7/18 このたびの「平成30年7月豪雨」で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

不整脈と漢方療法

スポンサーリンク

不整脈と漢方療法

本日は敬老の日。。 よくご年配者から「不整脈」の漢方相談をお受けいたします。

よくよく当人に聞いてみると、「脈が飛んだ」。 「息切れ」がした・・・・と、端的に自己判断されているようで。

50%近くは「思い込み」なのですが、残りの半数はまさに 「不整脈」そのものです。留意しましょう。

その傾向が重なるようでしたら、まずは面倒がらずに 循環器の専門医による検査と診断を仰いでください。

原因としては「過労・ストレス」に起因するものや 「心臓病」から由来するものなどがあります。

心臓病の多い事例としては

「期外性収縮」・・・・脈拍が断続的に飛ぶ

「発作性上室性頻拍」・・動悸・めまい・呼吸困難

「徐脈」・・・・脈拍が異常に遅くなる

特に徐脈は要注意で、決して放置せずにまずは 専門医師の診断・治療を必要といたします。

【毎年9月は不整脈の相談が多い】

ちょうど彼岸の前後付近にでてくる夏ばて、時節の変わり目の 倦怠感、残暑の仕事疲れなど・・・・・きりがありません。

ご家庭の主婦もここへきて一気に疲れが出るようです。 また、この時期はアレルギーなども多く、平素から睡眠をしっかりと とるよう心がけましょう。

【漢方では気・血の衰えを調整する】

特にシニアに多い「気・血の衰え」からくる不整脈。 なかなか、難治ですよ。

趣味のガーデニングや家事に熱中し、ついつい過労。 さらに朝の早起きもよいのですが、極端になると睡眠不足。

(筆者にも言えることですが・・・・・苦笑)

この場合、「気・血の衰えを調整・改善する」漢方を中心に処方いたします。

当店での一番使用例の多いのは

炙甘草湯(しゃかんぞうとう)

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

が挙げられます。特に炙甘草湯は効果的と思います。

当店での炙甘草湯(しゃかんぞうとう)を用いる一つの目安として、

・貧血傾向が若干ある

・疲労感・倦怠感がある

 ・時折のぼせることがある

 ・動悸がする ・手足のほてり

・ノドの渇き ・皮膚乾燥

などが、挙げられます。

 

【炙甘草湯と十全大補湯の漢方製剤】

炙甘草湯は取り扱いメーカーが極めて少なく、当店では松浦漢方と 剤盛堂のみの取り扱いです。

十全大補湯は汎用処方であり、各漢方メーカーが発売しています。 当店では一元、三和、松浦、剤盛堂をそれぞれ取り扱っています。

《炙甘草湯(しゃかんぞうとう)》

※本方は、どうきや息切れに用いられますが、脈の結滞するものにも 用いられるため復脈湯(ふくみゃくとう)の別名があります。

当店では個別の症状により、適証であれば炙甘草湯を処方することが 多く、疲労感強い場合には下記の「十全大補湯」の併用することも 有ります。

■炙甘草湯エキス細粒(松浦)500g徳用ボトル入り廉価特販!20%オフ

体力がおとえて,つかれやすい者の動悸,息切れ

 

炙甘草湯エキス細粒(松浦)500g徳用ボトル入り激安特販!20%オフ

■松浦 炙甘草湯エキス細粒300包徳用廉価特販!20%オフ

体力がおとえて,つかれやすい者の動悸,息切れ

 

松浦 炙甘草湯エキス細粒300包徳用激安特販!20%オフ

シンキ粒 500gバラ 炙甘草湯(剤盛堂)

体力中等度以下で,疲れやすく,ときに手足のほてりなどがあるものの次の諸症 :動悸,息切れ,脈のみだれ

 

シンキ粒 500gバラ 炙甘草湯

《十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)》

※本方は気血、陰陽、表裏、内外ともに虚したるを大いに補うもので、 「十全の効あり」との意味から十全大補湯と名付けられました。 いろいろな病気の後で全身の衰弱がひどく、貧血し、胃腸の力も衰えて いるような人を目標に用いられます。

従って当店では疲労、過労、ストレスなどからくる不整脈にも本方を 併用することが多いと思います。

■松浦 十全大補湯エキス細粒48包×2個セット 病後の体力低下,疲労倦怠,食欲不振,ねあせ,手足の冷え,貧血

 

■十全大補湯エキス細粒(松浦)500g徳用ボトル入り廉価特販!20%オフ 病後の体力低下,疲労倦怠,食欲不振,ねあせ,手足の冷え,貧血

 

十全大補湯エキス細粒(松浦)500g徳用ボトル入り激安特販!20%オフ

■松浦 十全大補湯エキス細粒300包徳用廉価特販!20%オフ 病後の体力低下,疲労倦怠,食欲不振,ねあせ,手足の冷え,貧血

 

松浦 十全大補湯エキス細粒300包徳用激安特販!20%オフ

 

 

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。


 
 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう。
最新情報をお届けします。
特集記事
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
sajiclub2016


プロたん漢方2・通販公式サイト2018