豊温(ほうおん)と強回血散(きょうかいけつさん)とはどのように違うのでしょうか?

   

豊温(ほうおん)と強回血散(きょうかいけつさん)とはどのように違うのでしょうか?

両方ともに人気の生薬製剤。両方ともに良くご注文を頂いております。第3類医薬品です。
従って当店では、この4月1日より初めての方にも全国発送を開始いたしました。

女性のみならず、最近ではお若い男性の方からもご所望頂く「冷え改善」の漢方といえば、まずは「当帰芍薬散」が筆頭に上がる。

以前は桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などは男性からはほとんどご希望はなかってのであるが、 この「当帰芍薬散」と並び従来から「ご婦人の更年期障害の漢方」と呼ばれていた漢方処方が男性にも人気があるようである。

実際に男性、女性を問わず「証」が合えば漢方は良く効く。 最近では男の更年期としてLOH症候群が挙げられており、病院では主に「ホルモン補充療法」が実施されることが多い。 市販薬でもメチルテストステロンの製剤も販売されているが、当店ではホルモン製剤ではなく、もっぱら漢方薬でお願いしている。

更年期と言うと、ホルモンバランスを崩し、血行不良から手足つまり末端の冷えが顕著となり、逆に「のぼせ」のような上衝も出現することが多い。 いらいら感がつのり、夜間就眠時の寝つきが悪かったり、夜間頻尿。さらにひどい肩こりやケースによっては自律神経失調をみてめまいなども起こすことが多い。 こういうケースの場合、当店では「当帰芍薬散」をまずはおすすめする。 ケースにより、ホルモン補充療法をするより好転することもある。

当店の漢方相談では「当帰芍薬散」となると、製剤の代表はウチダNP細粒シリーズの73番(婦徳安潤)が一番の推奨品となっている。

ウチダNP細粒シリーズの73番(婦徳安潤)の詳細はこちら→ http://www.protan2.com/dream/archives/135

【強回血散(きょうかいけつさん)の特徴】

とりあえず小包装で試したいというお客様には剤盛堂の強回血散60包(当帰芍薬散由来)がおすすめである。 強回血散は剤盛堂の隋証薬で、「エキス+原末」の文字通り血巡りを良好にする漢方製剤である。

強回血散(きょうかいけつさん)60包の詳細は→ http://www.protan2.com/archives/8474

取得している適応症も極めて広範囲であり、貧血,月経不順,冷え症, 脚気,痔核,脱肛,痔出血,胃アトニー, 頭痛,帯下,妊娠腎,月経痛, ヒステリー,腎臓病,更年期障害,子宮後屈と、極めて多彩。

【豊温(ほうおん)の特徴】

オオクサ豊温錠        オオクサ豊温

さて、よく比較検討される製剤に大草薬品の「オオクサの豊温(ほうおん)」という製剤がある。 その名も『豊温』と言い、読んで字の通り、じんわりと温まる「血の道」の漢方処方だ。

ベースとなるのは超有名な原典処方「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」であり、これになんと気剤の「桂皮」、「生姜」を配合したいわゆるパワーアップバージョンともいえる。

取得している適応症は、冷え症,月経不順,貧血,頭重,めまい,更年期の神経症である。 お若い方からご年配者まで利用でき、かつもう一つ特筆するのが散剤、錠剤ともに内容成分は非常に濃い「原末製剤」である。

現在、エキス剤と原末を混合製造しているのが一元製薬さんの漢方錠剤シリーズで実に知る人ぞ知る人気アイテムであるが、大草さんの「豊温(錠)」の素材はまさに原末そのものであるから、さらに内容的に濃いであろう。

オオクサの豊温(ほうおん)は大変人気があり、散剤、錠剤ともにご注文を頂いておりますが、粉の苦さが苦手な方には錠剤をおすすめしております。

詳細は以下のバナーをクリック!

冷えを根底から改善 オオクサ豊温

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク