●特価!!ウチダの桂枝茯苓丸・30丸×168包が丸剤の部、もっかトップ驀進中!

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク
人気の高級漢方食品
雲南貴精雲南田七田七末500g雲南片玉金ウチダの霊芝エキスウチダの霊芝・刻み



イネ花粉症と荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

薬剤師の遠藤です。
いつも有難うございます。

本日は久々にイネ花粉症の話を。

【イネ花粉症は時期的にやたら長い】

イネ花粉症は期間がやたら長いですね。いよいよ始まりました。
日々の漢方相談においでになられています。

スギ花粉ほどの凄さはありませんが、地域的にかなりの広範囲と、
症状が頑固です。

これが秋まで続くなんてとても耐えられないとのこと。
そのお気持ちお察しいたします。

—————————————————————-

【イネ花粉症について】

●「イネ花粉症」を有する患者さんデーターは正確には把握していませんが、
症状はなんと9月の終わりまで、つまり半年間も鼻炎症状が続きます。長いです。

●絶対数は少ないと思いますが、実際に当月あたりからご相談においでになられる患者様が多く、
梅雨時期であろうと、酷暑の夏であろうと「イネ花粉」は飛散は続きます。

※従って当店における年間延べ患者数は相当多いです。

●症状としては、徹底した鼻づまりと時折透明色の鼻水が無意識のうちに
鼻を伝わって本や書類にポタリと垂れます。
そして「くしゃみ」が連続で。。

●特に接客業の受付や事務などされている方にとっては、
または食品製造に携わるスタッフらには「困りモノ」の症状で、
暑い日にはマスクもできません。

※マスクしたまま、くしゃみ連発5回で、鼻水と涙でマスクがぐちゃぐちゃ・・。

●そこで浮上してくるのが漢方処方の荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)です。

当方剤は一体全体、どのような「証」なのでしょうか?

—————————————————————-

【荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう )と解毒証】

日本の伝統医学の中に、「一貫堂医学(いっかんどういがく)」があります。(超有名)

この流派の特徴として、病人を「三大体質」に分類します。

三大体質とは「臓毒証(ぞうどくしょう)」、「お血証(おけつしょう)」、
「解毒証(げどくしょう)」です。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)は解毒証に使う処方です。

※誇張抜きでお話ししますが、私の経験上、当処方と患者様の「証」とが適合しますと、
なんと翌日から症状改善を体感いたします。

※あまりにも効果的なので、本人も驚くぐらいです。
つまり、「何か西洋薬の成分が入っているのか?」と。

いえいえ、そのような成分は含有しておりません、100%生薬成分なのです。

—————————————————————-

【一貫堂医学と解毒証】

解毒証とは、一貫堂医学によれば、「結核にかかりやすいタイプ」といわれています。

現在、結核が難病でなくなり完治する病気になり、それに代わってアレルギー疾患が増えています。

結核菌であれ花粉などのアレルゲンであれ、外界からの刺激に反応しやすく、
容易に炎症を起こすような体質者と解釈されています。

「解毒証体質=アレルギー体質」と理解し、最近では荊芥連翹湯がアトピー性皮膚炎、
花粉症などのアレルギー性疾患にも応用されています。

具体的にはどのような炎症かといいますと、ノドの部分としては扁桃炎、
鼻の部分では鼻炎・ちくのう症、皮膚においては湿疹やニキビなどです。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)は一貫堂医学に基づいた方剤の一つなのです。

—————————————————————-

【後鼻漏(こうびろう)は仕事への意欲や集中力の低下にもつながる】

鼻汁が前に出て来ない鼻閉鼻炎。

さらにその鼻汁がのどの裏を伝わって流れる後鼻漏(こうびろう)は、
不愉快極まりない。

これでは仕事をしていても集中できないどころか、日常の生活において、
匂いに無感覚となることもあるわけで。

主に証としては腹直筋の硬直、手や足の発汗、
どちらかというと皮膚が浅黒い方の鼻炎に向いています。

もちろん当証でなければ効かないという意味ではありません。

首よりも上の充血症状(慢性の扁桃腺炎、咽頭炎にも)に適応されます。
荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)は繁用処方で、鼻炎を問わず、
耳鼻咽喉科疾患では当店売れ行きナンバー1.です。

—————————————————————-

【長期型の花粉症や鼻炎に抜群に効く荊芥連翹湯】

前述の長期型の「イネ花粉症」をはじめ、蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、
にきびと、適応範囲も広く、特に慢性的に蓄膿や、蓄膿症の傾向のある方には
向いている処方です。

基本的には体質改善薬ですので、長期投薬も可能で、この時期に限らず、
実店舗においても1年中引き合いのある方剤ともいえます。

このような場合、様子を見ながら荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)の
継続投薬を推奨いたします。

—————————————————————-

●製剤のご紹介

●三和生薬の荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

・エキス錠 270錠 900錠
・エキス細粒 30包 90包 500g

※現在、三和生薬の濃厚であるエキス錠剤タイプが人気です。
※当店では最初から徳用900錠を推挙しております。

プロたんが特におすすめ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
■(新)サンワ荊芥連翹湯エキス錠900錠(徳用50日分)
税込10,368円 送料無料・手数料無料

※トライアルサイズで270錠(15日分)というのも取り扱っています。

●PCカート【パソコン・スマホ】
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-3-12

●SPカート【ガラ携・スマホ】
https://www.pro-drug.com/cart/igoodslist.cgi?kate=200-3-12

更年期障害って病気なの?

閉経前後の更年期に生じる症状がつらく、ご本人やご家族の日常生活に差し障りがある場合を更年期障害といい、病気と診断します。
もちろん病院で治療することができます。
更年期障害では、症状の種類も強さも、ご本人が不快に感じる度合いも個人差が大きく、気のせい、加齢のせいなどとして放置してしまうことや、
病気という意識を持てずになかなか受診に至らない場合がありますが、あくまでもご本人が不調を感じているかどうかが重要です。
不調を感じる場合は早めにお医者さんに相談してください。

更年期の症状にはどんなものがあるの?

更年期障害の症状はさまざまで、日によって症状が異なったり、出なかったりもします。
多いものとしては、ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり、発汗)、動悸、不眠などがあります。

更年期の症状は人によって違うの?

症状の現れ方も人によってさまざまです。
エストロゲン欠落症状の代表的なものはホットフラッシュですが、ホットフラッシュがまったくないのに腰痛や頭痛で悩んでいる人もいます。
また、同じような症状でも、あまり負担に感じない人もいれば、耐えきれないほどのストレスを抱える人もいます。
ご本人を取り巻く状況もさまざまで、家庭人としては、子どもが独立した、老親の介護が必要になった、職業人としては管理職になったなど、大きな変化が生じる時期でもあります。
このような外的要因と、からだの中で起こる内的な変化があいまって、人それぞれで違った症状があらわれるのです。

何科を受診したらいいの?

女性のからだをトータルに診る婦人科医に相談するのが不調を解消する早道です。
ただし、更年期障害の症状だと思っても、実はほかの重大な病気が原因のこともあるので、
症状の陰に隠れた病気がないかを見極めるためにも検査を受けることは必要です。
更年期以降は骨粗しょう症や排尿障害、脂質異常症などの生活習慣病など、
悩みを抱えやすい年代ですが、このようなときにも婦人科医は頼りになる存在です。
いざというとき気軽に相談でき、親身になって考えてくれる婦人科のかかりつけ医をつくっておきましょう。

どの程度つらいときに病院に行けばいいの?

がまんしないで、気になったらまず婦人科のお医者さんに相談してみましょう。
更年期障害の症状は、バランスのよい食事や運動、ストレス対策、休養などで、ある程度改善することができますが、
それでも症状が改善しない場合や、支障がなくてもご本人が気になる場合などは、お医者さんに相談することをおすすめします。

初診のときに何を準備すればいいの?

お医者さんとのスムーズなコミュニケーションのために、基本的な情報をあらかじめ整理してメモにしておくとよいでしょう。

●月経の周期や月経期間
●最終月経の開始日
●これまでかかった病気
●現在飲んでいる薬
●生活習慣
●もっとも気になる症状の情報(症状がいつから出ているのか、どのようなときに出るのか、 1日のうちいつ出るのかなど)
など。

ホルモン補充療法(HRT)ってどんな治療法なの?

更年期障害の治療や閉経後女性の健康増進、健康維持を目的に開発された治療法で、更年期に減少する女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン(プロゲステロン)
を補う方法です。
子宮があるか切除しているかによってHRT の方法は異なります。
詳しくはこちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓

ホルモン補充療法(HRT)は、減少したエストロゲン(卵胞ホルモン)を補充する療法です。
また、子宮を有する場合には、黄体ホルモン(プロゲステロン)を一緒に投与します。
保険適用で、自己負担も少なく、更年期障害の根本的な治療法としてもっとも期待されてます。

ホルモン補充療法(HRT)が効く症例

● ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)、発汗などの血管運動系の症状の改善
● 動悸や知覚異常など自律神経系の不調の改善
● 閉経後骨粗しょう症の予防と改善
● 泌尿器生殖器の粘膜が萎縮や乾燥して起こる萎縮性腟炎や性交痛などの改善

HRTは、更年期障害の根本治療を目的とした薬ですが、更年期障害のほかの症状の緩和のために、漢方薬や抗うつ・抗不安薬を一緒に使うこともあります。