花粉症の過酷な時期に漢方療法でどう乗り切るか?

シェアする

【花粉症の過酷な時期に漢方療法でどう乗り切るか?】

花粉症の時期。憂鬱の方も多いでしょう。本年の花粉飛散は多い?いや少ないのでは?

※もとから花粉症をお持ちの方にとっては飛散量の多少は関係のない話です。

植物がこの世にある限り、花粉飛散による直撃は逃れられない現実です。
特に3月~5月初旬、9月~10月初旬。
スギ、ヒノキ、ブタクサなどなど目白押し。

都会の喧騒を逃れ、ローカルに永住を求め、ここ東京都青梅市近郊に引っ越されて来た方々。
日々、くしゃみと滝のような鼻水、目のかゆみ。
酷い場合には、皮膚炎、発熱など、たかが花粉症とは言えませんね。

この続きは

もとから花粉症をお持ちの方にとっては飛散量の多少は関係のない話です。植物がこの世にある限り、花粉飛散による直撃は逃れられない現実です。特に3月~5月初旬、9月~10月初旬。スギ、ヒノキ、ブタクサなどなど目白押し。

コメント

  1. 木村 木村 より:

    いつも有難うございます。
    この本年1月からずっと鼻優Sを続けています。
    毎年3月に入ってからすぐに酷い症状になるのですが、全然スッキリしています。
    ときたまくしゃみをするのですが、楽ですね。

  2. よしこ より:

    私は荊芥連翹湯と鼻優Sとの2本立ての作戦でいっています。
    酷い鼻づまりは完全に解消され、しかしコストはかかります。
    この時期は仕方ないとあきらめていますよ。