十方便秘薬は、8種類の生薬成分から成る植物性便秘薬です。

シェアする

   

薬剤師プロたん推奨の漢方便秘薬!

10hou4

pro3

相変わらずお問合せの多い「便秘薬」。
根気よく治しましょう。短気は損気ですよ。
常習便秘症のお客様とお話をして私が気になることは、意外と「せっかち」な方が多いのです。

製剤によっては「漢方」だから「安心」、「植物性」だから「穏やか」という言葉は、常習便秘症で苦しんでいる患者様にはあまり「通用」しないと思います。
でも・・・。ここで自身が辿ってきた足跡をあらためて振り返りましょう。。

ついついおトイレを我慢していませんでしたか?・・・職業柄どうしてもおトイレに行けない環境ですか?

10hou12

さらに・・・。
食事が不規則。野菜や食物繊維が極端に少ない献立。
腸管が生来弱い。冷え性。運動不足。ガスが溜まりやすい。。などなど放置されてきましたか?

「早く出したい」、「強い便秘薬じゃないと私はダメ」、「でも・・・長く続けていると副作用が怖い」と、お悩みではありませんか?
皆様、共通したお悩みのようです。

10hou5

排便はリズムです。

pro3

病院検査等で一時的に「空(から)」にするのであれば、浣腸や化学合成成分の強力な下剤を必要としますが、平素用いる便秘薬は「漢方」、「生薬製剤」又は乳酸菌製剤のような穏やかな製剤で、根気よく「軌道修正」しましょう。そう、コツコツ根気です。

要は胃腸粘膜を守りながら「排便リズム」を整える穏やかな漢方(複数の生薬成分)製剤で、かつ服用量を調節、工夫され、計画的に「便秘」を改善していく方法論が一番ですね。

食事療法を併用することは言うまでもありませんが、ある程度「リズム」ができてきた段階で、次第に服用量を減じる療法(漸減療法 例.6錠→5錠→4錠→3錠)を実施し、腸内細菌叢(そう)にプラスとなる生薬配合の乳酸菌製剤などの併用も良いと思います。

この詳細については小生の拙稿 「常習便秘症と漢方」を参照して頂けると幸いです。

(2017年5月末日 店主拙稿)

常習便秘症と漢方

常習便秘症と漢方
漢方便秘薬は新薬成分と違い、ほとんどと言ってよろしいほど副作用はございません。ただ、現在のご自身の便秘レベル以上の便秘薬を服用しますと、当然ですが下痢をいたします。従って、貴方の現状況に応じたランクのお薬で、かつ服用量の「微調整」が可能な漢方便秘薬がよろしいと思います。

10hou11

十方便秘薬と五黄錠

製造元の摩耶堂製薬さんには従来「五黄錠」という漢方便秘ではヒット商品を有していますが、この十方便秘薬はその五黄錠をやや緩やかにしたレベルではないかと思います。

qqimage18
小生は生来、腸管が弱く、どちらかというと下痢、便秘を繰り返す方です。
従って、強烈な便秘薬はどだい無理で、センノシドABなどの合成品そのものはトイレで冷や汗モン・・・・合いませぬ。

十方便秘薬が、まだ中央製薬さん(後年、マヤ堂へ合併)で発売していた当時、このお薬と出会い、感動したものです。 腹痛もほとんどなく、朝の排便がスルリと、これまた気持ちいいもので、ずいぶんと重宝しておりました。現在でも長期出張とかで平素と違う食事を予定している場合は、必ずカバンのすみに入れておく便秘薬でもあります。

10hou500

PC(パソコンカート)
pccart

SP(スマホカート)
spcart

スポンサーリンク

十方便秘薬の概要

10hou5

十方便秘薬は、8種類の生薬成分から成る植物性便秘薬です。
瀉下薬であるダイオウ、センナ、アロエに加え、シャクヤク、カンゾウ、ケイヒ、ショウキョウ、ガジュツを配合していますので、各成分が互いによい効果を発揮し、穏やかな便通を促進します。

十方便秘薬

医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 瀉下薬(下剤)
承認販売名
製品名 十方便秘薬
製品名(読み) ジッポウベンピヤク
製品の特徴

☆十方便秘薬は,ダイオウ,センナ及びアロエなど8種の生薬を配合したおだやかな排便をうながす便秘薬です。
☆これらの生薬の配合により,胃に負担をかけずに便秘を解消するとともに,便秘に伴う頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振,腹部膨満等の症状を改善します。
☆おやすみ前に服用しますと,次の日の朝にききめがあらわれます。

使用上の注意

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください。
 他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
3.大量に服用しないでください。

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)次の症状のある人
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐

3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

効能・効果

便秘。便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振(食欲減退),腹部膨満,腸内異常醗酵,痔

効能関連注意

用法・用量

次の量を,就寝前(又は空腹時)に,水又はお湯で服用してください。
ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら,少しずつ増量又は減量してください。

[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):6~8錠:1回
11歳以上15歳未満:4~6錠:1回
7歳以上11歳未満:3~4錠:1回
7歳未満:服用しないこと

用法関連注意
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

成分分量 8錠中

ダイオウ末 0.6g
センナ末 0.3g
アロエ末 0.3g
シャクヤク末 0.2g
カンゾウ末 0.2g
ケイヒ末 0.1g
ショウキョウ末 0.1g
ガジュツ末 0.15g

添加物 タルク

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)ビンのフタはよくしめてください。しめ方が不十分ですと湿気などのため変質することがあります。また,本剤をぬれた手で扱わないでください。
(5)ビンの中の詰め物は,輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。
開封後は不要となりますので取り除いてください。
(6)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。
(7)一度開封した後は,品質保持の点からなるべく早く服用してください。
(8)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

製造販売会社 摩耶堂製薬(株)
会社名:摩耶堂製薬株式会社
住所:神戸市西区玉津町居住65-1
剤形 錠剤
リスク区分 第「2」類医薬品

PC(パソコンカート)
pccart

SP(スマホカート)
spcart