あらためて・・雲南貴精(うんなんきせい)の特売!(霊芝+田七パワー)

   

nun900

image900

新・雲南貴精(うんなんきせい)の特売で粛々とセール

pro3

我々が取り扱う正規品は、メーカー品質保証。 メーカー学術部によるDI(ドラッグインフォメーション)という薬学的情報提供を含めての契約であることを、ぜひご理解頂きたいと存じます。従って、値引きには限界があります。

一昨年は、しっかりと包装変更、錠数変更がなされました。まだご存じない方もいらっしゃいます。
新型・雲南貴精の要点をかいつまんで書くと以下のようになります。

【プロたん私見と評価】

● 外箱デザインは従来からの色調は同じであるが、背景に薄い文字入り等、大幅にデザイン変更がなされた。
● 従来品の粒(つまり錠剤)の製造許可を取得するに丸型の錠剤は時代的な背景として、許されなかった。従って、現在までのような菱形(ラグビー状)の粒となったわけであるが、時代の流れから高齢者の誤飲も多く、かねてより念願であった「丸型の錠剤タイプ」として今回リニューアルをした。薬剤師的に言うならば、評価できることであり、「飲みやすくなった」ことは事実である。
● 摂取する1日目安が従来の15粒~20粒から15粒~30粒と多くはなるが、「丸型錠剤タイプ」のため、飲み込む時は極めて楽であり、併せて粒数の増減や微調整の応用範囲も広がり、初めて当製品を摂取する方には「優しい設計とアプローチ」と考える。
● なにはともあれ、これだけの全面変更の中で、とりあえず今回は「価格据え置き」というのが、いかにも大手のウチダ和漢薬さんらしい。
● 超高齢化社会の中で、年配ユーザーにも「優しい設計」の「漢方食品」として、さらに格調高いデザインを含めて総合的に「雲南貴精」は確実に進化したと考える。特に尽力された工場長さんに御礼を述べたい。
● 本来、5ツ星の高評価である。しかし、諸事情や営業方針はわからんでもないが、「リニューアル変更連絡」が遅すぎて、小生の血圧が上昇した分、0.5マイナスで4.5★としました。

ウチダ和漢薬の雲南貴精は群馬産の上質なウチダA霊芝(れいし)と、雲南省特産の田七人参を混合一体化した健康食品です。

リニューアル品 従来品
unima unima2
容量 900粒・420粒タイプの2種類 540粒・240粒タイプの2種類
原材料 霊芝、田七人参、枳殻、馬鈴しょ澱粉、結晶セルロース、ショ糖エステル 霊芝、田七人参、枳殻、馬鈴しょ澱粉、結晶セルロース、硬化ナタネ油
栄養成分表示(15粒あたり) 15粒あたり熱量 11.3kcalたんぱく質 0.08g脂質 0.11g炭水化物 2.51gナトリウム 1.59mgカリウム 13.2mg 15粒あたり熱量 18.73kcalたんぱく質 0.145g脂質 0.245g炭水化物 4.261gナトリウム 2.787mg
お召し上がり方 1日15~30粒を目安に水又はお湯といっしょにお召し上がりください。 1日15~20粒を目安に水又はお湯といっしょにお召し上がりください。
形状 円形の8mm錠剤 ラグビーボール状の錠剤1錠は約0.333g
乾燥剤 キャップ裏側に乾燥剤を封入する仕様 乾燥剤が封入できる中栓を使用
外箱包装 デザインが変更(但し色調は同じ)化粧箱の封緘が封緘シールに変更 化粧箱の封緘方法は糊付け
1粒あたりの重量 1粒あたり0.2g(5粒で1.01g) 1粒あたり0.333g(3粒で0.999g)

unima9001

unima9002

nun3

我々が取り扱う正規品は、メーカー品質保証。 メーカー学術部によるDI(ドラッグインフォメーション)という薬学的情報提供を含めての契約であることを、ぜひご理解頂きたいと存じます。従って、値引きには限界があります。
当店における「雲南貴精ファン」はとてつもなく多く存在し、万が一、製造中止になりましたら、間違いなく弱小店のプロたんはマジで倒産の憂き目にあうでしょう。
ウチダ和漢薬の雲南貴精は群馬産の上質なウチダA霊芝(れいし)と、雲南省特産の田七人参を混合一体化した健康食品です。
スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク