三物黄ごん湯(さんもつおうごんとう)は手足のほてり、イライラやカユミに!

   

【手足がほてり、肌が乾き、イライラやカユミを訴える人】

匙倶楽部商品 三物黄ごん湯(さんもつおうごんとう)エキス細粒G「コタロー」

このタイプの方は、手掌や足の裏がほてって気持ちが悪い(四肢煩熱)と訴えることが多く、そのほてりが、皮膚のカユミや子宮周辺の炎症として現れ、特には上半身を侵し、いやな熱感をもたらし、精神状態にも影響する。

●三物黄ごん湯は、元来「婦人草褥(産褥 さんじょく)」で煩熱するもの」に対する処方であるが、陰虚火旺、血熱に用いる処方である。

●陰虚火旺(陰虚内熱)とは、からだの潤い物質(陰液)が減少し、体内の熱(エネルギー)が亢進した状態である。
このため、口渇や手足のほてりを伴う皮膚疾患(皮膚の紅潮や掻痒感が強い)をはじめ、更年期障害や自律神経失調症、不眠症といった精神神経疾患にも応用される。

●血熱とは血に熱邪が侵入するために現れる病態。熱感、出血あるいは発疹を訴え、産後や生理中に起きることが多い。女性の生理では、その周期が早まるのが特徴。

●もともとご婦人の産褥熱に用いていたが、現在ではトリコモナス性膣炎や白癬症などのカユミに用いることが多い。

————————————————-
ココがこだわり!
一般的に苦くて飲みにくい処方といわれているが、
本剤では1回服用量が少なくて苦味が軽減できる。
また、エキス量が多く医療用と同程度の効果が期待できる。
————————————————-
【効能・効果】
体力中等度又はやや虚弱で、手足のほてりがあるものの次の諸症:湿疹・皮膚炎、手足のあれ(手足の湿疹・皮膚炎)、不眠

【処方構成と効能】3味

ジオウは滋潤の働きによってからだの不足した血液・水分を補う(血熱をさます)。
オウゴンは優れた清熱作用をもち、滋陰作用のあるジオウと配合することで、血熱をさます働きが強化される。
クジンも清熱燥湿の作用をもち、オウゴン・ジオウの働きを補佐する。
またジオウの滋陰作用がオウゴン・クジンの燥性を抑える。
苦味のクジンと滋潤性のあるジオウは胃にもたれることがあるので、胃腸虚弱者の長期使用には注意する。

【類方鑑別】

三物黄今湯・・・手足がほてり、イライラやカユミを訴える。

黄連解毒湯・・・炎症や充血によるカユミ、ほてり(熱感)に用いる。急性期のものが多く、長期服用には配慮する。

荊芥連翹湯・・・温清飲(黄連解毒湯合四物湯)が含まれているため、慢性の炎症(ほてり、カユミ)や皮膚の栄養状態が悪いものに。

加味逍遥散・・・イライラして怒りっぽい。自律神経系が乱れて興奮しやすく、頭がほてっていろいろな神経症状が出る。

桂枝茯苓丸・・・お血(血液の循環不良)による冷えのぼせ。

麦門冬湯・・・・体内の水分が減り、口が渇き、乾燥のため特に気道の流通が悪くなり、呼吸が苦しくなって、そのためにむせたり、のぼせたりする。

【おすすめ製剤】

4987301151531
三物黄ごん湯エキス細粒G(D151)「コタロー」90包

https://www.protan2.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-30-73

4987301151296
三物黄ごん湯エキス細粒G(D151)「コタロー」500g徳用(計量サジ付)

https://www.protan2.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-30-73

 【製品の概要】

三物黄ごん湯エキス細粒G「コタロー」

項目  内容
医薬品区分  一般用医薬品
薬効分類  三物黄ごん湯
承認販売名
製品名  三物黄ごん湯エキス細粒G「コタロー」

製品名(読み)  サンモツオウゴントウエキスサイリュウGコタロー

製品の特徴   元来「産褥期の発熱(産後の感染)」に使用された処方ですが,手掌や足の裏がほてって気持ちが悪い,布団の外に手足を出して寝るような方の「手足のほてり」を目標に応用されてきました。
三物黄ごん湯エキス細粒G「コタロー」は,熱やカユミを鎮めてくれることから,現在では熱感で寝つけない不眠症やカユミが頑固な皮膚病などにも用いられます。
使用上の注意

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合

[関係部位:症状]
消化器:食欲不振,胃部不快感

まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

[症状の名称:症状]
間質性肺炎:せきを伴い,息切れ,呼吸困難,発熱等があらわれる。
肝機能障害:全身のだるさ,黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。

(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合

効能・効果  体力中等度又はやや虚弱で,手足のほてりがあるものの次の諸症:湿疹・皮膚炎,手足のあれ(手足の湿疹・皮膚炎),不眠
効能関連注意
用法・用量  食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2~3時間を指します。

[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包:3回
15歳未満7歳以上:2/3包:3回
7歳未満4歳以上:1/2包:3回
4歳未満2歳以上:1/3包:3回
2歳未満:1/4包:3回

用法関連注意
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

成分分量  3包(4.5g)中   成分 分量 内訳
水製エキス 3.65g (オウゴン・クジン各2.4g,ジオウ4.8g)

添加物  含水二酸化ケイ素,ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン
保管及び取扱い上の注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
消費者相談窓口  会社名:小太郎漢方製薬株式会社
住所:大阪市北区中津2丁目5番23号
問い合わせ先:医薬事業部 お客様相談室
電話:06(6371)9106
受付時間:9:00~17:30(土,日,祝日を除く)
製造販売会社  小太郎漢方製薬(株) 添付文書情報
会社名:小太郎漢方製薬株式会社
住所:〒531-0071 大阪市北区中津2丁目5番23号
販売会社
剤形  散剤
リスク区分  第2類医薬品

スポンサーリンク