漢方の精神安定 ビッグ3(当店漢方相談)

   

漢方の精神安定 ビッグ3(当店漢方相談)

本日は、「漢方の精神安定 ビッグ3」と題しまして、ぷろたん漢方サイト・トップページの右サイド上段にバナーリンクを設置いたしました。

こちら→ http://www.protan2.com/

ビッグ3と、申しましてももちろん業界内でのことではなく、当店漢方相談におけるランキングです。
年々神経症関連の漢方製剤の引き合いは着実に伸びており、当店を問わず傾向的にはこのような全体的な動向があるかも知れません。

ただ、製剤に関しましては各薬局・薬店での推奨品というものが存在いたしますので、くれぐれも誤解のなきようお願いいたします。

くどいようですが、・・・ここに掲げる製品はあくまでも当店だけのデーターを元にして掲載しております。

弊社2011年度の集計の中で、「精神安定」に関わる漢方製剤において、相談相談でリピート率の高かった商品のランキングが遅ればせながら、先週出ました。


第1位

◎ ウチダの34番 竜化順清(りゅうかじゅんせい)300包
原典由来:柴胡加竜骨牡蛎湯

こちら→ http://www.protan2.com/34/

※当処方はウチダ和漢薬のNPシリーズの中でもダントツのトップでして、今なおリピートを日々頂いております。

※柴胡剤ですので、胸脇苦満(きょうきょうくまん)の方には好都合な処方です。
どちらかというと血圧が高め、実証向き。つまり平素はバリバリと仕事をこなされている方が、ストレス加重にてダウンされるケースに大変向いています。

※前述したように、柴胡剤ですので、抑肝散とはあまり併用はおすすめしておりません。
従って、前年度は抑肝散は単独処方が多く、ランキング圏外へ脱落いたしました。比較すると総合的には34番の方が適応が広く、使いやすいと感じます。

第2位

◎ウチダの80番 理気利心(りきりしん)300包

原典由来:半夏厚朴湯

こちら→ http://www.protan2.com/dream/archives/137

※震災の影響もありますが、昨年の夏までは異状と思えるほど引き合いが多かったと思います。現在ではさすがに落ち着いておりますが、息苦しさ、のどつかえ感、不安の増幅など、
今もなおリピート人気の多い製品です。

※ウチダ和漢薬のNPシリーズの中では4位に甘んじていますが、前年対比は200%超えの製品です。

※主訴は前述のように梅核気(ばいかくき)ちょうど梅の核(たね)がのどに痞えた感じが常時とれずお悩みの方に向いている処方です。

※当店では抑肝散の処方から離脱する時に、一時的にこの処方を用いることもあります。(併用はいたしません)

※半夏製剤の独特の効果が期待でき、特に息苦しさなどには著効するようです。副作用も全く少なく、男女が安心されて服用できます。半夏製剤を除き、他処方との併用も可能な方剤です。

第3位

◎剤盛堂 強衰性散(きょうすいせいさん)60包

原典由来:桂枝加竜骨牡蛎湯

こちら→ http://www.protan2.com/suisei/

※「証」は虚証で、血虚もきたし、心身ともに衰弱状態。
食欲も無く、血圧低く、円形脱毛の事例もあります。

※理知的で神経質。人によく気を遣われ、しかし自身は疲れやすい。
現代サラリーマン症候群として一時メディアで紹介され、脚光を浴びたこともある処方です。

※もちろん実証の方にはほとんど効き目はありませんが、当店では中等度の体力を有する男女にも処方し成功している事例も多いと思います。

※夢見が多く、寝言が過激な場合にも効果をみています。

※一昨年は2位躍進中でしたが、翌年には前述の理気利心(りきりしん)に大差をつけられ3位に甘んじました。

※なぜか、単身者に人気の製剤です。最小包装が60包とコスト的にお安く求められるのも魅力のようですね。圧倒的に単独処方が多く、他処方との併用例は当店では数人に留まります。

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク