西洋人参、好評につき特売期間の延長

   

【西洋人参について】

【起源】

アメリカニンジン(亜米利加人参・学名Panax quinquefolius)は、

ウコギ科の薬用植物です。

北アメリカ東部原産であり、根の部分を薬用として用います。

いまだに当地の野生のものが最上質とされるため、

アメリカ国旗(花旗)にちなみ「花旗参」とも言われています。

その他の呼称として「西洋人参」「広東人参」などといろいろと呼ばれているのですが、

日本語の定訳はない模様です。

そもそも広東人参の呼称は、広州や香港を経由して輸出されていたことに由来します。

北米の先住民は古くから根と葉を薬草として用いて参りました。

当アメリカニンジンもそのような歴史の流れがあったと推測します。

1800年代から、採集された野生の根を清朝の商人が買い付け始め、

野生の大きな根はとくに高値で取引されたそうです。

かつてはアパラチア山脈地方と、隣接するペンシルベニア州やニューヨーク州の森林に、

広く自生していました。

しかし大量に採集されたためにアメリカ合衆国のほとんどの地域では品薄になっているそうです。

従って自生そのものを見るのはごく稀でしょうね。

近年ではウィスコンシン州やミネソタ州で遮光下で栽培されており、

植え付けから3、4年で収穫されます。

また、中国でも栽培されていますが・・・・

やはり一番人気はアメリカの土壌で産出されたものでしょう。

【成分】

数十種類のジンセノサイドと呼ばれるサポニンを含有し、

これらが重要な有効成分であるとされていますが不明な点も多いようです。

【用途】

■補気養陰、清火生津。 ※熱病後の倦怠、口渇(のどのかわき)

■補肺降火止咳。 ※慢性の咳、呼吸困難、血痰

■養胃生津。 ※口渇、舌乾

人参というだけあって朝鮮人参に似た強壮作用がありますが、

補気作用はやや弱いとされます。

しかし涼性(逆に朝鮮人参は微温性)で、解熱鎮静作用があるため、

ほてりやのぼせなどが見られる場合の滋養強壮には最適!

朝鮮人参より便利な場合があります。また、体液の補充を促す作用があります。

【服用の目安】

一般的には煎じて服用いたします。

プロたんでは、お客様の状態にもよりますが、

概ね1日の目安として5~10グラムとしてお話をしております。

【副作用】

一口に言って安全とされますが、発見が18世紀初頭と遅く、

生薬として利用された歴史も浅い生薬ともいえます。

従って不明な点があまりに多く「解明されていない」と言った方が正確でしょう。

プロたん個人的にも大変興味を覚える生薬です。

北米の先住民たちが用いてきたと聞くだけで、凄く神秘的ですよね。

オアシスを大地の母から生ずる生薬に求めた先人たちの知恵にはただ驚くばかりです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

【関連商品のご紹介】

■ ウチダの西洋人参500g(アメリカ産)刻み 人気商品!
税込 22,500円
→ https://www.protan2.com/cart/goodsprev.cgi?gno=4987359923708

スポンサーリンク