化膿性疾患に排膿散及湯!

化膿性疾患、歯肉炎などに排膿散及湯が効く!

プロたん漢方サイト 排膿散及湯エキス細粒(はいのうさんきゅうとう)

 

>

 

従来からの原末配合処方である排膿散及湯EX散が突如として製造及び販売が中止となり、この2013年2月より代わって松浦漢方NO.52  排膿散及湯エキス細粒(はいのうさんきゅうとう)が華々しく?!デビューいたしました。

 

EX散の人気が大変良かっただけに惜しまれるのですが、今度のエキス細粒タイプは言うまでもなくサラサラしていて飲みやすい。
さらに300包(100日分)もアイテムに加えるなど、長期投薬を意識した構成となっております。

 

【効能・効果】は、化膿性皮膚疾患の初期又は軽いもの、歯肉炎、扁桃炎・・と、適応症から具体的に「蓄膿症」や「乳腺炎」を削除していますが、もちろん従来通りの疾病応用は充分可能と私は考えています。
服用量は、成人(15歳以上):1包:2.0g:3回ということで、常用量として1日分6gで設定されています。
※プロたんの健康相談での服薬指導として当初は1回1.5g 1日3回 1日分4.5gで様子を見ながら6.0gまで増量調整という形のプロセスを経ております。

 

プロたん漢方サイト PCカートヘ プロたん漢方サイト SPカートヘ

 

【いらっしゃいませ】
会員様はログインしてください。初めてのお客様は会員登録をお願いします。
配送の説明についてはこちらをご参考ください。 よくあるご質問は、FAQ。

 

プロたん漢方サイト ログイン プロたん漢方サイト 会員登録 プロたん漢方サイト かごの中

 

プロたん漢方サイト 排膿散及湯エキス細粒(はいのうさんきゅうとう)

 

 

 

 

 

 



スポンサーリンク

排膿散及湯エキス〔細粒〕52の概要

プロたん漢方サイト 排膿散及湯エキス細粒(はいのうさんきゅうとう)

 

排膿散及湯は皮膚の腫れや発赤をしずめ、治りを良好にする漢方処方で、。化膿性の皮膚疾患のほか、歯肉炎や扁桃炎などにも用います。

 

排膿散及湯の構成生薬は下記の6種類です。
主薬の「桔梗」には排膿をうながす作用があるといわれています。

 

「枳実」「芍薬」「甘草」などは炎症や痛みをやわらげます。
これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。

 

桔梗(キキョウ)
枳実(キジツ)
芍薬(シャクヤク)
大棗(タイソウ)
生姜(ショウキョウ)
甘草(カンゾウ)

 

 

 

 

プロたん漢方サイト 排膿散及湯エキス細粒(はいのうさんきゅうとう) プロたん漢方サイト 排膿散及湯エキス細粒(はいのうさんきゅうとう)

 

枳実(きじつ)とはダイダイ(又はナツミカン、ウンシュウミカンの近縁植物)、の未熟果実です。

 

主成分としては、近年に抗アレルギー作用で話題になっている「ヘスペリジン」を含有。芳香性健胃薬としても昔から知られております。(つまり胃腸にもよろしいのです)

 

この素材は、大変に有効であり、甚だ私見ではありますが、排膿散及湯を服用した翌日から「独特の痒みが軽減」される大きな要因ではないかと考えております。

 

 

排膿散及湯エキス〔細粒〕52

 

項目 内容
医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 その他の漢方製剤
承認販売名
製品名 排膿散及湯エキス〔細粒〕52
製品名(読み) ハイノウサンキュウトウエキスサイリュウ52
製品の特徴

 

本方は、排膿散と排膿湯を合方した処方で、体力の程度に関わらず用いることができます。
炎症を鎮め、その名前のとおり膿を排出する働きがありますので、化膿性の皮膚病や歯肉炎などに奏効します。

 

使用上の注意

 

 

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください。
生後3ヵ月未満の乳児

 

 

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師、歯科医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
(5)次の症状のある人
むくみ
(6)次の診断を受けた人
高血圧、心臓病、腎臓病

 

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

 

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:胃部不快感

 

まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

 

[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症、ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。

 

3.5〜6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

 

4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

 

5.本剤の服用により、まれに症状が進行することもありますので、このような場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

 

効能・効果 化膿性皮膚疾患の初期又は軽いもの、歯肉炎、扁桃炎
効能関連注意 体力に関わらず、使用できます。

 

 

用法・用量 次の量を食前又は食間に水又は温湯で服用してください。
(食間とは食後2〜3時間を指します。)

 

[年齢:分包剤(1回量):大入り剤(1回量):1日服用回数]
成人(15歳以上):1包:2.0g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包:1.3g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包:1.0g:3回
4歳未満2歳以上:1/3包:0.7g:3回
2歳未満:1/4包:0.5g以下:3回

 

用法関連注意

 

(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。
成分分量 本品3包(6.0g)又は6.0gは   成分 分量 内訳
排膿散及湯エキス 3.7g(乾燥物換算で約1.85gに相当) (キキョウ2g、カンゾウ・タイソウ・シャクヤク各1.5g、ショウキョウ0.25g、キジツ1g)

 

添加物 乳糖、トウモロコシデンプン、デキストリン、軽質無水ケイ酸、香料

 

保管及び取扱い上の注意

 

(1)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)本剤は天然物を成分としていますので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。
(5)分包剤で1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

 

製造販売会社 松浦薬業株式会社
住所:名古屋市緑区大高町寅新田36
販売会社 松浦漢方株式会社

 

剤形 散剤
リスク区分 第2類医薬品

 

プロたん漢方サイト 排膿散及湯エキス細粒(はいのうさんきゅうとう)

 

プロたん漢方サイト 排膿散及湯エキス細粒(はいのうさんきゅうとう)

 

 

 



スポンサーリンク

お問合せ・運営者・店舗情報

 

プロたん漢方サイト お問合せ

 

プロたん漢方サイト 運営者・店舗情報

 

 

 

プロたん漢方サイト トップへ戻る

 

はいのうさんきゅうとう

 

 



スポンサーリンク

ホーム 第2類医薬品 第3類医薬品 医薬部外品 健康食品 薬草 衛生用品 症状別漢方 特売