緊急企画!生薬配合・滋養強壮ドリンクローヤルユニーキング50mL(超特価)で夏のバテバテを乗り切る!

人気の剤盛堂 錠剤漢方 キョウキョ錠 チキョウ錠 胸脇苦満(きょうきょうくまん)について

スポンサーリンク

本日は、剤盛堂の漢方薬で、特に人気ある錠剤の上位2品目をご紹介いたします。

いすれも主要成分として柴胡が含有されている柴胡剤(さいこざい)です。

【人気の剤盛堂 錠剤漢方】

剤盛堂漢方と言えば、いつも原末配合の散剤(粉)。
つまり濃い粉薬ばかりをご紹介してきました。

実は錠剤タイプも散剤と概ね平行して存在し、かなりの人気です。

人気の理由として

●のみやすい
●管理が楽
・・・など、いろいろとご意見があるようで。

が、一番の理由としては、錠数により服用量の微調整が確実にできる!
・・ということでしょうか。

効き目はもちろん散剤とは大差なく、よろしいと思います。

本日は、その中でも特に人気の柴胡剤、2剤をご紹介いたします。

 

【キョウキョ錠 360錠】 柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

正式名称は「ホノミキョウキョ錠」と言います。

原典由来は柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)。

応用として、圧倒的にご婦人の自律神経失調症、血の道症などに推奨しております。

具体的には月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなど、精神神経症状および身体症状に効果的です。

(効能・効果)

体力中等度以下で、冷え症、貧血気味、神経過敏で、動悸、息切れ、ときにねあせ、頭部の発汗、口の乾きがあるものの次の諸症:更年期障害、血の道症、不眠症、神経症、動悸、息切れ、かぜの後期の症状、気管支炎

■キョウキョ錠 360錠 柴胡桂枝乾姜湯

キョウキョ 柴胡桂枝乾姜湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC版
キョウキョ 柴胡桂枝乾姜湯

 

 

【チキョウ錠 360錠】 小柴胡湯(しょうさいことう)

正式名称は「チキョウ錠」と言います。

原典由来は小柴胡湯(しょうさいことう)。

(胸脇苦満 きょうきょうくまんの証)
体力中等度で、ときに脇腹(腹)からみぞおちあたりにかけて苦しく、
食欲不振や口の苦味があり、舌に白苔がつくものの次の諸症:食欲不振、はきけ、胃炎、胃痛,胃腸虚弱、疲労感、かぜの後期の諸症状

■チキョウ錠 360錠 小柴胡湯

チキョウ 小柴胡湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC版
チキョウ 小柴胡湯

 

 

【あなたにも何度かご経験のあるはず。。胸脇苦満(きょうきょうくまん)】

◎胸脇苦満(きょうきょうくまん)とは?

漢方の腹診用語の一つですね。

まずは、胸の脇が重苦しく、脇になにか詰まっている感じからスタートいたします。
さらに進むと肋骨(ろっこつ)の下あたりに違和感のような鈍痛を覚えます。
これがしばらく続くと範囲が広がり、心下部や肋骨に沿ってのライン、またはわき腹から背部、肩甲周辺に至るまで突っ張る感じがします。(激痛ではない)

指でそっと押し込むと、抵抗感と圧痛を当人が認めます。

このような時に用いる方剤として、柴胡剤(さいこざい)を当店では多く使用しており、その中でも代表的な柴胡剤は、上記2処方の他に、大柴胡湯、柴胡加竜骨牡蛎湯、柴胡桂枝湯などが有名です。

◎胸脇苦満の症状

※運動時に腹筋等を痛めた感じとは全く違い、日常生活における腹壁筋群の緊張亢進であり、
なんとも言えない不快感かつ息苦しい。

※自身で無意識のうちに終日ため息ばかりついていることがありませんか?
どなたでも人生のうち何度かあるはずです。

※その時に、自身の肋骨弓下部をそっと押してみましょう。肋骨弓の上下部近傍に独特の圧痛があるはずです。

※漢方の世界ではこのような状態のときには半表半裏(はんぴょうはんり)とも呼ばれています。
ぜひ、ご記憶ください。漢方医学の用語では頻繁に用いられている表現です。

 

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。

 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
第2類医薬品剤盛堂薬品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
スポンサーリンク
sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018