【新春特別】雲南田七100gの3個・6個・12個のさらなる値下げ!激安価格でご奉仕。

   

300速報!雲南田七100gの3個・6個・12個の値下げ!廉価価格でご奉仕。

pro3

さて、いよいよ新年を迎えて。。

なんか、最近のプロたんサイトは「乱売屋」の様相を呈してきたようで、さすがに歳ですかねぇ。息切れしてきました。年寄りの冷や水。
ここしばらくは少し静かにしようかと・・・。思ったのですが、いやいや、まだまだ。

ところで新春へ向けてのエネルギー補充はは、やはり「雲南田七100gのセット販売」であると思いました。

雲南田七(うんなんでんしち)、田七末(でんしちまつ)などの製品紹介と特集記事に特化した田七専門サイトです。

私も個人的には思い出多く感慨深い製品です。
相変わらず、100g1個からコツコツ定価販売してきたのですが、
ここ近年、西多摩にもブロードバンドが奥多摩方面にまで行きわたり、情報過多の時代と相成りました。

一方、末端の景気は一向に回復もせず、安泰なのは「お上と大手企業」だけでしょうか。
医療費も上昇し、ご家庭で使用されいる漢方素材も高騰と、あまりいいニュースは最近はありません。 そのような意味で、長年、ネットをご利用してご購入頂いている会員様には、心から感謝を込めて、廉価にてご奉仕する次第です。

prohatena

余談になりましたが、当方はただ「値引きすれば良い」とは一切考えておりません。 価格追及のみをされるのなら、他店で雲南田七をもっと引いているお店は5万とあるに違いありません。 そちらで、どうぞお求めください。
わざわざ電話をされてきて、「お宅は高い!」との価格交渉をご注文をされた直後にされる御仁がいらっしゃるようですが、 一切それら案件につきましては早々にお断り申し上げております。特に私と同年代(団塊世代)の者の電話マナーが男女が、なっていない。怒鳴りだしたら止まらない「高い、高い、馬鹿、スカタン・・・社長を出せ!」。
これでは、今世間で一番嫌われている年代ワーストと言われても仕方ない。
私は、決して「身内びいき」はしません。むしろ余計に厳しい対応をいたします。全く恥ずかしい話です。今のお若い方の方が、よほどスマートで、クールです。

それでは、前置き長かったのですが、早速、雲南田七100gのセット特売を以下ご案内いたします。

3個セット、6個セット(1正箱)、12個セット(2正箱)

以上の3アイテムを廉価販売いたします。
(1個、2個セット、24個は現状維持ですので省略します。)

301-1

※なお、今回の3アイテムのセット販売は、予定の数量終了次第、
元の平常特価!に戻させて頂きます。

お買い物はこちらから

PCカート【パソコン】

pccart

SPカート【スマホ】

spcart

den30

【3個】
●(特別価格)ウチダの雲南田七100g×3個セット・特販!
税込25,920円 → 税込特価! 18,250円
https://www.protan2.com/cart/goodsprev.cgi?gno=2002100903

6

【6個】
●(特別価格)ウチダの雲南田七100g×6個正箱・26周年記念特販!(期間限定)
税込51,840円→ 税込特価! 27,150円
https://www.protan2.com/cart/goodsprev.cgi?gno=2003042601

12

【12個】
●(特別価格)ウチダの雲南田七100g×6個正箱×2箱・26周年記念特販!(期間限定)
税込103,680円→ 税込特価! 51,300円
https://www.protan2.com/cart/goodsprev.cgi?gno=2009112362700

雲南田七(うんなんでんしち)、田七末(でんしちまつ)などの製品紹介と特集記事に特化した田七専門サイトです。
スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク