当店における子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)への漢方対応

   

0naimaku

当店における子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)への漢方対応

子宮内膜症の概要

子宮内膜症とは、子宮内膜および類似組織が子宮内膜層以外の骨盤内臓器で増殖する疾患と定義されています。 本来なら子宮の内側にある子宮内膜という組織が、何らかの理由で子宮の内側以外の場所で増えてしまう病気をさします。

子宮の内側を覆っている子宮内膜という組織は、月経周期とともに増殖したり、剥がれ落ちたりを繰り返しています。 子宮内膜症は、この内膜組織やこれに似ている組織が、何らかの理由で子宮の内側以外の場所に発生し、増えてしまう病気です。
月経時の逆流経血を原因として、主に子宮後面の骨盤腹膜に病変を形成するといわれています。

子宮内膜は、女性ホルモン(エストロゲン)の影響で増殖します。
内膜が子宮の中にあれば、それはやがて月経血となって体外に排出されますが、子宮の内側以外の場所で増殖すると、その組織は外に排出されることはありません。
そのため、月経血が次第に溜まっていき、周囲の臓器と癒着(ゆちゃく)を起こしていきます。
これが痛みなどの症状や不妊の原因となってしまうのです。

できやすい場所は、小腸や大腸、肝臓などの臓器を包む腹膜の内側、子宮と直腸のあいだのくぼみ(ダグラス窩)などで、 卵巣内で増殖したものを「チョコレート嚢胞」、子宮の壁である筋肉内(筋層内)で増殖したものを「子宮腺筋(せんきん)症」と呼んでいます。

チョコレート嚢胞とは?
チョコレート嚢胞とは、子宮内膜が卵巣に入り込んで増殖した病気です。
毎月の月経血が卵巣に溜まり、それがチョコレートのような状態になることから、こう呼ばれています。
ほかの内膜症と違って症状はほとんどありませんが、内膜が増殖して卵巣が大きくふくらむと、破裂したり、根元がねじれる茎捻転(けいねんてん)を起こしたりすることがあり、こうなると激しい痛みに襲われます。
最近になって、このチョコレート嚢胞は、癌化して卵巣癌になる可能性もあることが指摘されています。 万が一、婦人科検診などでチョコレート嚢腫が見つかった場合は、担当の医師とよく相談し、早いうちに何らかの対策をとることが重要です。

子宮内膜症は、月経困難症および不妊症の原因となり得ます。
また前述の卵巣チョコレート嚢胞では卵巣癌合併も報告されております。

子宮内膜症については、病気があっても病院にかかっていないケースもあるので、罹患率については正確な統計はありません。 ただ、月経のある女性の5~10%といわれており、エストロゲンの分泌量が多い20~30歳代では、さらに高くなっていると考えられています。
つまり子宮内膜症は増加傾向にあり、日本人の平均初産年齢と同じ30歳代前半にピークを示します。
このため疼痛のみならず不妊を主訴とする婦人が増えているが現状です。

病院での子宮内膜症の診断と主な検査

直腸診、膣直腸診

超音波断層法
卵巣のチョコレート嚢胞や癒着を診断する。

CT
超音波エコーと差はない。全体像を見やすい。

MRI
卵巣のチョコレート嚢胞はT1、T2強調画像双方で高光度を示す。

腫瘍マーカー
チョコレート嚢胞を持つ場合、CA125が上昇する。
しかし悪性腫瘍ほど上昇することはなく、高くても200に達することはほとんどない。
ただし卵巣チョコレート嚢腫の破裂や感染など炎症を伴うと高値を示すことがある。

CA125について
CA19-9は消化器系の腫瘍マーカーですが、CA125は卵巣がん、子宮がんに特異な反応を示す腫瘍マーカーです。
CA125は、胎児の身体を覆う上皮である卵巣上皮から発生する糖タンパクであるムチン性抗原に反応する試薬が使われるため、
婦人科系疾患、とくに卵巣がんの検査としてCA602と共に用いられています。

●腹腔鏡検査
確定診断に用いられます。

病院での主な治療について

子宮内膜症は基本的には良性の病気なので、寝込んだり、会社を休んだりしてしまうほど月経痛が重い、子どもがなかなかできないなどの理由で、 本人が希望するときに治療を受けることとなります。
具体的な治療法としては、薬を使う場合(薬物治療)と手術があります。

病院においては、内診と超音波検査の結果などをもとに診断します。
手術をする可能性があるときは、MRIで詳しく検査することもあります。

shikyu

子宮内膜症の治療目的は、不妊と疼痛の改善です。
不妊には手術療法と生殖医療。また疼痛には薬物療法と手術療法のコンビネーションが実施されます。

20歳代の未婚者には十分にホルモン治療を行い病態の進行を抑えることを目的とする。
40歳代以降が約3割を占めるため、血栓症のリスクからこの世代へのLEP投与(ピル)には十分な注意が必要であり、それ以外の治療を考慮することが多い。

① 手術療法

内膜が増殖した場所(病巣)を切除・焼灼(しょうしゃく・焼くこと)したり、凝固させたり、癒着をはがしたりする「保存手術」と、
子宮や卵巣を病巣ごと摘出する「根治手術」があり、病気の進行度や目的に応じて選択されます。 手術法としては従来の開腹手術と、腹腔鏡という内視鏡の一種を使って行う腹腔鏡下手術とがあります。最近では腹腔鏡下手術による病巣焼灼・摘除・癒着剥離が基本となりつつあります。
不妊と疼痛の改善に有効ですが、頻回のオペは、卵巣・卵管周囲癒着を助長する危険性があります。
また、チョコレート嚢胞摘出による卵巣予備能低下など、未婚または不妊患者にとってはマイナス要因となることも懸念されますので、 医師とよくよく相談の上、決定いたします。

② 薬物療法

内膜そのものに作用するホルモン剤、痛みなどの症状をとるために用いる鎮痛薬、漢方薬などがあります。
薬ごとに使用法(ホルモン剤では点鼻薬などもあり)や副作用などが異なるので、治療前にしっかり聞いておくことが大切です。

あくまで病変の退縮を目的とするもので、根絶はほぼ不可能とされる。
子宮内膜はホルモンの影響を受けることから、薬物療法もホルモン療法が基本とする。

未婚で若年の場合にはまず鎮痛薬や漢方薬を処方します。
効果がない場合には、ホルモン治療を実施。また排卵抑制のため、妊娠希望までの治療となります。 なお、既婚の場合には長期的治療を行うこともあります。

(鎮痛薬の使用)痛みに対して用いられる

病院でよく処方される鎮痛薬
●ポンタールカプセル(250mg)
●ロキソニン錠(60mg)
●ボルタレンSRカプセル(37.5mg)
●ボルタレン錠(25mg)

(漢方薬の使用)
骨盤内うっ血の緩和を目的とし、体質を改善させることで、痛みなどの症状を抑えていくものです。

病院でよく処方される漢方処方
●桂枝茯苓丸エキス顆粒・医療用(お血、うっ血を改善)
●芍薬甘草湯エキス顆粒・医療用(痛みの緩和)

(近年のホルモン療法)女性ホルモンや女性ホルモンに関わるホルモンを外から補充して、体の中のホルモンバランスを調節し、内膜の増殖を抑えます。

■LEP製剤(排卵抑制作用で子宮内膜増殖を抑制)
●ルナベル配合錠(LDまたはULD)
エストロゲン+プロゲステロン剤を投与する偽妊娠療法。いわゆるピルが用いられる。
但し保険適用を受けた製剤は一種類(ルナベル配合錠:販売-日本新薬)だけで、それ以外の製剤は自由診療(全額自己負担)となる。

■プロゲスチン製剤(排卵・卵胞発育・子宮内膜増殖・内膜症細胞増殖・等の抑制)
●ディナゲスト錠(1mg)
黄体ホルモン系の新しいタイプの子宮内膜症治療薬です。
黄体ホルモン(プロゲステロン)の受容体に選択的に作用し効果を発揮します。
偽閉経療法をおこなう従来からの薬と比べ、作用がおだやかで比較的副作用が少なく、長期使用(1年)においても有効性と安全性が示されています。

■レボノルゲストレル子宮内避妊システム(LNG-IUS)(レボノルゲストレル作用で子宮内膜肥厚を抑制する)
●ミレーナ(52mg) 1回1個 子宮腔内に装着 装着後5年を超えないうちに除去または交換
「薬物を子宮内に放出する」ために薬剤放出部を留置する器具としてIUDのT型フレームを使用。 経口避妊薬と同等の避妊効果と子宮内避妊用具の特長である長期間にわたる避妊が可能。

■GnRH アゴニスト(GnRHアナログ療法)
下垂体のGnRHに対する感受性を低下させ、ゴナドトロピンの産生、分泌を抑制することでエストロゲンの分泌を低下させる。
●リュープリン注(1.88・3.75mg)
●スプレキュアMP注(1.8mg)

当店における子宮内膜症への漢方対応

ごく簡単に記載すると、気滞(きたい)および瘀血(おけつ)を改善する漢方を推奨しています。
子宮内膜症は前述している通り、例え西洋医学をもってしても再発率は高く、もちろん漢方療法でも難治であると言えましょう。
漢方療法は子宮内膜症から随伴する周辺症状を緩和することから始まります。
患者QOLが少しでも改善すると、人体にはもって生まれた自然治癒力があり、この免疫力というものを漢方は後押ししてくれます。
とても根気を必要とする療法ですが、現在病院で実施している治療と平行して、自宅におけるセルフケア、つまり漢方療法を継続されている患者さんは多くいらっしゃいます。
女性として生理を有する限り、誰にでも起こり得る疾病ですので、自分の体(証)には何が有効なのか、じっくりと考えてみましょう。

個々の証により一概には言えませんが、気(き)、血(けつ)の滞りを是正する処方が中心となります。
例えば、気滞では逍遙散(しょうようさん)。瘀血(おけつ)では活血化瘀(かっけつかお)の桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)が繁用処方となります。
血の巡りがかなり停滞しているケースには、さらに丹参(たんじん)を主薬とした丹参製剤。当店ではウチダの生薬製剤二号方の併用をお勧めしています。
人体のホルモンの中枢とも言えるの機能が衰えている場合には、補腎剤を追加するなと、複数の漢方製剤で対応することが多いと思います。
また、最近では気滞瘀血を改善し、補血調経の処方として発売されているきゅう帰調血飲第一加減 (きゅうきちょうけついんだいいちかげん) も人気があります。

※以下の処方例はあくまでも参考です。個別の証により処方が決定されます。

気滞(きたい) 気の滞り:精神不安、不定愁訴の改善する

逍遙散(しょうようさん)

開店以来25年を経過いたしますが、当店の近年の傾向として、ご来店客様は加味逍遙散よりも逍遙散の証の方の方が多いように思えます。 当初から加味逍遙散ですと「使いにくい事例」も昨今は多くなってきたのは事実のようでもあり、よりマイルドな逍遙散の方が現代では適証のケースが多いと感じております。

女神散(にょしんさん)

女神散は、我が国、江戸時代の名医、浅田宗伯(あさだそうはく)先生が婦人の血の道症によく効くことから命名した漢方薬です。特に、血の道症、更年期障害などによる不快な症状を和らげる処方として著名です。

瘀血(おけつ) 活血化瘀(かっけつかお):血の巡りを改善する

丹参製剤(二号方)

ウチダ和漢薬の生薬製剤二号方。当店では最も引き合いのある丹参製剤です。ウチダの生薬製剤二号方は、漢方でいわれる「お血・血滞」を改善するものです。中年以降または血圧が高く、頭痛,頭重、肩こり、めまい、動悸などの症状のある方の血行を改善し、効果をもたらします。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

ウチダの桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴える次の諸症: 月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、血の道症(注)、肩こり、めまい、 頭重、打ち身(打撲症)、しもや

甲字湯(こうじとう)※胃腸の弱い方に

甲字湯(こうじとう)は、江戸時代後期の水戸藩侍医の原南陽が創った「お血(けつ)を理(り)する」(滞った血流を改善する)処方です。桂枝茯苓丸に、胃の働きを整えるとされる甘草(かんぞう)と生姜(しょうきょう)を加えた漢方薬です。お血による諸症状

気滞瘀血を改善し、補血調経の処方(人気あり!)

きゅう帰調血飲第一加減 (きゅうきちょうけついんだいいちかげん)

月経異常、子宮筋腫、子宮内膜症、更年期障害、血の道症など婦人科疾患にも広く応用される。また、頭痛、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴え、血の巡りが悪く冷えているタイプに広く用いられる。

痛みを緩和させる。(頓用として)

※あくまでも一時的な使用に留めます。瘀血(おけつ)改善の漢方が効いてくると、自然に痛みも緩解してきます。

芍薬甘草湯

体力に関わらず使用でき,筋肉の急激なけいれんを伴う痛みのあるものの次の諸症:こむらがえり,筋肉のけいれん,腹痛,腰痛 ...
スポンサーリンク

sajiclub2016
【ご注文方法】ご注文は、小太郎漢方匙倶楽部の商品のため、メーカー意向により、当店の薬剤師又は登録販売者への直接のお電話注文となります。 カートに載せての販売はしておりません。ご希望のお客様はお電話をお待ちしております。「薬のプロたん」0428-25-8682(東京都・青梅市)

スポンサーリンク


当店の全国都道府県別の送料を一覧表としております。(2017年10月~)
参考サイト
お薬と言ってもセルフケアを目的とした市販の漢方薬です。ばあばは虚弱なもので、あまり強い薬は飲めません。そこで漢方なのですが、漢方の中でも特にマイルドな、かつ自身の体にフィットする方剤を専門家である薬剤師さんにお願いをしています。
【プロたんサイト構築について】(会社設立)「保険調剤(処方せん応需の保険指定)」と「漢方薬のご相談」。この業界では「二つの要素」は決して両立は無理との指摘のあった保険薬局の運営。これら「大きなテーマ」に挑戦すべく「プロたん薬局(プロドラッグ
スポンサーリンク