ウチダの理気利心(りきりしん)80番の引き合いが増加中。不安神経症

   

 

ウチダの理気利心(りきりしん)80番の引き合いが増加中。

ここのところ、悲惨なニュースとか、見るに耐えないニュースが多く、かえってストレスになり、テレビをなるべく見ないようにしていたが、今夕のNHKニュースを見て少しホッとしました。

埼玉県熊谷市妻沼(めぬま)にある日本三大聖天の一つともされる、歓喜院(かんぎいんと読む)の聖天堂が国宝に指定されたそうな。。
快挙と言うか、まぁ当然かな・・・というのが私見。。

何年か前、高崎に所要があり、せっかくだから帰途は歓喜院を拝観しようと、確か事務長の輿石氏とわくわくしながら出向いたら、工事中であった。(苦笑)
今度機会があったらぜひ再度拝観したいものだ。日光東照宮と同じ権現造は必見ですね。

癒されますよ。。

ところで、ストレスと言えば漢方相談の話。

当店漢方相談にてご紹介している・ウチダ80番。理気利心(りきりしん)は、ストレスの漢方として、皆様には過去何度かご紹介をしてまいりました。

もとより、不安障害、パニック障害等には34番のご指名が従来多かったのですが、4月~5月15日の弊社データーにおいては80番が34番を抜き、部門別では第1位です。

理気利心

80番はこちら・梅核気(ばいかくき)不安神経症等に
→ http://www.protan2.com/dream/archives/137

竜化順清

34番はこちら・精神不安があって、動悸、不眠等に
→ http://www.protan2.com/34/

この春は、会社の異動や、プライベートにおける多忙、新学期や加えて気候の変動などいろいろと身辺におありと拝察いたします。
自覚症状としては、のど、胸のつかえ感。息苦しさ、不安観念などが挙げられます。梅の種.がのどにつかえた感じ・・いわゆる梅核気(ばいかくき)と言って独特の症状です。

当店の漢方相談の応用として、以下の疾病、症状が挙げられるます。

不安神経症、咽喉頭異常感症、更年期障害、不眠症、うつ状態、パニック障害、咳、神経性胃炎、嘔気神経質で精神不安があり、のどがふさがるような感方じがある。(梅核気)
息苦しさ、動悸、めまい感、嘔気、咳を伴うことがある等。

これらの疾病・症状の中では近年の相談事例として、不安障害やパニック障害などが多いと思います。

構成生薬は半夏(はんげ)、茯苓(ぶくりょう)、厚朴(こうぼく)、蘇葉(そよう)、生姜(しょうきょう)です。

半夏とはサトイモ科のカラスビシャクのコルク層を除いた塊茎であり、主として水分の停滞、代謝障害、嘔吐を治します。

厚朴は、モクレン科のホウノキの樹皮であり、胸部、腹部の腫脹や膨満を改善いたします。

たいへん穏やかな処方で、ユーザーからの評判も良好な方剤のため、漢方メーカーらが製品として販売しているのが現状で、特にウチダ和漢薬における「理気利心(半夏厚朴湯)」のエキス細粒剤は厳選された素材を用いております。
長期投薬対応製剤でもあり、300包。つまり概ね3ヶ月処方となります。

ウチダ和漢薬のNP細粒シリーズにあっては中核に位置する「理気利心」。
ぜひあなたの傍に置いてください。

日常溜まったストレスや不安。更年期に伴う男女の自律神経失調症など。
使用目的の範囲は広く、改善の期待ができる漢方処方です。

現在、当NPシリーズは現在、平常特価の15%引きを実施しております。
滅多に当シリーズは特販!を実施いたしません。
この機会にぜひご利用くださいませ。

ご来店の折には、事前に商品ご予約されているとお待ちになりません。

■NO.80理気利心エキス細粒(半夏厚朴湯)300包廉価特販!
税込21,735円を→ 税込18,474 円

■ またこちらの製剤も人気ありますので、ご紹介しておきます。神経衰弱の漢方です。

強衰性散

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク