玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

抑肝散と抑肝散加陳皮半夏

   
スポンサーリンク

薬剤師プロたん

【抑肝散と抑肝散加陳皮半夏】

抑肝散 よくかんさん 神経症・不眠症に服用しやすい錠剤漢方

 

抑肝散(よくかんさん)又は抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)を用いる症例としては、成人の自律神経失調症、更年期神経症、いらいら感、不眠症、うつ傾向、歯軋り、パニック障害等、範囲が非常に広いですね。 当店の漢方相談においても多くご紹介しております。

抑肝散、抑肝散加陳皮半夏の投薬期間は一般的には個々の症例により差はありますが当店では2~3ヶ月投薬で終了又は一旦休薬措置という事例が多いと思います。

いずれにしても、抑肝散と抑肝散加陳皮半夏は優秀な方剤には変わりなく、ストレスが鬱積し、原因不明の頭痛、倦怠感、不眠傾向等が継続し、お悩みの成人男女には推奨したい漢方でもあるわけです。

【抑肝散(よくかんさん)について】

◎虚弱~体力中等度の人で、神経興奮状態(多怒、いらいら、不眠など)がある場合の諸症状に用いられる処方です。

◎特徴として、左腹直筋が緊張していることが多いですね。

【製品例】当店推奨品

一元 抑肝散 錠剤

【一元錠剤漢方】抑肝散(よくかんさん)
虚弱な体質で神経がたかぶる人のイライラ感や不眠などの精神神経症状、あるいは、手足のふるえ、けいれん、子供の夜なき、ひきつけなどに利用されます。神経の高ぶりをおさえ、また、筋肉のこわばりやつっぱりをゆるめて、心と体の状態をよくします。宋時代の保嬰撮要という古典書で紹介されています。

 

ただし・・

【極めて虚弱な方や小児の場合】

◎当店の経験論から、胃腸が極めて虚弱の方、下痢症など消化器過敏の方には不向きであり、小児夜泣き・疳症の適応はあるものの、小児にはあまり推奨はしておりません。

◎むしろ小児の場合には、虚証向きの「酸棗仁湯(さんそうにんとう)」や「甘麦大棗湯」などを用いることが多いと思います。。

酸棗仁湯(さんそうにんとう)三和

酸棗仁湯【三和生薬の漢方薬】さんそうにんとう 不眠症,神経症
体力中等度以下で,心身が疲れ,精神不安,不眠などがあるものの次の諸症:不眠症,神経症 【錠剤タイプ】サンワ酸棗仁湯エキス錠(さんそうにんとう) 【包装】 270錠,900錠 【成分】 本品1日量 …...

甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)松浦

NO.6 甘麦大棗湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
松浦 甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)のことならプロたん漢方2。

※甘麦大棗湯は当店では従来から小児用として位置づけて参りましたが、最近は、甘麦大棗湯が良いとのことで、医師からのご紹介のお客様(成人)が非常に多くなりました。 少々驚いておりますが、当店では否定するものではありません。 ※頓用でも対応可と認識しております。

【抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)について】成人の場合

◎当店においては、前述のように体力がかなり衰えている場合(虚証)の神経症状には抑肝散はあまり用いず、当処方に陳皮(ちんぴ)と半夏(はんげ)を加味した抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)を用いることが多いと思います。

◎特に神経症状が慢性的になり、体力的に虚弱な場合には抑肝散加陳皮半夏の方がより適証であり穏やかに効くことがあります。

【製品例】

ウチダNP細粒 NO.94 抑肝散加陳皮半夏

NO.94抑肝散加陳皮半夏エキス散300包【ウチダ和漢薬】
ウチダの抑肝散加陳皮半夏エキス散(分包)は,漢方処方にしたがい生薬を配合し抽出して得た水製エキスを服用しやすい散剤(細粒)の分包にしたものです。効能・効果 虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:神経症,不眠症,小児夜なき,小児疳症

松浦漢方エキス細粒 抑肝散加陳皮半夏

抑肝散加陳皮半夏エキス細粒48包・300包と500g【松浦漢方】
松浦漢方の抑肝散加陳皮半夏エキス細粒は人気の製剤ですね。近年になり、小太郎漢方・匙倶楽部シリーズからも発売され、市場でデッドヒートを展開しておりますが、なんといっても松浦漢方の販売の歴史が長い。お気軽な48包タイプの人気は根強いものがあります。

小太郎漢方エキス細粒 抑肝散加陳皮半夏

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)ストレス、歯ぎしりなどの漢方【小太郎漢方】
ストレスの発散ができず、神経が高ぶるタイプ。歯ぎしりなど。抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)エキス細粒G(D208)「コタロー」■イライラしているが、十分にストレスを発散できない。そのため、貧乏ゆすりやチック、登校前や出勤前にな

以上、当店のご相談事例・症例として用いる方剤は、抑肝散、抑肝散加陳皮半夏の比率がちょうど5対5というところでしょうか。

ご自身の体質や、症状をよく検討され、適証である方剤をご選択ください。

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
第2類医薬品
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト