スポンサーリンク
近年激増の脳梗塞とt-PA静注療法

近年激増の脳梗塞とt-PA静注療法

脳梗塞への血栓溶解薬療法の試みは、CTが普及した1980年代後半から再開されました。世界初のt-PA静注療法の本格的な臨床試験は日本で実施され、発症6時間以内にt-PA静注が行われると血流の再開通が明らかに促進されること、さらに、症状も軽くできそうなことが示されました(1993年発表)。

これからは、病院の手術を予定されている方は、即刻、タバコを中止すべし

これからは、病院の手術を予定されている方は、即刻、タバコを中止すべし

その昔、某建設会社の偉いさんで、ヘビースモーカー(1日3箱以上)かつ酒豪の50年配の方が、私の勤務する病院の救急外来に現場事故で運ばれてきた。本来、外科的な一般の措置でOKなはずであったが、一流の外科スタッフらが総力を挙げて対応するも、損傷している組織が回復遅く、結局、重篤な症状に陥ってしまった症例があった。

IoTって最初聞いた時、何の略なのか不可思議であったが。。なかなか良い企画と感じる。

IoTって最初聞いた時、何の略なのか不可思議であったが。。なかなか良い企画と感じる。

IoTって最初聞いた時、何の略なのか不可思議であったが。。(ITTでも良かったのでは??まぁ愚痴ですが・・。)事業では、糖尿病のリスクを示すヘモグロビンA1cが6・5%以上だが、薬の治療には至っていない人が対象となる。歩数は常に記録し、体重や血圧は毎日事業所で測る。

血糖・脂質・血圧の包括的管理の重要性を強調

血糖・脂質・血圧の包括的管理の重要性を強調

順天堂大学大学院循環器内科学教授の代田浩之氏は、冠動脈疾患合併糖尿病患者に対する治療戦略について、第59回日本糖尿病学会年次学術集会(5月19~21日、会長=京都大学大学院糖尿病・内分泌・栄養内科学教授・稲垣暢也氏)のシンポジウム「最新エビデンスに基づく大血管合併症の予防と今後」で解説。

スポンサーリンク