薬が活躍いたします。

なんとなく疲労状態。重いだるい。
胃腸も弱っているようで、はっきりしない。
更年期に多くみられる神経痛。
(又は、更年期の年齢でもないのになぜか更年期症状)

ご婦人の月経不順や手・足・腰の冷え。
さらにどうき、めまい、肩こり、痔出血、脱肛・・・など。

総称して「虚労状態」の時にお奨めしたいのが「強虚労散」。
処方の帰耆建中湯(きぎけんちゅうとう)に、蒼朮と茯苓を加味したもの。
特に水はけを良好にした製剤とも言えます。

「強虚労散」
→ http://www.protan2.com/zaisei/archives/97

【強虚労散の配合生薬】

桂皮(けいひ)
体の下から上のほうへつき上げてくるような症状を治す。

黄耆(おうぎ)
体表の水のうっ滞(発汗異常や浮腫)を治す。

大棗(たいそう)
強くひきつれるものを治す。

生姜(しょうきょう)
主として吐き気がしてムカムカするものを治す。温める。

当帰(とうき)
血の働きを調和する。

芍薬(しゃくやく)
(筋肉が)硬くなってひきつれるものを治す。

蒼朮(そうじゅつ)
水分の代謝異常を治す。

茯苓(ぶくりょう)
小便が出にくいもの、めまい、煩悶し(苦しく)てもだえるものを治す。

甘草(かんぞう)
腹部の拘攣,疼痛などの急迫症状を治す。

【私の体験から・・】

慢性的な「足のむくみ」があり、もともと水はけが悪い体質です。
特に早朝起床時に浮腫は顕著で、素足で床を歩いている時に自分の足という感覚があまり無く、ひどいむくみが慢性化していたと思います。

胃腸も元来弱く、下痢と便秘を繰り返し、時折痔の出血もありました。
「強虚労散」を利用するようになって半年になりますが、以上のような症状はほとんど消失いたしました。

朝、素足で床を歩いているという「実感」は久々で嬉しいものですね。

なお、メーカーは和歌山県の老舗、剤盛堂薬品です。

私、個人からも「強虚労散」は推奨です。
なお、胃腸虚弱の男性も服用可能です。ぜひお試しください。
【製剤のご紹介】全て散剤(エキス+原末の混合)

強虚労散 60包 製品カテゴリーはこちら→

※当記述が少しでも皆様の健康に寄与できれば幸いです。

腑侶鍛漢方医学研究所
生薬研究室
protan@protan2002.com

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク