半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)とは??

   

薬剤師ぷろたん

薬剤師のぷろたんです。

今夜は、半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)という処方について少しお話をしてみます。

当処方は当店で取り扱う漢方の中でも「ベスト5」にあげられるほど人気の処方です。

人気ということは実際に効果が上がったということと、逆に言えば今どきのお客様が多く「証」が合うということでしょうか。

ご購入男女比は3対7というところです。

主訴は、まず筆頭の頭痛、頭重。めまい、吐き気。手足の冷え。胃腸虚弱。

この訴えで、浮かんでくる疾病があります。メニエール症候群ですね。

しかし・・・・。
当店では例えメニエール症と診断を下されていない方にも「証」が合えばお勧めすることが非常に多いと思います。

現代社会における「もやもや病」のように、ストレスや環境の変化により、気・血・水のバランスを損なう。
西洋医学風で言えば、心療内科、神経内科、消化器内科などの複合的な疾病に当処方は向いていると私は考えます。

具体的に申せば、ストレス社会、現代病とも言える自律神経失調症や原因不明の慢性型の頭痛にも当店では用いることが多いですね。

——————————————————————-
半夏白朮天麻湯を構成する生薬群

極めて複雑な構成で、それぞれ意味があります。

半夏 鎮静、鎮吐。

天麻 めまい、ふらつの改善。そして難治な頭痛。

黄耆、人参、白朮、茯苓 消化機能調整と補気。

沢瀉、茯苓、白朮、蒼朮は水毒の改善。

陳皮・生姜は気滞の改善。

麦芽・神麹は消化力を高める。

乾姜は体を温める。

黄柏は胃腸改善、清熱作用。

——————————————————————
お時間ありましたら、半夏白朮天麻湯の特集を当ホームページにも
掲載しております。ぜひご覧ください。

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)の怪
han600

【半夏白朮天麻湯の製剤について】

慢性疾患対応型となります。

現在では、三和(錠剤270錠、900錠・細粒90包)と松浦(細粒300包シリーズ)の
両方ともに特売を実施しております。

三和生薬の半夏白朮天麻湯→ https://www.protan2.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-3-46

松浦の半夏白朮天麻湯→ https://www.protan2.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-4-88

あえて言うならば当店の顧客ですと、キャリアウーマン型の女性が極めて多いと漢方外来担当者らが申しております。

吾妻鏡の静御前のような・・・・心当たりのあるお客様はぜひご一考くださいませ。

通称「半白天(はんびゃくてん)」は本日も静かに売れております。

ホームページ「プロたん漢方2」http://www.protan2.com/

ぜひアクセスください。お待ち申し上げております。

スポンサーリンク