藿香正気散(かっこうしょうきさん)と湿邪(しつじゃ)について。

   

あっという間の6月でした。早いですね。7月の声を聴き、日増しに蒸し暑くなって参りました。皆様もいかがお過ごしでしょうか?
さて、人間は湿気に弱い。「湿邪(しつじゃ)」と言います。湿度の高い梅雨時や、低気圧が接近している時などは体調を崩しやすいものです。

【湿邪(しつじゃ)の漢方。】

痰湿(たんしつ)の舌。

舌を診ることを舌診(ぜっしん)と言いますが、痰湿(たんしつ)の傾向の方の舌は白または黄色い舌苔(ぜったい)を認めます。

初夏から入梅時期へと湿度が高まり、毎年この時期は皆さん、体の調子を狂わせます。

そのほとんどが、仕事のストレスや、寝不足(浅い眠り)などに由来する消化機能の減退が多いと思います。

0003

このようなことが重なると、日々の食事の消化不良から由来する「デトックス」も発生し、下痢や便秘を繰り返す。
さらに水の流れも悪くなると「水毒(すいどく)」の状態となります。

当店では今まさに湿邪の漢方処方。藿香正気散(かっこうしょうきさん)を推奨します。

【藿香正気散(かっこうしょうきさん)とは?】

とくに初夏~夏季に寝冷え。
冷房・扇風機にあたり過ぎて頭痛、発熱して風邪。

0001
胃腸の調子が悪く、腹痛、下痢をするといった場合に使われる漢方処方です。

藿香正気散(かっこうしょうきさん)は古典「和剤局方(わざいきょくほう)」で紹介されている漢方薬です。

藿香(かっこう)は、体に取り付いた邪(ウイルスなどの病原菌)を発散させる生薬で、この処方の主薬とも言えます。
正気(しょうき)とは、からだの内外の冷えや湿気などが原因で、乱れてしまった気を正すという意味です。

日本では古くから夏の食欲不振に、ネギやミョウガ、シソなど香りが強くて辛みのある薬味や香辛料などを使用してきました。
生薬の香りなどの刺激が胃腸の働きを活発にすることは芳香性健胃薬にも言えることです。

藿香正気散には藿香や蘇葉(そよう)など香りの高い生薬を多く含み、働きの悪くなった胃腸を癒し、食欲不振などを改善いたします。

冬の風邪は寒邪が体に悪さを与え、風邪の症状を引き起こします。
従って、「体を温めて汗をかく」ことにより寒邪を追い出す葛根湯などの漢方処方を用いるケースが多いと思います。

逆に、夏風邪では、暑さや湿気が体に悪影響を及ぼして体がほてり、口渇や胃腸症状を引き起こすので、体を温める葛根湯はどちらかというと不向きの場合があります。

藿香正気散は、適度に体を温めて湿気も発散させてくれます。 つまり「湿邪(しつじゃ)」の障害を取り除く働きがあります。
藿香正気散にはこのほかにも、胃の中にたまった水分を取り去る作用のある生薬などが含まれています。

0002

【効能・効果】夏の感冒、暑さによる食欲不振・下痢・全身倦怠

【取り扱いの漢方製剤】

大変に評判の良い漢方製剤でして、毎年、初夏~夏にかけては、販売のピークなのですが、決してシーズン商品ではありません。

冬にも、似たような証であれば著効する素晴らしい方剤と言えます。従ってオールシーズンの漢方とも言えます。

kota500

■霍香正気散エキス細粒G「コタロー」

PCパソコンカートから価格の確認

pccart

SPスマホカートから価格の確認

spcart

スポンサーリンク

かっ香正気散エキス細粒G「コタロー」の概要

かっ香正気散エキス細粒G「コタロー」

医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 かっ香正気散
承認販売名
製品名 かっ香正気散エキス細粒G「コタロー」
製品名(読み) カッコウショウキサンエキスサイリュウGコタロー
製品の特徴

かっ香正気散エキス細粒G「コタロー」は,とくに夏季に寝冷えをしたとか,冷房・扇風機にあたり過ぎて頭痛,発熱してかぜをひいた場合とか,胃腸の調子がくるって食欲を失い,お腹が痛い,下痢をするといった場合に使われる漢方薬で,「湿邪(しつじゃ)」の障害を取り除く働きがあります。
また冷たいもの,なま物の飲食が過ぎてむかむかする,食欲がない,全身が重だるい,下痢をするといった場合にも用いられます。

使用上の注意
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
 生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ

まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。

3.1ヵ月位(急性胃腸炎、下痢に服用する場合には5~6回、感冒に服用する場合には5~6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師または登録販売者に相談してください

効能・効果 夏の感冒,暑さによる食欲不振・下痢・全身倦怠
効能関連注意

用法・用量 食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2~3時間を指します。

[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包または3.0g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包または2.0g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包または1.5g:3回
4歳未満2歳以上:1/3包または1.0g:3回
2歳未満:1/4包または0.75g:3回

(大入り剤に添付のサジは,大が1.0g,小が0.1gの計量用となっております)

用法関連注意

(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

成分分量 3包(9g)中

水製エキス 7g (ビャクジュツ・ハンゲ・コウボク・チンピ・キキョウ・タイソウ各2.4g,ブクリョウ・ビャクシ・ソヨウ・カッコウ・ダイフクヒ各3.2g,ショウキョウ0.6g,カンゾウ1.2g)

添加物 含水二酸化ケイ素,ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(分包剤のみ)
(6)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。
(大入り剤のみ)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)ビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。
(大入り剤のみ)

製造販売会社 小太郎漢方製薬(株)
会社名:小太郎漢方製薬株式会社
住所:〒531-0071 大阪市北区中津2丁目5番23号
販売会社
剤形 散剤
リスク区分等 第2類医薬品

PCパソコンカートから価格の確認

pccart

SPスマホカートから価格の確認

spcart

小太郎漢方・匙倶楽部シリーズをご希望のお客様へ

yakuzaishi
代表電話:0428-25-8682
※平日のみ10時~夕刻5時まで
※電話口で必ず「小太郎の、さじくらぶの問合せ。」とお話ください。
※すぐに担当薬剤師に代わります。
※緊急時薬剤師直通:090-1653-9903

なお、初回お申込みのお客様は、漢方相談の事前に会員登録を必須といたします。(必ず、現在使用中の薬剤、既往歴、アレルギー歴などご記入ください。秘密厳守いたします。)
また、メールアドレスが無いお客様も、お電話で会員登録が可能ですので、お気軽にご相談ください。

プロたん会員登録プロたん会員ログイン

スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ