女神散(にょしんさん)はその昔、安栄湯とも呼ばれた戦場の漢方。

   

nyoshin

女神散(にょしんさん)はその昔、安栄湯とも呼ばれた戦場の漢方。

【女神散(にょしんさん)は現在人気が急浮上!!】

さて、小太郎から新発売された女神散(にょしんさん)の人気が高く、予測していた通りです。

過去記事へのリンク

■女神散エキス細粒G「コタロー」が新発売されました。

女性特有の諸症状に用いられる漢方処方です。特に、血の道症、産前産後の神経症、更年期障害などによる不快な症状を和らげます。のぼせやめまいを伴いやすい場合や、不定愁訴ではなく、症状が限定している場合に用いるとされます。

■女神散(にょしんさん)は、のぼせやめまいを伴う更年期障害、神経症などに奏功する漢方薬。

女神散は、我が国、江戸時代の名医、浅田宗伯(あさだそうはく)先生が婦人の血の道症によく効くことから命名した漢方薬です。特に、血の道症、更年期障害などによる不快な症状を和らげる処方として著名です。

女神散(にょしんさん)という方剤。
現在もっとも注目されている方剤といえましょう。
シーズンは関係ありません。

現代は、どこにもエアコンの享受がありますので、逆に夏の仕事場の方が、ひえ症の女性はある意味辛いかもしれません。

◎冷えて、のぼせ・・そして頭痛とめまい・・とくれば女神散。

しかし、ここで加味逍遙散(かみしょうようさん)も候補には上がりますね。

女神散(にょしんさん)は・・・
血行と水分循環を改善(つまり、お血と水毒を改善)し、また、気の巡りを良好に保ち、神経の不調を是正します。

いわゆる「気血水」のバランスを調える作用を有する注目の漢方薬です。

【女神散(にょしんさん)の証】

■血虚:血流不足・貧血症状
■気滞:抑うつ・不安
■気上衝:のぼせ・イライラ・緊張・不安

体質的にあまり特徴なく、体力は中くらいからやや強い人。(男性もOK)

症状は慢性的かつ頑固。
長期間の不眠傾向があり、頭痛、頭重感、めまい、動悸、のぼせ、腰痛などに悩まされ、精神不安やうつ傾向もある方に良いとします。

【女神散と加味逍遙散(かみしょうようさん)との違い】

女神散・・・愁訴が概ね固定している
加味逍遙散・・・不定愁訴が多く、とりとめもなく変化していく

つまり女神散の使用例としては、のぼせやめまいを伴いやすい場合や、不定愁訴ではなく、症状が限定している場合に用いるとされます。

●生理の前後や産前産後の「血の道症」、あるいは更年期障害など、女性特有の症状によく効くことから、「女神」という名前が付いたと聞きます。
どちらかというと女性向けですが、証(体質)が同様の男性にも用います。

●明治時代は浅田家方の処方として伝承されてきた漢方です。

●適応証(体質)は、体力中等度、血虚(血流不足・貧血症状)、気滞(抑うつ・不安)、気上衝(のぼせ・イライラ・緊張・不安)などが挙げられます。

【女神散の症例が30代であっても不思議はない】

女神散には、のぼせとめまいを治す生薬のほか、血行を良好にするもの、水分循環を改善するもの、気の巡りをよくし元気をつけるもの、胃腸の働きをよくするものなどなど。

いろいろな生薬が配合されています。これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮するわけです。

ここのところ、30代の女性のご相談が多く、会社でのストレス加重もさることながら、就寝時にも寝苦しく悪夢を見る症例相談が目立ちます。

あらゆる職場のシーンにおいて、近年は女性管理職(各役職)として活躍し、その重責を任せられることは当たり前の時代になりました。

心身バランスの不調が確実に慢性化し、病院や町の薬局等で「半夏厚朴湯」のエキス剤を処方されたが、奏功せず相変わらずの「ひえ、めまい、のぼせ」が遷延しているケースもあります。

このような時に、症状の強弱による個人差こそありますが、「女神散」を概ね2か月程服用して頂くと大変に良く効くことが当店で確認されております。

30代といえばまだまだお若い年代。漢方によるそこそこの後押しだけで、ご自身が本来から有する自然治癒力も加わり、立ち直りも傾向的に早いと考えております。

従って更年期神経症を発症する年代のみならず、お若い女性陣らにも充分に対応できる適応範囲の広い方剤とも言えましょう。

【女神散はもともと戦場の精神安定剤として武将らが使用した】

その昔、女神散は「戦場の漢方」として安栄湯(あんえいとう)という名で著名でした。

つまり戦場にいる兵士たちの精神状態を安定させるために使われていた漢方。

これを軍中七気の方として、使用してきた経緯があります。まさに驚き!

(軍中七気の方:切傷、突疵、矢疵、打身、産前、産後、血の道を治す方)

従って、当方剤は男性の冷えや自律神経失調にも繁用できる処方と考えます。

それが後年、ご婦人の血症に用いて著効例多く、女神散と名付けられました。(勿誤薬室方函口訣)

【構成生薬】

◎女神散は理気薬、補血薬、清熱薬などで構成されています。

当帰(とうき):補血
川弓(せんきゅう):活血
桂皮(けいひ):上衝を改善
木香(もっこう):諸気を降ろし、鬱を散ずる
丁字(ちょうじ):よく気を巡らす
香附子(こうぶし):気を開く
梹榔子(びんろうじ):胸中の滞気を巡らす
白朮(びゃくじゅつ)、人参(にんじん)、甘草(かんぞう):脾胃を補う
黄連(おうれん):心胸間の邪熱をさます
黄今(おうごん):裏の熱を清解する
大黄(だいおう):清熱及び便通改善

【小太郎漢方の当製剤へのこだわり】

・・.ということで、一般医薬品の漢方製剤において、品質とエキス量の最高峰をめざす小太郎漢方・匙倶楽部(さじくらぶ)から発売され、高評価を得ています。

◎朮(じゅつ)は補気作用が強い白朮(びゃくじゅつ)を使用した。

◎原典に忠実に大黄(だいおう)を配合した。

◎当帰(とうき)、香附子(こうぶし)、黄今(おうごん)、梹榔子(びんろうじ)が多い出典とした。

◎1日エキス量が多い。

◎乳糖不使用のため、乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)の方にも使用できる。

【女神散(にょしんさん)エキス細粒G「コタロー」 の販売】

効能・効果
体力中等度以上で、のぼせとめまいのあるものの次の諸症:産前産後の神経症、更年期障害、月経不順、血の道症、神経症

■女神散エキス細粒G「コタロー」90包 (30日分)
税込11,340円

■女神散エキス細粒G「コタロー」500g徳用ボトル(約75日分)
税込25,920円

◎女神散エキス細粒G

PCパソコンカート
pccart

SPスマホカート(スマートフォンからご覧下さい。)
spcart

スポンサーリンク

女神散(にょしんさん)エキス細粒G「コタロー」

女神散(にょしんさん)エキス細粒G「コタロー」

医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 女神散(安栄湯)
承認販売名
製品名 女神散エキス細粒G「コタロー」
製品名(読み) ニョシンサンエキスサイリュウGコタロー
製品の特徴

女神散は,江戸時代の名医浅田宗伯が婦人の血の道症によく効くことから命名した漢方薬です。
その名前が示している通り,女性特有の諸症状に用いられる漢方薬で,血の道症,産前産後あるいは更年期障害による不快な症状を和らげます。
女神散エキス細粒G「コタロー」は,のぼせ,めまいを伴った産前産後の神経症,更年期障害,生理不順,血の道症といった女性に特有の症状のほか,神経症にも用いられます。

使用上の注意

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)高齢者。
(6)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人。
むくみ
(8)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
(9)次の医薬品を服用している人。
瀉下薬(下剤)

2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感,はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛

まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。

3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
軟便,下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
5.長期連用する場合には,医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

効能・効果 体力中等度以上で,のぼせとめまいのあるものの次の諸症:産前産後の神経症,更年期障害,月経不順,血の道症,神経症
効能関連注意 血の道症とは,月経,妊娠,出産,産後,更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである。

用法・用量 食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2~3時間を指します。

[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包または2.2g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包または1.5g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包または1.1g:3回
4歳未満2歳以上:1/3包または0.7g:3回
2歳未満:服用しないでください

(大入り剤に添付のサジは,すり切り一杯で約0.6gです)
用法関連注意 小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

成分分量 3包(6.6g)中

水製エキス 5.2g (トウキ・コウブシ・オウゴン・ビンロウジ各3.2g,センキュウ・ビャクジュツ・ケイヒ各2.4g,ニンジン・カンゾウ各1.2g,オウレン・モッコウ各1.6g,チョウジ0.4g,ダイオウ0.8g)

添加物 含水二酸化ケイ素,ステアリン酸マグネシウム

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(分包剤のみ)
(6)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。
(大入り剤のみ)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)ビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。
(大入り剤のみ)

製造販売会社 小太郎漢方製薬(株)
会社名:小太郎漢方製薬株式会社
住所:〒531-0071 大阪市北区中津2丁目5番23号
販売会社
剤形 散剤
リスク区分等 第2類医薬品

PCパソコンカート
pccart

SPスマホカート(スマートフォンからご覧下さい。)
spcart

小太郎漢方・匙倶楽部シリーズをご希望のお客様へ

yakuzaishi
代表電話:0428-25-8682
※平日のみ10時~夕刻5時まで
※電話口で必ず「小太郎の、さじくらぶの問合せ。」とお話ください。
※すぐに担当薬剤師に代わります。
※緊急時薬剤師直通:090-1653-9903

なお、初回お申込みのお客様は、漢方相談の事前に会員登録を必須といたします。(必ず、現在使用中の薬剤、既往歴、アレルギー歴などご記入ください。秘密厳守いたします。)
また、メールアドレスが無いお客様も、お電話で会員登録が可能ですので、お気軽にご相談ください。