小太郎漢方・匙(さじ)倶楽部 人気です!

スポンサーリンク

シェアする

saji201609

   
当時は、香砂六君子湯や柴芍六君子湯、滋腎通耳湯や滋腎明目湯、環元清血飲、杞菊地黄丸、紫根牡蛎湯などがひしめきあっておりました。現在もなお、これらの製剤は漢方市場全体において引き合い多く、汎用になりつつありますが、本年に入り「婦人宝」、「甲字湯」などの発売により販売ランキングにも大きな変化が見られるようになったと思います。
冬だけではなく、時節の変わり目や、夏風邪などオールシーズンを通じて利用できる漢方薬として、 先にご紹介した小太郎漢方の「金羚感冒錠(きんれいかんぼうじょう)」または「エキス散」である「金羚感冒散(きんれいかんぼうさん)」を推奨するものです。
辛涼解表の薄荷(はっか)、淡豆鼓(たんずし)、牛蒡子(ごぼうし)と、金銀花(きんぎんか)、連翹(れんぎょう)で軽度に発汗すると同時に、消炎・抗菌作用によって炎症を抑制し、解熱させる。
参考サイト
ばあばのとっておきの緊急用漢方・風邪薬。青梅の漢方先生から教えて頂きました。牛黄とこの柴葛解肌湯(さいかつげきとう)との組み合わせは、私の病弱な人生に喝『かつ』を入れてくれたと思います。やはり自然療法は偉大であると思いました。

各処方 特集記事一覧

小太郎漢方・匙倶楽部シリーズをご希望のお客様へ

yakuzaishi代表電話:0428-25-8682
※平日のみ10時~夕刻5時まで
※電話口で必ず「小太郎の、さじくらぶの問合せ。」とお話ください。
※すぐに担当薬剤師に代わります。
※緊急時薬剤師直通:090-1653-9903

なお、初回お申込みのお客様は、漢方相談の事前に会員登録を必須といたします。(必ず、現在使用中の薬剤、既往歴、アレルギー歴などご記入ください。秘密厳守いたします。)
また、メールアドレスが無いお客様も、お電話で会員登録が可能ですので、お気軽にご相談ください。
プロたん会員登録プロたん会員ログイン

kanriph 【薬剤師からのお願い事項】
当、小太郎匙倶楽部シリーズは、数ある漢方製剤の中でも、素材が極めて良質、かつ各製剤は専門性を有し、ご希望の際は薬剤師である私、遠藤か「薬のプロたん」の店長田中とご相談の上、お申込み頂く形となります。
特に初めてのお客様から「なぜネットから購入できないのか?」とのお問い合わせを日々頂きますが、このシリーズは、当店のショッピングカートを駆使した買物システムは使用できません。
例え今回「ネット販売が解禁」であっても、このシリーズだけは特別であって、前述の通りの手順を経てお渡しという形となります。また、当然ですが投薬後のアフターフォローも実施いたします。
電話で価格についての交渉をされる方も多いですが、既に販売価格はサイト上に提示しており、一切ご容赦頂いております。
なお、冷やかし半分、かつ長時間電話をされる方がいらっしゃいますが、後に控えている他のお客様へのご迷惑となりますので、問答無用で断りしております。
自身の慢性的な疾病と向き合い、優良な漢方製剤で真剣にQOLを少しでも改善したいとお考えになるお客様のみ、お渡しできる漢方とご理解ください。

処方リスト

茵ちん五苓散 温清飲 温胆湯 延年半夏湯
黄耆建中湯 黄連解毒湯
霍香正気散 葛根黄連黄ごん湯 葛根湯 加味平胃散
加味逍遙散 環元清血飲 甘露飲 金羚感冒錠・散(銀翹散) new
帰脾湯 九味梹榔湯 きゅう帰調血飲第一加減 玉屏風散
荊芥連翹湯 荊防敗毒散 桂枝芍薬知母湯 桂枝加黄耆湯
桂枝茯苓丸料 香砂六君子湯
甲字湯 new 杞菊地黄丸 五積散 五淋散
牛車腎気丸
柴葛解肌湯 柴胡桂枝湯 柴胡清肝湯 柴胡疎肝湯
柴芍六君子湯 柴苓湯 三物黄ごん湯 酸棗仁湯
滋陰降火湯 紫根牡蛎湯 滋腎明目湯 滋腎通耳湯
七物降下湯 参茸大補丸錠
芍薬甘草湯 十全大補湯 小建中湯〔ショーケン〕 小青竜湯
逍遙散 new
消風散 辛夷清肺湯 神仙太乙膏 参蘇飲
参苓白朮散料 清上けん痛湯 清上防風湯 清暑益気湯 new
清心蓮子飲 洗肝明目湯 千金内托散 続命湯
疎経活血湯 蘇子降気湯 石流茶【健食】
大黄甘草湯 大建中湯 沢瀉湯 竹葉石膏湯
治打撲一方 知柏地黄丸 new 釣藤散 通導散
当帰飲子 当帰四逆加呉茱萸生姜湯 当帰芍薬散料 独活葛根湯
独活寄生丸
女神散 new
人参湯
半夏厚朴湯 婦人宝 分消湯 防已黄耆湯
防風通聖散 補気建中湯 補中益気湯 補陽還五湯
麻黄附子細辛湯 new 味麦地黄丸
抑肝散加陳皮半夏 よく苡仁湯 new ヨクイニン
竜胆瀉肝湯 苓桂甘棗湯 苓桂味甘湯 苓桂朮甘湯
連珠飲 六味丸 リスイ5【健食】

maou

小太郎漢方 匙(さじ)倶楽部製品について

匙加減(さじかげん)という言葉が存在するように、スパーテル(匙)で微調整のイメージをもって、さらなる専門性を有した漢方専門薬局での販売を目的とした小太郎漢方の特別バージョンです。

ビジュアル漢方シリーズが縮小されると同時に、エキス細粒Gシリーズ(匙倶楽部:さじクラブ)が拡大し、2014年7月現在では既に大所帯の処方数を誇ります。

その特徴として他社が発売していない処方も多く、かつ製剤的に「質」の面でも「こだわり」を有した市販の漢方処方シリーズの中でもまさに最強のシリーズかも知れません。アイテムは1処方に対しエキス細粒の分包タイプ(主に90包)と500gボトルタイプ(バラ)の2本立てで、最近ではなんとエキス錠(錠剤)も発売されております。

開発パワーは実に迅速であり、新規商品が次々と発表されている昨今、「小太郎匙(さじ)倶楽部」の名称は全国的にもしっかりと浸透してきたと思います。

最近多くなっているのが顔面痛です。 原因不明の三叉神経痛が多いのですが、 虫歯や副鼻腔炎から誘発される顔面の痛み、 帯状疱疹後神経痛のように三叉神経に沿って痛みが出るもの、 外傷後の顔面痛などがありますが、 特に突発的に起こる顔面痛はQOL(生活の質)を著しく低下させます。