【一元錠剤漢方】還精(八味丸変方)(かんせい)

   

kansei

IMG

※一元錠剤「還精」900錠・2500錠・5000錠は第2類医薬品です。

PCカート【パソコン】
pccart

SPカート【スマホ】
spcart

プロたん会員登録プロたん会員ログイン

薬剤師ぷろたん

こんにちは。薬剤師のぷろたんです。 今日の表題はちょっと真剣に聞いてくださいね。。重要です。

腎不全は怖い、腎臓検査はクレアチニンと尿酸。漢方もある!還精と腎臓仙

毎年1万人規模で増加しつつある人工透析患者さん。ちょっと信じがたいですね。腎臓が疲労しているにもかかわらず過度のアルコール。長期の「かぜひき」。糖尿病性のもの・・・・・から腎不全に陥るケースが今までは代表的に言われていました。しかし、腎障害は深く静かに日常のあなたの健康を蝕んでいるケースが多いのです。

極端に腎障害→腎不全はある日突然起こることもあるくらいです。そのためにも、心当たりのある方は、必ず定期的にクレアチニン検査を受診しましょうね。そしてさらに、ここで要注意なのは平素から「尿酸値」の高めの方。痛風がなくとも体質的に尿酸値が高い方がいらっしゃいます。若いうちはなんとかそれなりに過ごしてしまうのですが・・・。

ある程度、年配者になると要注意です。腎不全のリスクが4~9倍になるといわれております。気をつけましょう。

【多くの患者様から支持されているぷろたんの腎臓漢方】

そこで平素からそのような「泣き」をみないように、漢方の養生法を一つお教えいたしましょう。。あくまでも、当店「ぷろたん式」なのですが、過去20年間、延々とお客様に言い伝えて参りました。時代が変わっても当店での方法論は全く変わっておりません。相当数の患者様がご愛用されております。わかりやすく言いますと
IMG

■漢方薬では・・・・・一元製薬の「還精(かんせい)」の錠剤タイプ。小粒タイプだから飲みやすい。(第2類医薬品)

■民間療法薬・・・・・三和生薬の「腎臓仙(じんぞうせん)」という煎剤(第2類医薬品)。

慢性腎炎やクレアチニンが気になる方に、三和生薬の腎臓仙(じんぞうせん)専門サイト

★この2つの併用療法です。★

具体的に申しますと、「還精(かんせい)」錠剤は自宅と会社でも飲める小粒の錠剤。とても人気です。
ホルモン分泌を盛んにして、東洋医学でいう「腎虚」を改善いたします。はら冷えの体質の男女には特におすすめ。つぎに「腎臓仙(じんぞうせん)」という煎剤(第2類医薬品)はぜひご自宅でお飲みください。
面倒ではありません。ティーバッグに熱湯をさすだけです。飲み方特集ページでぜひご覧ください。 解毒促進、腎臓をいたわる薬草が多く含有されている特製のお茶です。特に尿酸値の高い方、クレアチニン検査で異常値またはぎりぎりのお客様。ぜひおすすめします!

まずは3ヶ月併用でお飲みになられて、検査数値をご覧ください。検査は面倒がらず、自身の腎臓の健康、バロメーターとして位置づけてくださいね。

腎炎、腎不全は将来は透析をしなければならない確率が極めて高く、日頃の食生活と養生が大切です。

ぜひ、この養生法に漢方薬と民間療法を取り入れてください。クレアチニン検査,人工透析,腎不全,尿酸,高尿酸,還精,腎臓仙・・・がキーワード。おぼえておいてください。

特に関連している記事

平素は三和生薬の腎臓仙(じんぞうせん)をお求め頂き、有難うございます。腎臓仙のルーツを辿ると、江戸時代にまで端を発するようです。和の漢方というか、「日本人の体質を考慮した和漢療法」とも言えましょう。茨城県は水戸市。水戸と言えばご老公(水戸黄門さま)が有名ですね。
慢性腎炎やクレアチニンが気になる方に、三和生薬の腎臓仙(じんぞうせん)専門サイト
「腎臓仙(じんぞうせん)」のご用命が多く、全国の皆様からご注文を頂いております。その内、半数以上がリピーターであり、長期飲まれているお客様がほとんどではないでしょうか。ケースによってはご夫婦で。又はご家族でも使用されている方もいらっしゃいます。
近年になり、腎臓病のご相談は急増しています。特に、一つの指標となるクレアチニンの値上昇についてのお話が多いですね。ただ、腎機能の検査についてはクレアチニンのみならず、尿素窒素BUN等、後述する他の検査項目も総合的に勘案し専門医が判定いたします。
確かにクレアチニンが少し高いからと言って、すぐには病院医師からの投薬はないと思います。但し、高値が長期継続したり、さらに上昇を続けるのであれば、要注意です。病院の投薬どころか、腎炎、腎不全の疑いで入院は避けられないと思います。日常の漢方療法につきましては、後述するとして、先にクレアチニンについて少々ご説明しておきます。
疲労倦怠感が著しく腰冷、腰痛があり、四肢は冷え易いが時にほてることもあり、口渇があり、排尿回数が多く、尿量減少して残尿感がある場合と、逆に尿量が増大する場合がある、特に夜間多尿のものに用いる。糖尿病、腎臓病、老人性腰痛、坐骨神経痛、高血圧症、湿疹、産後脚気

スポンサーリンク

【一元錠剤漢方】還精(八味丸)(かんせい)特販

「一元 環精 (八味丸)」は、疲労倦怠感、腰冷、腰痛があり、四肢は冷え易いが特にほてることもあり、口渇があり、特に夜間多尿のものの症状の漢方薬です。

糖尿病、腎臓病、老人性腰痛、坐骨神経痛、高血圧症、湿疹、産後脚気

【応用】腎虚,糖尿体質,かすみ目,冷え

一元の漢方錠剤シリーズは、人気一番!効きます。
好評の一元漢方薬は、原末使用の錠剤だから効き目が違う。

使用上の注意

●してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないこと
(1)胃腸の弱い人。
(2)下痢しやすい人。

●相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人。
(4)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文章を持って医師又は薬剤師に相談すること。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合。

関係部位 症状
皮ふ 発疹・発赤、かゆみ
消化器 食欲不振、胃部不快感、腹痛
その他 のぼせ、どうき
(2)1週間位服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があわわれることがあるので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること。
下痢

効能・効果
疲労倦怠感が著しく腰冷、腰痛があり、四肢は冷え易いが時にほてることもあり、口渇があり、排尿回数が多く、尿量減少して残尿感がある場合と、逆に尿量が増大する場合がある、特に夜間多尿のものに用いる。
糖尿病、腎臓病、老人性腰痛、坐骨神経痛、高血圧症、湿疹、産後脚気

用法・用量
食前1時間、または空腹時、温湯で服用

年齢 1回量 1日回数
大人 10-15錠 3回

成分・分量

(本品100錠中)

成分及び分量又は本質(本品100錠中)
日局 ケイヒ末:0.6g
日局 タクシャ末:1.2g
日局 ブクリョウ末:1.2g
日局 ボタンピ末:1.2g
局外生規 ジオウ末:1.9g
日局 サンヤク末:1.3g
別紙規格(3)乾姜末:0.4g
局外生規 サンシュユ末:1.2g
自社製別紙規格水製エキス:1.0g
日局 ケイヒ:0.8g
日局 ジオウ:2.4g
日局 タクシャ:1.4g
日局 ブクリョウ:1.4g
日局 ボタンピ:1.4g
日局 サンヤク:1.6g
日局 サンシュユ:1.4g
別紙規格 乾姜:0.4g

保管および取扱い上の注意

1.小児の手のとどかない所に保管してください。
2.直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない、涼しい所に密栓して保管してください。
3.誤用をさけ、品質を保持するために、他の容器に入れないこと。
4.保存の状態が悪いと、場合によっては虫、カビ等がつくことが考えられますので、上記の注意を必ず守って下さい。

本剤は原料として天然の生薬を用いていますので、製品により多少色が異なったり、開栓後、吸湿により錠剤の色が濃くなる場合がありますが、効果には変わりありません。

製造販売元
一元製薬株式会社
東京都豊島区要町3-4-10

リスク分類 第2類医薬品

文責:薬のプロたん
住所:東京都青梅市長淵5-543
有限会社プロドラッグ
お客様漢方相談室
受付時間:月~金曜日 10:00~17:00(祝日を除く)
電話:0428-25-8682

PCカート【パソコン】
pccart

SPカート【スマホ】
spcart

プロたん会員登録プロたん会員ログイン

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ