荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)が人気の上位。「慢性鼻炎・鼻づまり・後鼻漏(こうびろう)」

   

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)が人気の上位。「慢性鼻炎・鼻づまり・後鼻漏(こうびろう)」

とても辛い鼻閉鼻炎と後鼻漏

例えば時節のアレルギー性鼻炎が、「小青竜湯」(しょうせいりゅうとう)で、奏功される方はそれで良いとして、逆に言えば「鼻炎」の症状はそれほど重症ではなく、滝のようにでていた水ハナがとれれば、スッキリする、どちらかと言うと「軽症の方」向きの処方かも知れません。

しかし、一番苦しいのは、平素から「鼻詰まり」でお悩みの方が、春先になり花粉アレルギーをきたすと、さらに症状は悪化。

「鼻閉」と後鼻漏(こうびろう:どろっとした鼻汁が鼻から直接のどを伝わり落ちてゆくこと)の繰り返しで、「息もできない」くらいに苦しいのです。

このように慢性副鼻腔炎(蓄膿)とアレルギー性鼻炎との合体型が自覚症状では一番辛いと言えましょう。

仕事への意欲、集中力の低下にもつながる

鼻汁が前に出て来ない鼻閉鼻炎。さらにその鼻汁がのどの裏を伝わって流れるのは、不愉快極まりない。
これでは仕事をしていても集中できないどころか、日常の生活において、匂いに無感覚となることもあるわけで。

主に証としては腹直筋の硬直、手や足の発汗、どちらかというと皮膚浅黒い方の鼻炎に向いています。

もちろん当証でなければ効かないという意味ではありません。

首よりも上の充血症状(慢性の扁桃腺炎、咽頭炎にも)に適応されます。繁用処方で、鼻炎を問わず、耳鼻咽喉科疾患では当店売れ行きナンバー1.です。

漢方処方にしては早めに効果がでてきますので、とても人気のある処方です。

蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきびと、適応範囲も広く、特に慢性的に蓄膿や、蓄膿症の傾向のある方には向いている処方です。

基本的には体質改善薬ですので、長期投薬も可能で、この春先の時期に限らず、実店舗においても1年中引き合いのある処方ともいえます。

このような場合、様子を見ながら荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)の継続投薬を推奨いたします。

参考サイト
毎年、花粉症で苦しんでいたばあばにとって、強い味方ができました。その名も荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)。妙な名前の漢方処方で、漢字も難しい。錠剤タイプと粉タイプがありますが、ばあばの選択肢は錠剤です。メーカーは三和生薬というところです。花粉アレルギーで鼻づまりやくしゃみが酷い時には最適と思いました。ご紹介して頂い...

●三和生薬の荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

・エキス錠 270錠 900錠
・エキス細粒 30包 90包 500g

PCパソコンカート

SPスマホカート(スマートフォンからご覧下さい。)

日本で用いる荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)は、明時代の「万病回春」という古典書にのっている処方を我が国では経験方として発展、アレンジさせた薬方です。体の熱や腫れをひき、病因を発散させ、また、血液循環をよくします。

●小太郎漢方の荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

さて、ここで忘れてはならないのは、小太郎漢方からもエキス細粒シリーズに
「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」が発売されております。

匙倶楽部製品でして、濃厚エキス細粒で品質は定評があります。
1か月分(90包)からの発売です。これも見逃せないアイテムですね。

本剤は、漢方の一貫堂・森道伯の経験にもとづいて創方された処方に準拠して製造された漢方エキス細粒です。

蓄膿症やアレルギーによる鼻炎などがなかなか治らず、治療に通ったり、あきらめたりといった具合で、「鼻」に悩んでおられる方が近年大変増えています。

漢方では、過敏な体質またはアレルギー体質で、粘膜・皮膚が外界の刺激に反応しやすく、炎症反応を起こしやすい体質を解毒証体質と呼んでいます。
このような方は鼻症状を起こしやすく、また 扁桃をしょっちゅう腫らしたり、ニキビがなかなか治らなかったりします。

荊芥連翹湯エキス細粒G「コタロー」は、これらの症状を治していく漢方薬です。
同時に水分や脂肪分の摂取を控えるなど、食生活や生活習慣の改善を心がけることも大切です。

【効能・効果】
体力中等度以上で、皮膚の色が浅黒く、ときに手足の裏に脂汗をかきやすく腹壁が緊張しているものの次の諸症:
慢性鼻炎、慢性 桃炎、蓄膿症(副鼻腔炎)、にきび

●荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)エキス細粒G「コタロー」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

小太郎のエキス細粒シリーズに「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」が新発売!もともとは、小太郎の匙倶楽部の中に荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)の500gボトルのアイテムはありました。しかし、内容はエキス散で、かつ500gボトルのみで分
スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク