【第2類医薬品】ベルアベトンK 368丸(商品紹介コーナー)

   

【第2類医薬品】ベルアベトンK 368丸(商品紹介コーナー)

【第2類医薬品】ベルアベトンK 368丸

あくまでも商品のご紹介です。この商品は【第2類医薬品】です。購入時にご不明な点がありましたら購入先の薬剤師にご相談の上ご購入を検討ください。

商品紹介
「目が疲れる」「目がかすむ」といった目の症状は、年令による身体的機能の衰えとともに多くなってきます。

●「ベルアベトンK」は、漢方の古典といわれる中国の医書「医級」に収載されている「杞菊地黄丸」という薬方からなる中国のお薬で、疲れ目、かすみ目に効果があ
ります。
●目が疲れる・目がかすむといった、目の症状に効果があります。
●八つの生薬の総合的な働きにより、のぼせ・めまい・頭重などの症状に効果があります。

●使用上の注意

■■してはいけないこと■■

■■相談すること■■
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
(4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を
中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

〔関係部位〕 〔症 状〕
皮膚 : 発疹・発赤、かゆみ
消化器 : 食欲不振、胃部不快感、腹痛

3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強
が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してく
ださい
下痢

4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って
医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

●効能・効果
体力中等度以下で、疲れやすく胃腸障害がなく、尿量減少又は多尿で、ときに手足の
ほてりや口渇があるものの次の諸症:
かすみ目、つかれ目、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみ、視力低下

●用法・用量
次の量を1日3回水又は白湯にて服用。
〔 年 齢 〕 成人(15才以上)
〔1 回 量 〕 8丸
〔1日服用回数〕 3回

〔 年 齢 〕 15才未満
〔1 回 量 〕 服用しないこと
〔1日服用回数〕 服用しないこと

●成分・分量
成人1日の服用量24丸(6.0g)中、次の成分を含んでいます。
〔クコシ・キクカ各0.288g、ジオウ1.152g、サンシュユ・サンヤク
各0.576g、ブクリョウ・ボタンピ・タクシャ各0.432g〕

添加物として、ハチミツ、滑石を含有する。

<成分に関連する注意>
本剤は天然物(生薬)を用いていますので、丸剤の色が多少異なることや、丸剤が
くっつくことがあります。

●保管及び取扱いの注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)ビンの中の詰物は、輸送中に丸剤が破損するのを防ぐためのものです。開栓後
は不要となりますのですててください。
(5)使用期限のすぎた商品は服用しないでください。

●お問い合わせ先
本剤について、何かお気づきの点がございましたら、お買い求めのお店又は下記まで
ご連絡いただきますようお願い申し上げます。
クラシエ薬品株式会社 お客様相談窓口
東京都港区海岸3-20-20(〒108-8080)
(03)5446-3334
10:00~17:00(土、日、祝日を除く)
製造販売元
クラシエ製薬株式会社
東京都港区海岸3-20-20(〒108-8080)
副作用被害救済制度の問合せ先
(独)医薬品医療機器総合機構
0120-149-931

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク