六君子湯【三和生薬の漢方薬】りっくんしとう 胃炎,胃腸虚弱,胃下垂,消化不良,食欲不振,胃痛,嘔吐

   

体力中等度以下で,胃腸が弱く,食欲がなく,みぞおちがつかえ,疲れやすく,貧血性で手足が冷えやすいものの次の諸症:胃炎,胃腸虚弱,胃下垂,消化不良,食欲不振,胃痛,嘔吐

六君子湯Aエキス錠 三和生薬イメージ

【錠剤タイプ】六君子湯Aエキス錠 三和生薬(りっくんしとう)

【包装】
270錠,900錠

【成分】
本品1日量18錠(1錠0.35g)中

六君子湯A水製エキス …………………………… 2.9 g
ニンジン ……… 2.4 g  チンピ ……… 1.2 g
ビャクジュツ … 2.4 g  ショウキョウ … 0.3 g
ブクリョウ …… 2.4 g  タイソウ ……… 1.2 g
ハンゲ ……… 2.4 g  カンゾウ ……… 0.6 g

添加物として乳糖,セルロース,アルファー化デンプン,カルメロースCa,カルメロース,ステアリン酸Ca,無水ケイ酸,

メタケイ酸アルミン酸Mgを含有する。

【適応症】
体力中等度以下で,胃腸が弱く,食欲がなく,みぞおちがつかえ,疲れやすく,貧血性で手足が冷えやすいものの次の諸症:胃炎,胃腸虚弱,胃下垂,消化不良,食欲不振,胃痛,嘔吐

【用法・用量】
次の1回量を1日3回食前又は食間に服用すること。
年 令         1 回 量
大人(15才以上)   6錠
7才~14才       4錠
5才~ 6才       3錠
5才未満     服用しないこと
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

sanwa90h

【細粒タイプ】六君子湯Aエキス細粒「分包」 三和生薬(りっくんしとう)

【包装】

30包,90包

【成分】

本品1日量3包(1包2.0g)中

六君子湯A水製エキス …………………………… 3.9 g

ニンジン ……… 3.2 g  チンピ ……… 1.6 g

ビャクジュツ … 3.2 g  ショウキョウ … 0.4 g

ブクリョウ …… 3.2 g  タイソウ ……… 1.6 g

ハンゲ ……… 3.2 g  カンゾウ ……… 0.8 g

添加物として乳糖,セルロース,アルファー化デンプン,ステアリン酸Ca,無水ケイ酸を含有する。

【適応症】

体力中等度以下で,胃腸が弱く,食欲がなく,みぞおちがつかえ,疲れやすく,

貧血性で手足が冷えやすいものの次の諸症:

胃炎,胃腸虚弱,胃下垂,消化不良,食欲不振,胃痛,嘔吐

【用法・用量】

次の1回量を1日3回食前又は食間に服用すること。

年 令         1 回 量

大人(15才以上)   1包

7才~14才      2/3包

4才~ 6才      1/2包

4才未満     服用しないこと

小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

その他の人気処方一覧

安中散茵ちん蒿湯温清飲黄耆建中湯
黄連解毒湯乙字湯葛根湯葛根湯加川きゅう辛夷
サンワロンC・葛根加朮附湯加味逍遙散甘草湯荊芥連翹湯
サンワロンT・桂芍知母湯桂枝湯桂枝加葛根湯サンワロンK・桂枝加朮附湯
桂枝加芍薬湯桂枝加竜骨牡蛎湯桂枝茯苓丸五苓散
柴胡加竜骨牡蛎湯柴胡桂枝湯三黄瀉心湯酸棗仁湯
四物湯芍薬甘草湯サンワロンY・芍薬甘草附子湯十全大補湯
十味敗毒湯小柴胡湯小青龍湯小半夏加茯苓湯
サンワロンS・真武湯大黄甘草湯大柴胡湯サンワロンD・大防風湯
猪苓湯桃核承氣湯当帰芍薬散人參湯
排膿散麦門冬湯半夏厚朴湯サンワロン・八味地黄丸
半夏瀉心湯半夏白朮天麻湯白虎加人參湯茯苓沢瀉湯
サンワロンN・附子人参湯平胃散防已黄耆湯防風通聖散
補中益氣湯麻黄湯サンワロンM・麻黄附子細辛湯麻杏甘石湯
麻杏よく甘湯麻子仁丸よく苡仁湯竜胆瀉肝湯
苓姜朮甘湯苓桂朮甘湯六君子湯ロクジョン・鹿茸大補湯

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。