中医臨床のための方剤学 神戸中医学研究会 (著)

   

中医臨床のための方剤学 神戸中医学研究会 (著)

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、方剤学の基本理論・原則および基礎知識などを総論で述べ、各論では具体例として典型・模範となる方剤の分析を行っている。
方剤は清代・汪昂の分類方法に倣って効能別に21章節に分類し、各章節の冒頭で効能の概要・適用・使用薬物・注意と禁忌などを概説したうえ、 個々の方剤について詳述している。

スポンサーリンク