PM2.5はすでに日本へ飛来 注意!

   

プロたん

PM2.5はすでに日本へ飛来 注意!

PM2.5とは?

現在、隣国での大気汚染については、メディア放映などで皆様もよくご周知のことと存じます。
全く困ったもので、この汚染原因の元凶ともなる「PM2.5(ぴーえむ2.5)」は大気の流れにより、日本国にも飛来し始めているとか。。
従って我々日本国民にも健康被害をきたす恐れがでてきたと言っても過言ではないでしょう。

外出時にはマスクをされるなど日常の対応が必須となるかも知れません。
ウィルス、花粉そして大気汚染。。話になりませんな。。

n95

浮遊粒子状物質(ふゆうりゅうしじょうぶっしつ、略称:SPM,Suspended Particulate Matter)は、大気中に浮遊している粒子状物質(PM)のことである。
代表的な「大気汚染物質」のひとつ。

日本の環境基準の測定の対象になるものの定義としては、粒径10μm以下のものとされている。
発生源は工場のばい煙、自動車排気ガスなどの人の活動に伴うもののほか、自然界由来(海塩の飛散、火山、森林火災など)のものがある。

また、粒子として排出される一次粒子とガス状物質が大気中で粒子化する二次生成粒子がある。

粒径により呼吸器系の各部位へ沈着し人の健康に影響を及ぼす。年平均100mg/m³になると呼吸器への影響、全死亡率の上昇などがみられることなどが知られている。
このためSPMの環境基準は、1時間値の1日平均値が0.10mg/m³以下、1時間値が0.20mg/m³以下、と定められている。

高度成長期以降、度重なる規制強化がなされたが、著しいモータリゼーション(特にトラック輸送による物流の比率の相対的増加や乗用車のRV化などが大きな原因となったといえよう。)に規制が追いつかず、バブル期までは、悪化の一途をたどってきた。

2003年10月1日から、東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県のディーゼル車規制条例により排出ガス基準を満たさないディーゼル車の走行規制が始まった。
これらの規制強化により、近年は、改善傾向にはあるものの、都市部の幹線道路沿いなどではまだ環境基準の達成率は低い。

【微小粒子状物質】

浮遊粒子状物質のなかで、粒径2.5μm以下の小さなものを微小粒子状物質(PM2.5)と呼んでいる。
微小粒子状物質は粒径がより小さくなることから、肺の奥深くまで入りやすく健康への影響も大きいと考えられている。

日本においては、欧米における対策に比べ長らく規制が遅れていたが、東京大気汚染公害訴訟における和解において対策に言及されたことを受け、中央環境審議会において検討が進められた。その答申を踏まえ、年平均値15μg/m³以下かつ1日平均値35μg/m³以下とする環境基準が2009年9月9日に定められた。

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク