プロたん全サイト直近で一番アクセスの多かった特集記事を、ランキング順に掲載しました。本年は花粉症の漢方へのお問い合わせが例年よりも倍増しており、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)、鼻優(びゆう)などが上位に入りました。

帰耆建中湯(きぎけんちゅうとう)・強虚労散が大人気!きょうきょろうさん

【帰耆建中湯(きぎけんちゅうとう)・強虚労散が大人気!】きょうきょろうさん

帰耆建中湯に、蒼朮と茯苓を加味した変方製剤、「強虚労散・きょうきょろうさん」を取り扱って5年になります。

(ご使用の目安)

気血両虚、中焦虚寒。
寝汗、手足のほてり、過労、慢性的なおできや浸潤性・潰瘍性皮膚疾患などで肉芽発生不良のもの。
特に慢性化した痔疾には推奨でき、血行不良者の痔ろうには必ず勧めています。

ご要望が急速に拡大し、とうとう本年の1月、2月は、導入以来の記録を達成いたしました。(ほぼ毎日、全国へ向けて発送しています)

女性対男性 比率 7対3

強虚労散は文字通り「虚労」つまり体が内外衰弱している方への漢方薬です。

※適応範囲は実に広い 男女共用です。

難治性の化膿疾患、褥そう、膿瘍など根治が困難なもの、盗汗(ねあせ)のひどいもの、慢性中耳炎、痔ろうなど、さらに潰瘍性大腸炎と幅広く用いられる方剤ですね。

実際の症例応用として・・・

疲労回復。慢性胃腸アトニー・・・・弱った消化器官へ働きかけます。
更年期に多くみられる神経痛。
ご婦人の月経不順や手・足・腰の冷え。
めまい、肩こり、痔出血、脱肛・・・などに応用。


【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)


sajiclub2016

スポンサーリンク

栃本の3つの丸剤

スポンサーリンク