杉原商店の丸剤の話

   

杉原商店の丸剤

薬剤師のぷろたんです。


さて今日の話は杉原商店の丸剤の話。

最近は、八味丸、六味丸に関しましては、ウチダさんに大きく水をあけられて、当2処方に関しましては杉原さん後退しております。(あくまでも当店だけのお話)

さらに最近では関西の栃本天海堂の六味丸が躍進し、昨年度、単独の処方では1位となりました。(こちらも当店だけのお話です。)
https://www.protan2.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-6-10

今までの杉原さんにははあまり無かったことなのですが、近年のウチダ和漢薬の丸剤についての製剤技術が格段に進歩し、かつ価格もお値打ちということなのでしょうか。

但し、独特の処方、「桂枝」ならず「桂皮」の

桂皮茯苓丸 婦人病
https://www.protan2.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-20-3

桂皮茯苓加大黄丸 婦人病、便秘

漢方通販のことならプロたん。漢方のデパート「プロたん」は東京都青梅市にある漢方・薬草の激安販売専門店です。

桂皮茯苓加ヨクイニン にきび、発疹

漢方通販のことならプロたん。漢方のデパート「プロたん」は東京都青梅市にある漢方・薬草の激安販売専門店です。
以上3処方に関してはダントツの上位を占めております。さすがですね。

※特に最近繁出の処方が桂皮茯苓加大黄丸桂皮茯苓加ヨクイニン

桂皮茯苓加ヨクイニンの丸剤は他社メーカーでも製造していない関係で、桂皮茯苓の「証」にて、冷えており、かつ皮膚炎やにきびなどを気にされるご婦人らに人気があります。

それと、当処方はお若い男性の方々からもよくご注文を頂きます。

あと、忘れてならないのは「婦人病、月経障害、月経困難」などに用いられる「桃核承気丸・とうかくじょうきがん」。

こちらの処方はウチダにもアイテムが存在し、売れ行きは5対5というところでしょうか。いずれも固定客様からのご要望が大です。

桃核承気丸 婦人病、月経障害、月経困難
https://www.protan2.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-20-10

あと、最後に杉原商店の完全オリジナルの丸剤、当帰芍薬丸の存在。
500グラム大箱が当店税込み特価で税込 9,450円と、ちょっと信じられない価格です。

当店では当帰芍薬はほぼ7割以上が散・細粒・錠剤・煎じですのでこの丸剤タイプはあまり出ておりません。
(当店の考え方として原典が散であれば製剤も散が妥当・・という影響もあるかも知れません。。汗)

しかしながら、市場ではかなりの人気の模様で、相当数の需要があるようです。ご希望のお客様はどうぞ。。他社では製造事例がありません。珍しい製剤です。

こちらが噂の・・・
当帰芍薬丸 婦人病、月経障害、貧血症
https://www.protan2.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-20-11


【まとめ】

◎現在、小粒丸剤について、当店では5年前からウチダ和漢薬製品が総合的には逆転した経緯があります。

当初20年以上も前には弊社オープン時に、小粒丸剤と言えば杉原商店。

当時のウチダさんも丸剤は製造しておりましたが、八味丸と数品目しかアイテムが無かったかと記憶いたします。

◎杉原さんの良いところは、用いる素材についてのこだわり、卓越した製剤技術でしょうか。知る人ぞ知る「杉原商店の丸剤」はこちら青梅の我が店舗でも静かに売れております。


【後記】杉原商店丸剤のご注文について。

◎平常ご注文予約を頂きまして、500gタイプは平日で約2日間。
250gタイプ(小)は受注生産となりますので約5日間。

・・・の入荷待ちとなります。
お続けになられているユーザー様がほとんどですが、どうぞ日数的に余裕をもってご注文予約をお願い申し上げます。

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク