今の季節、蘇子降気湯(そしこうきとう)の使い方

   

【今の季節、蘇子降気湯(そしこうきとう)の使い方】

薬剤師ぷろたん
昨日から北風がここ東京青梅市に吹き始めました。
日中はさわやかですが、夜は冷えますね。油断は大敵です。
■あなたの周囲に「コホッ、コホッ」とせきをされる方がこれから多くなるはずです。乾燥期に入りました。。

■長期間の「せき」は体力を消耗するばかりか、睡眠不足。さらに大きなストレスとなりますね。
留意しましょう。

ひえびえ 北風

カゼでもない。又はカゼは終わったのに。。。喘息でもない。。。

こんなときに、あれこれ強い薬を飲んではいけません。
ましてや、市販のエフェドリンやコデイン含有のシロップには気をつけて。。
便秘します。かと言って今の時期、まだマスクは抵抗あるかも。苦笑

■私はどうも麻黄成分は弱いので、麻黄湯や、麻杏甘石湯や小青竜湯が飲めない。胃の弱い方も気をつけて。

■・・・かと言って、この「えへん虫」というか、断続的なせきには困りもの。会社の同僚や上司の前でなぜか余計に出るみたい・・困った。

ご安心ください。蘇子降気湯(そしこうきとう)はそんなあなたのための良き漢方薬です。

穏やかで、かつ優秀処方。大変よく効きます。
今、買わなくとも、知っておいて損の無い処方ですよ。

■シソシが含有の蘇子降気湯(そしこうきとう)エキス細粒G「コタロー」は、大変稀少な製品でして、私の記憶では他社では発売されていない、かつ優良な処方であると思います。

これからの時節、なにかとカゼ引きが多いのですが、その中で、主症状が治まっても、「せき」だけ残るという現象。

貴方もご経験がありませんか?つまり体力も低下している時のせき。
変な弱々しいせきが長期続きます。このような時にぜひおすすめします。

小さなせきが止まらない。。。汗

また、かぜは引いていなくとも、最近の北風の季節や気温の変化により、ついつい咳き込むケースがあります。くせになりますね。汗

ちょっとしたことが「引き金」となり長期間咳き込むことがあると、毎年これを繰り返し、俗に「せきもち」という慢性型に移行することもあるようです。

蘇子降気湯は、足腰が冷えやすく、のぼせ傾向で、せきがいつまでも続くものを改善してくれる代表的な漢方薬です。

【この処方の特徴】

■足冷えの体質の方の「長期せき」にとてもよく効きます。ショウキョウで末端を温めます。手足を温めることにより、逆にのぼせは減少します。

■特にぷろたんの外来相談では虚弱者や高齢者に多いせきに応用しております。

■たんが多く、せきが出て呼吸が苦しい気管支炎にも応用できる柔軟性もあります。

■当処方には麻黄は含有されていません。
■麻黄に弱い方にも安心して服用を続けられる処方です。

な、なんだこの咳は。。
効能・効果  体力虚弱で、足冷えや顔ののぼせがあり、
息苦しさのあるものの次の諸症:慢性気管支炎、気管支ぜんそく

成分分量  3包(4.5g)中
水製エキス 2.7g (シソシ2.4g,ハンゲ3.2g,チンピ・ゼンコ・
ケイヒ・トウキ・コウボク各2g,タイソウ1.2g,ショウキョウ0.4g,
カンゾウ0.8g)
————————————————————-

蘇子降気湯(そしこうきとう)エキス細粒G「コタロー」のことならプロたん漢方2。


■蘇子降気湯エキス細粒G「コタロー」D191(そしこうきとう)90包

■蘇子降気湯エキス細粒G「コタロー」D191(そしこうきとう)500g徳用ボトル(匙つき)

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク