抑肝散(よくかんさん)、抑肝散加陳皮半夏は、小児神経症から成人の自律神経失調、更年期神経症、うつ傾向、パニック障害など応用は実に広範囲だ。

   

4
抑肝散(よくかんさん)、抑肝散加陳皮半夏は、小児神経症から成人の自律神経失調、更年期神経症、うつ傾向、パニック障害など応用は実に広範囲だ。

いつもアクセスを賜り感謝申し上げます。

神経症、不眠傾向を改善する漢方。・・とくると、その処方はいろいろありますが、抑肝散、抑肝散加陳皮半夏の二処方は随分と皆様に周知されたなぁ~とつくづく感じます。

当然のことですが、場末の当店が広めたわけではなく、メディア情報(テレビ放映や新聞、健康雑誌・・そしてインターネットからの情報でしょうか)のパワーというか、情報の拡散力には驚かされます。

それともう一つの拡散パワーは、全国の医療機関での医療用漢方製剤「抑肝散、抑肝散加陳皮半夏」の使用例が爆発的に増加したという要因もあるのでしょう。
最近、気になったことは・・某ご婦人の健康雑誌の中に、今メジャーな漢方ということで、「抑肝散、抑肝散加陳皮半夏」とのご紹介コーナーがありました。(当店のスタッフに見せて頂き、あらためて驚きました。)

漢方処方は何百とあり、さらに組み合わせれば膨大になります。漢方処方はあくまでも適材適所というもので、その方の体質つまり証に適合した処方が存在するわけです。つまり画一的な処方で万人に効果を及ぼすメジャーな漢方は存在しないはずなのですが・・・どうも情報だけが一人歩きしちゃっている傾向も無きにしも有らず。。
必ずしも高齢化社会だからと短絡的に考えず、あくまでも当処方が適証であるか?でアプローチする形で良いのかと。。

これ以上書くと反発もあるでしょうから・・ほどほどにして、話を進めます。

(特集サイト)毎晩、約3,000人~4,000人のアクセスあるサイト。

だから何よ?と言われるかもしれませんが・・当初は1日のアクセスが300も無かったものでして。。。現在では4,000人前後と落ち着いていますが、過去テレビ放映の後は・・なんと9000人~1万人以上の瞬間アクセスがあり、サーバーダウンを誘起したサイトです。

当然のことですが、プロたんサイトは全滅で、情けないことに丸2日間アクセスはゼロ。(もちろん売上げもゼロ) データーベースも不具合(クラッシュ)を生じ、仕方なく全サイトを新たに大型サーバーへ全移転し、誕生したのが現在の「プロたん漢方2」という新サイトというわけです。

抑肝散(よくかんさん)と抑肝散加陳皮半夏の世界

こちらのサイトです。現在では移転してからは、エラーはほとんど無いようです。どうぞご安心ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【人気ある抑肝散(よくかんさん)と抑肝散加陳皮半夏】

以前からこの二つの処方はよくお問合せを頂く方剤ですが、 ここ2、3年の間、前述のようにメディアでもご紹介されることが多く、 お客様からのお問合せも頻繁となりました。

しかし、一般薬で抑肝散(よくかんさん)の処方を取り扱っている メーカーが極めて少なく、特に当店の一元製薬の 錠剤 抑肝散に集中してのご注文と申しても過言ではないようです。

yoku

■ 一元錠剤 抑肝散350錠(1回5錠・1日3回で約23日分)
税込4320円→ 特価!税込 3,888円

「一元 抑肝散」は、虚弱な体質で神経のたかぶるものの症状の漢方薬です。【応用】神経症,ぼけ,不安神経症,不眠一元錠剤 抑肝散の概要使用上の注意1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること。(1...

また、この抑肝散(よくかんさん)をさらに広範囲、 かつ、穏やかに効く抑肝散加陳皮半夏の製剤は、 エキス細粒剤と錠剤を取り扱っています。

20081252654

■ 剤盛堂ホノミ ヨクゲン錠360錠(抑肝散加陳皮半夏)
(1回6錠1日3回で20日分)税込7,020円

現代社会において、我々を取り巻く環境の中でストレスの無い世界は皆無と言える。勤務先で、家庭で、学校で、又は事故、怪我、トラブル、災害・・と、あらゆるシーンにおいて我々の歩みの中でもアクシデントに遭遇する。それに伴い、各種精神・神経障害は誰に

※なお、ヨクゲン錠は粉の製剤になると 抑肝眩悸散(よっかんげんきさん)という商品名で販売しています併せてご検討さい。

スポンサーリンク

抑肝散と抑肝散加陳皮半夏の歴史と利用範囲の拡大

11

※これら抑肝散(よくかんさん)と抑肝散加陳皮半夏の 二つの漢方処方は、元は小児の神経症状(夜泣き)や 神経過敏に用いられてきた経緯があります。

※しかし近年に至り、大人の主にストレスに原因する神経過敏や不眠傾向にも使用されるようになりました。

※つまり成人用に転用すると、成人の自律神経失調症、更年期神経症、 いらいら感、不眠症、うつ傾向、歯軋り、パニック障害等と 範囲が非常に広く用いることができます。

※また、テレビ放映ではご婦人の更年期・不定愁訴(なんとなく不調)ご老人たちの認知症の周辺症状の改善など、実際に使用している医療機関の医師を取材し、放映されました。

※従って、ユーザー年齢も、お子様やご老人だけではなく、 お若い方々から働き盛りの中年の男女に至るまで、多くの支持を 得ています。

※これを自身の各種疾病対応として体質改善的に用いるとしたら、 最短でもまずは3ヶ月投薬を推奨しており、効率的に濃厚製剤で かつ早めに体内に吸収されるエキス細粒剤も推奨しております。

※但し粉が苦手なお子様はやはり錠剤が良いでしょう。

【抑肝散加陳皮半夏エキス細粒は、どこのメーカーがおススメか?】

※このエキス細粒剤は、ウチダ和漢薬、小太郎漢方、松浦で 抑肝散加陳皮半夏の分包品を発売しています。
特に一番人気は、ウチダのNP細粒シリーズの94番。
NO.94抑肝散加陳皮半夏300包の仕上がり良く、 特価!ですのでリーズナブルですね。

np300

ウチダNO.94抑肝散加陳皮半夏300包(100日分)
税込27000円→ 特価!税込24,300円

【ウチダNO.94抑肝散加陳皮半夏エキス散300包】処方名は「よくかんさんかちんぴはんげ」ということで長い名称です。巷ではよく引き合いになるのが、抑肝散(よくかんさん)です。 しかし・・当店においては体力が衰えている場合(虚証)の神経症状に

※とんでもない!・・・100日はまだいらない。とりあえず、30日分だけ欲しい。

少々価格的には割高になっても良い製剤が欲しい・・。
このように素材にもこだわる秀逸な製剤をご希望されるならば、 小太郎漢方の抑肝散加陳皮半夏エキス細粒Gでしょう。

kota1

小太郎 抑肝散加陳皮半夏エキス細粒G90包
税込10,260円