雲南貴精とウザ爺(うざじい)

雲南貴精とウザ爺(うざじい)

特に「雲南貴精(うんなんきせい)」につきましては、発売当初、我が身が滅びそうになった時とのタイミングも合い、病院治療と平行して飲み始めたいきさつも有する、私にとっは実にセンセーショナルな製品です。爺さんが、その昔、「おやじ」と言われていた頃の話。確かウチダ和漢薬の前の、その前の部長から、ご紹介を受けた製品。

タラバガニと、ズワイガニと、どちらが良いのか、旨いのか比較論議

タラバガニと、ズワイガニと、どちらが良いのか、旨いのか比較論議

タラバガニ 十脚目(エビ目)異尾下目(ヤドカリ下目)タラバガニ科 タラバガニ属 に分類される甲殻類の一種(1種)である。タラバガニ属はタラバガニを含む5種からなる。和名に「カニ」の名があるが、生物学上はヤドカリの仲間である。食用に珍重され、分布域の沿岸では重要な水産資源の一つとなっている。

医師からクレアチニンが少し高いと警告を受けました。病院から投薬はありません。何か漢方療法をお教えください。

医師からクレアチニンが少し高いと警告を受けました。病院から投薬はありません。何か漢方療法をお教えください。

確かにクレアチニンが少し高いからと言って、すぐには病院医師からの投薬はないと思います。但し、高値が長期継続したり、さらに上昇を続けるのであれば、要注意です。病院の投薬どころか、腎炎、腎不全の疑いで入院は避けられないと思います。日常の漢方療法につきましては、後述するとして、先にクレアチニンについて少々ご説明しておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク