ベルクミンの詳細説明とご購入はこちらから。

シェアする

0bel00

薬剤師ぷろたん
漢方軟膏は、いろいろと昔から創薬されてきました。中でも、キハダを用いた「原典由来:中黄膏(ちゅうおうこう)」は、歴史ある処方です。
現在、松浦漢方さんから『ベルクミン』という商品名でチューブタイプと500gびんタイプ〔業務用〕が発売されており、両方共に超人気なアイテムですね。
いわゆるキハダ軟膏ですね。生薬の「黄檗(おうばく)」をベースにしております。
「黄檗(おうばく)」は胃薬や湿布薬としても使用される「消炎効果」のある生薬で、主に患部の「熱とり」として使用されます。
黄連解毒湯という優秀処方がありますが、当店アトピー相談ではよくこのベルクミン併用とすることがあります。
最近では、この「ベルクミン」が当店のような漢方を中心とした薬局・薬店だけではなく、街のドラッグストアーなどでも割りと簡単に入手できるようになりました。
確かに便利なのですが、意外と内容成分が濃く、「キハダ」そのものの殺菌作用や、瀉熱作用も結構なもので、どちらかというと甚だ私見ではありますが、作用は決して穏やか・・・でもなく、使用する時には「やたらベタ塗り」は絶対に避けてください。

0bel10

チューブから取り出したら、自身の指で薄く薄く延ばすように塗布するのがコツであり、間違って火ぶくれ状の頬や患部にゴテゴテと塗りたくりますとかえって逆効果になることがあります。
特に、最近は「脱ステロイド」として長年使用してきた外用の強力な副腎皮質ステロイド剤を突如として中止し、漢方軟膏等へ強制的にスイッチされる傾向があるようですが、お気を付けください。
キハダを真っ赤にただれた頬や額に厚めに塗るだけで、さらに状態が悪化することがあります。
この時の塗布するコツとしては、まず真っ赤に熱を帯びた患部(末端)から冷やすことから始まります。
アイスノン等をあらかじめご用意されているのもよろしいかと思います。これを根気良く続け、赤い患部の熱がすこし落ち着いた時点で
ベルクミンを前述のように薄く延ばすように塗ってください。

そのような理由から、当店では初めてのお客様には最小包装のチューブ1本からおすすめしております。
軟膏つぼに入れますとどうしても、余計に多く塗ってしまう傾向があるようですね。
特に部分的な塗布に効果を発揮し、アトピー症の場合にはひじやひざ小僧の裏側、首周囲の一部が炎症起こしている部位を選択されて塗るように
ご説明をしております。
0bel20

このベルクミン中黄膏は保険適応されておらず、医療ルート(卸さん)からはなかなか入手ができない理由から、何軒かの医療機関(地域診療所)からネットを介して別ページで述べている「タイツコウ軟膏」らと一緒にご注文を頂いております。
どんなに優秀な漢方軟膏でも、厚く塗りすぎると、「かぶれ」をきたすことがある。
これだけは前もって覚えていてください。

宜しくお願いします。

スポンサーリンク

ベルクミンの概要

ベルクミンの概要

医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 その他の漢方製剤
承認販売名
製品名 ベルクミン
製品名(読み) ベルクミン
製品の特徴

本品は、消炎解毒作用のあるオウバク(黄柏)、ウコン(鬱金)を配合した軟膏剤で、やけど、ただれ、すり傷、きり傷をはじめ、痔のはれ、出血などの症状にもご使用いただけます。
特に患部が熱をもったような症状に効を奏します。

使用上の注意

■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)湿潤・ただれ・やけどのひどい人
(4)傷口が化膿している人
(5)患部が広範囲の人

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ

効能・効果

火傷、外傷、きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血・ただれの緩和、おでき、湿疹、かぶれ、ただれ、あせも、かゆみ、ひび、しもやけ、あかぎれ

効能関連注意
用法・用量 患部に直接塗布するか、ガーゼ、布片、リント布等に塗り、広げて貼ってください。かさぶたのある患部にはガーゼに広げて貼ってください。
用法関連注意 (1)用法を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)外用にのみ使用してください。
(4)目に入らないよう注意してください。
(5)衣類等に付着すると黄色に着色しますのでご注意ください。

成分分量 本品100g中

油脂性抽出物 100g (オウバク(黄柏)10g、ウコン(欝金)8g)

添加物 基剤:ゴマ油100g、ミツロウ38g、豚脂2g

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)本剤は天然物を成分としていますので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

製造販売会社 松浦薬業株式会社
住所:名古屋市緑区大高町寅新田36
販売会社 松浦漢方株式会社 添付文書情報

剤形 塗布剤
リスク区分等 第3類医薬品

文責:薬のプロたん
住所:東京都青梅市長淵5-543
有限会社プロドラッグ
お客様漢方相談室
受付時間:月~金曜日 10:00~17:00(祝日を除く)
電話:0428-25-8682