玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

松浦の竹茹温胆湯(ちくじょうんたんとう)エキス顆粒240包を新規掲載!

   
スポンサーリンク

薬剤師プロたん

松浦漢方から竹茹温胆湯(ちくじょうんたんとう)が発売されておりますので、新規掲載いたしました。
もう既にインフルエンザの時期は過ぎましたが、かぜ、肺炎などの回復期に熱が長びいたり、また平熱になっても、気分がさっぱりせず、せきやたんが多くて安眠が出来ないものに使用できますので、ある意味オールシーズン常備できる漢方処方かも知れません。
素材コストが極めて高額ですが、当店では大幅に値下げをしております。
製剤は「エキス顆粒」で240包です。

1日2回服用の用法となります。詳細は以下の通りです。

排膿散及湯エキス〔細粒〕52

2013040301
松浦 竹茹温胆湯(ちくじょうんたんとう)エキス顆粒240包
https://www.pro-drug.com/cart/goodsprev.cgi?gno=2013040301

 

 

松浦 竹茹温胆湯(ちくじょうんたんとう)エキス顆粒240包

竹茹温胆湯エキス顆粒は、「万病回春」に収載の処方で、急性発熱性疾患(傷寒)の余熱がいつまでも退かず、
そのために咳や痰が残り胸苦しくて気が昂ぶり眠れないなどに用いられます。

【効能・効果】

体力中程度のものの次の諸症:かぜ、インフルエンザ、肺炎などの回復期に熱が長引いたり、
また平熱になっても、気分がさっぱりせず、せきやたんが多くて安眠が出来ないもの

【成分・分量】 2包中 竹茹温胆湯エキス5.3g ハンゲ 2.5g コウブシ 1.0g
サイコ 1.5g キキョウ 1.0g
チクジョ 1.5g オウレン 0.5g
ブクリョウ 1.5g カンゾウ 0.5g
バクモンドウ 1.5g ショウキョウ 0.5g
チンピ 1.0g ニンジン 0.5g
キジツ 1.0g

添加物:アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、デキストリン、結晶セルロース、
軽質無水ケイ酸、ステアリン酸Mg、乳糖、香料、l-メントール

【内容量】2.5g×240包
【用法・用量】次の量を1日2回、食前又は食間に水又は温湯で服用して下さい。
成人(15歳以上) 1包 2回
7歳以上15歳未満 2/3包
4歳以上7歳未満 1/2包
2歳以上4歳未満 1/3包
2歳未満 服用しないで下さい

(用法・用量に関連する注意)
1.用法・用量を厳守して下さい。
2.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

 

【使用上の注意】

相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合 関係部位 症 状
皮ふ 発疹・発赤、かゆみ
(2)1週間位服用しても症状がよくならない場合
【保存上の注意】

1.直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
2.小児の手の届かない所に保管して下さい。
3.他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり、品質が変わることがありま。)
4.本剤は天然物を成分としていますので、製品により若干色調が異なることがありますが、
効果には変わりありません。
5.1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用して下さい。
6.使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

 

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
未分類
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト